今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「ザ・ウオーカー」と菅首相の消費税発言 | トップページ | ショパン「別れの曲」と円高、株安 »

2010年7月27日 (火)

歌舞伎「助六」と中国人民元預金

「助六由縁江戸桜」は勧進帳と並ぶ人気演目。4月には歌舞伎座の建て替え休館前の御名残公演で市川団十郎が主役の助六を演じ、5月には新橋演舞場で子の海老蔵が。やはり、若さは強い。海老蔵には華やかなオーラを感じる。       

 お芝居の筋は単純。奪われた名刀を探すため、助六は吉原に来る侍に次から次へとケンカを吹っかけ抜いた刀を調べる。これを助ける花魁揚巻の胸のすくような悪態、立ち回り、そして捕り方に囲まれた助六をかばう揚巻のタンカ。見せ場が多い。

 

 助六の名刀探しのように、資産運用者は今、混迷に陥っている。それはそうだろう。自他共に認める世界の専門家が、自分の得意の分野で「ダメだ」と言い始めたのだから。

 

 まず債券。世界最大の債券投資信託ピムコのビル・グロス氏がつい先日「今後、米国の国債、政府関連債、先進国の債券は売り(組み入れ比率引き下げ)」と言いだした。

 

 続いて株式。強気派で通り、今回の戻り相場をピタリと予言したバートン・ビッグス氏が得意のハイテク株を大部分処分してしまったとか。

 

 株も債券もだめなら日本人の好きな預金。ところが利率が悲しいほど低い。普通預金が年0.04%。1年物定期預金が年0.06%。仕方がないから外国もの、と考えていたところに中国が人民元の為替弾力化を打ち出した。

 

 人民元は40%割安
      
        中国銀行は在日支店で人民元建て預金を扱う。普通預金で0.3%、1年物定期預金が0.45%。また英HSBCは日本居住者でも人民元建て預金ができる サービスを開始した。普通預金0.36%、1年物定期が2.25%。1000万円以上の預け入れが条件だが、ぐんと割がいい。

 

 利率もさることながら、為替差益が期待できるのが人民元預金のメリット。大きく利を得るにはやはり長期で。だから余裕資金で。なにしろ人民元はIMF(国際通貨基金)の購買力平価での推計では40%も割安。すぐにその分が上昇するわけではないが、長期の利幅は大きい。

 

 私が中国についてお勧めするとゲンがいい。2004年4月に『中国株で資産5倍』という本を書き、ペ トロチャイナ、チャイナライフなど7銘柄をお勧めした。私のファンである上場会社の経営者たちも私と同時に購入。4年で5倍の目標を達成した。どうしま しょう、と言うから、(1)全部利食い、(2)半分売ってコストをタダにして、あとは長期保有--の2案を述べた。その後、リーマン・ショックを乗り切っ た。

 

 それにしても、である。人民元を為替先物取引(FX)で買いたい投資家は文字通りヤマのようにいるはずなのに、取り扱うFX会社を聞かない。教えてほしい。

 

 助六を間夫(本命の男)とする揚巻が、名刀を持つ髭の意休に悪態をつく。「並べてみるときは、こちらは立派な男振り。こちらは意地の悪そうな顔つき。たとえて言えば雪と墨」。中国投資の方針をはっきり明確にしたらどうか。

« 映画「ザ・ウオーカー」と菅首相の消費税発言 | トップページ | ショパン「別れの曲」と円高、株安 »