今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「瞳の奥の秘密」と円高防止策 | トップページ | 映画「キャタピラー」と株安のメドと政策 »

2010年8月31日 (火)

映画「ベスト・キッド」と世界経済同時減速

「ベスト・キッド」は1984年に大ヒットし、シリーズ第4作まで作られた作品のリメーク。オリジナルを上回る出来だ。       

 今回の主役ドレはウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス、教師役ハンがジャッキー・チェン。ドレは 父を亡くし、母の勤め先の関係で北京に引っ越してきた。新しい環境でいじめっ子たちの嫌がらせはやまない。ある日、6人に囲まれ窮地に立ったとき、アパー トの管理人ハンがカンフーであっという間に叩き伏せる。強くなりたい主人公は、ハンの指導の下に才能が開花してゆく。

 

 映画の舞台の北京だが、このところ「おかしい」という情報を耳にする。北京に行った知り合いは米系高 級ホテルがビルごと閉鎖され、通りの反対側の巨大ホテルもつぶれているのを発見。王府井という中心街だ。北京五輪を当て込んだホテル乱立のつけ回しだろ う。このほか313メートルの高層ビルが半分近く埋まっていないとか、外国人の借りるマンションの家賃が30%以上下がったとか。

 

 8月9日付『ウォールストリート・ジャーナル』中文版によると「北京を中心に中国の不動産の4分の1が空室で、6450万室に上る」。ただ、主に北京の不動産不況にとどまると見ていいようだ。

◇中国の不動産バブルの行方         

 従前から、中国の不動産バブルは北京や広州などで激しいが、中国全体では不動産投資の利回りは長期国 債を3.7%上回って健全とされてきた。年間所得と都市部住宅価格の比率は2009年で8倍。不動産価格の伸びは大きいが、賃金上昇率を考えると、住宅 ローンの負担は実質収入の6分の1だ。

 

 それでも政府は、2軒目以上の住宅購入に対する頭金引き上げなど住宅投資を規制し、銀行の貸し出し姿勢を厳格化させた。預金準備率引き上げを中心にバブルの計画的調整だ。

 

 中国政府の考えはこうだろう。重要な輸出市場である欧米が今後低迷する可能性は高く、不動産バブル潰 しで自国の経済成長まで犠牲にすることはバカバカしい。そこはほどほど。財政出動、特に内陸部の投資拡大で総需要の落ち込みを防ぐ--という作戦だ。11 年は多少スローダウンしても高水準の成長率だろう。

 

 現状では、日本の輸出メーカーに聞くと中国経済は春先までの勢いがないようだ。日本の鉱工業生産も輸出も伸びが止まっている。世界経済同時減速を反映しているのだろう。その先を懸念するのが多数派意見だが、案外悪くならないと私は考える。あの国の指導部はアタマがいい。

 

 私は2012年が世界的な首脳選挙の年であることに注目している。米国、ロシア、フランス、韓国で大統領選があり、台湾は総統選、そして中国は第18回全人代(全国人民代表大会)で胡=温体制から変わる。デフレと不況の不安に対し、必死にどの国も努力するのではないか。

 

 映画のセリフから。ハンがいう。「絶望から立ち直るのは結局、自分次第だ」。最後はやはり政治が握っているのでは。

« 映画「瞳の奥の秘密」と円高防止策 | トップページ | 映画「キャタピラー」と株安のメドと政策 »