今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 夢のある日本の新製品・新技術〈先見経済2011年2月15日号) | トップページ | 映画「パトリオット・ゲーム」とアイルランドとユーロ危機(第542回) »

2011年2月24日 (木)

映画「ナイル殺人事件」と中近東の政変と株、金(第541回)

 アガサ・クリスティ原作の紀行ミステリーの映画化。1978年、米、英、仏のスターがズラリと顔をそろえ、雄大なエジプトの風景と古代遺跡、ニーノ・ロータの音楽も加わってこの種の映画の最高峰だろう。ジョン・ギラーミン監督。

 ナイル川を下る豪華客船内で、ハネムーン最中の美貌の富豪令嬢リネットが殺される。リネットに婚約者を奪われた女友達ジャッキーを始め、乗客全員が被害者に何らかの遺恨を抱いている。

 たまたま船が乗り合わせた名探偵エルキュール・ポワロが早速捜査に入るが、事件は第二、第三の殺人を生み、意外や意外の展開に。

 中近東ではチュニジアに始まり次にエジプト、リビアと拡大、一時的と思うが原油価格はバーレル100ドルを突破する騒ぎになった。名探偵ポワロでも先が読めない状況に違いない。

 ただ、中近東最大の国家エジプトの情勢分析を知ると「軍主導の民主化」プロセスが慎重に進められたことがわかる。

 1月25日に始まった反政府デモから18日目の2月11日に、ムバラク辞任と軍最高評議会に大統領権限が移されたことをスレイマン副大統領が発表。直ちに6ヶ月以内の民主的な大統領選挙と議会選挙が実施される。

 この間、米国オバマ政権は親米独裁政権を取るか民主化要求の反政府デモを支持するかの難題に苦しんだだろうが、米国と安定的な関係を持つエジプト軍部への隠れた支援に努めた。これでイスラム原理主義の台頭もイラン革命の再現も食い止めることに成功した。

 恐らく次期大統領はアムル・ムーサ・アラブ連盟事務局長だろう。3月に任期が満了するし。

 74歳のムーサ氏は外交畑で1991年から2000年までムバラク政権の外相を務めた。反政府に受けがいいし、軍部も支持しよう。

 本当は原油高はおかしい。肝心要のスエズ運河の船舶船行にはほとんど影響がない。イランがエジプトの体制を試そうと30年ぶりに自国軍艦のスエズ航行を申請、認められているが。

 エジプトの段階では大きな原油高はなかったのに、リビアでは反政府運動の激化が内戦状態になるにつれ、原油の供給不安が言われだしている。

 これは東部のズワイヤ部族が欧米諸国に対し「カダフィーを支持するなら原油の輸出を止める」と言い出したためだ。一過性だろう。

 カダフィーには勝ち目がないだろう。人権団体フリーダム・ハウスによると、世界の政治的・市民的自由の採点で最悪の国は北朝鮮、ミャンマー、そしてリビアだ。

 リビアは豊かな国だ。一人当たりGDPはエジプトの8倍で教育は大学まで無料。医療も住居もタダ。それでも反体制デモが起きた。それは「自由」を求めてに違いない。だから閣内からはデモ隊対策の要てある公安相が辞任し、デモ隊に合流するよう呼びかける始末だ。

 あと、昔山一證券の支店があったバハレーンのマナマでも大規模デモが。あんな静かなところでー。

 こうなると、誰でも「次はサウジ?」と考える。そうなれば、現在中東で起こっていることは「第二のベルリンの壁崩壊」かもしれない。

 どうしてもリスク回避になり、NY株は大幅安、米国債金利安(債券価格上昇)。プラチナ、パラジウム、銀も下げがきつい。

 逆に金は先物買いの残高は急増中で、再びオンス1400ドルを抜いてきた。やはり金融引き締めが行われても、多くの国の人々がインフレを抑えきれない、と読んでいるのだろう。

 映画のセリフから。ポワロがルクソールの神殿で言う。「カネがありすぎると、凶器になります。昔のエジプトの大臣は死刑を宣告され銀で押しつぶされました。これ、事実ですよ。」中東のオイル・マネーが今後どう動いてゆくのか、権力がどんな勢力が握るのか。

« 夢のある日本の新製品・新技術〈先見経済2011年2月15日号) | トップページ | 映画「パトリオット・ゲーム」とアイルランドとユーロ危機(第542回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢のある日本の新製品・新技術〈先見経済2011年2月15日号) | トップページ | 映画「パトリオット・ゲーム」とアイルランドとユーロ危機(第542回) »