今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 映画「終着駅 トルストイ最後の旅」と連載最終回ごあいさつ | トップページ | 世界経済は「インフレ」に向かう(選択 2010年10月号) »

2010年9月30日 (木)

映画「13人の刺客」と尖閣問題と円レート 第508回

 久しぶりに本格的なアクション時代劇を見た。1963年の工藤栄一作品のリメークだが、三池崇史監督はスケールアップして現代風ギャグを入れ、前作よりもぐっと魅力的な作品に仕上げた。

 江戸時代末期、横暴の限りを尽くす明石藩の藩主は将軍の弟で誰も手をつけられず、しかも将軍は近く老中にすることを内定。前途を憂いて幕府首脳は御目付役島田新左衛門(役所広司)に暗殺部隊の編成を指示。13人の精鋭が集まる。

 これに対し、悪逆無道な主君でも武士として命がけで守ろうとする200人とが、ガチンコでぶつかり合う。守る明石藩の武士も悪者ではないところが、この映画のポイントだ。役者もうまく、主役のほかに目立ったのは内野聖陽、平幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、伊勢谷友介、松方弘樹すべていい。一見をおすすめする。

 日本がダメな首相をトップにしていることが、世界中に明らかになってしまった。私は日本人であることが恥ずかしい。明石藩武士と違って、私は生命までささげる気にならないが、当分外国人と会う気になれない。

 領土問題は現在世界で171箇所もあり、米国とカナダの間でも6箇所。全てが軍事的あるいは国交上の深刻な対立になっているわけではない。大切なのはその地域あるいは海域を実効支配しているかどうかだ。日本の場合だと尖閣諸島は日本、竹島は韓国、北方領土はロシアである。

 スフィンクス・リサーチの藻谷俊介さんによると「実効支配者側は領土問題は存在しないという立場。非実効支配者は世界の注目を集めるため領土問題を表沙汰にしたがる」。したがって日本がとるべき道は、世界の実効支配国がしているように「静謐に」物事を処理すべきであった。最初に逮捕したのが間違っており、臨検だけ済ませて、何度でも黙って押し返せばいい。軍艦は直せばいい。ところが問題の船長を拘留し、中国の強腰にすぐに帰国させてしまった。日本人ならみんな、中途半端な政府の態度にあきれ、落胆しているはずだ。

 菅外交のもうひとつの間違いは米国に安全保障の言質をとりたがったこと。無人の係争地でのトラブルに、米国が軍人の血を流すはずがない。それなのにまた米国に借りを作った。なんというおろかな政権をわれわれは持ってしまったのだろう。報道を見ていると主犯は官房長官らしいが。琉球地検への責任転嫁なんて全く男らしくない。

 ダメボスでも就任直後に断行した円売りドル買い介入は評価されていい。しかも日銀が「非不胎化介入」という市中にカネが余るような手法を用いているのは大変にいいことだ。デフレ対策として有効だし、円安につながる。

 しかし問題点はふたつある。これは日本が通貨安競争への参入を宣言したことになる。近隣窮乏化政策を主要国すべてが始めたわけで、長期的には保護主義。世界経済の縮小均衡につながりかねない。内需の振興をもっとピッチを上げなくては。

 もうひとつ。たしかに円安は韓国や中国など通貨安で競争力を高めている国が、日本品を押さえてシェアを上げてるのに多少、効果はある。しかし、基本的には円はここ10年のデフレのために、世の中で言われている妥当レートよりももっと強い。1995年4月の対ドル80円は、今なら56円だ。そこまでゆくと思わないが、いま行っている円売り介入は正直言ってリスクが大きい。このことはよーくワカッていないといけない。粘り強く。

 映画のセリフから。暴君に対し島田新左衛門が言う。「まつりごととは、下が支えて初めで上であることが、まだお分かりになりませぬか。」「まつりごとはまつりごとを行うもののみ都合よく、万民はその下僕として生きるしかない。」「たとえ仕組みはそうであろうと、下僕が下僕として刃向うことがある。殿、お覚悟召されい。」あまりにもひどい対中国政策は国民のの負担だ。

 

« 映画「終着駅 トルストイ最後の旅」と連載最終回ごあいさつ | トップページ | 世界経済は「インフレ」に向かう(選択 2010年10月号) »