今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 脱・中国の動き | トップページ | 映画「黄金」と新高値の金価格の今後(第549回) »

2011年4月 4日 (月)

「ドライビング MISSデイジー」と原発ルネサンス」〈第548回)

 「ドライビング MISSデイジー」は1989年の映画で同年のアカデミー作品賞など4部門で受賞した秀作。主演のジェシカ・タンディは最優秀女優賞を獲得した。共演モーガン・フリーマン。

 この原作になった戯曲は日本で上演。2005年、奈良岡朋子、仲代達矢が主演。二人とも見事な演技だった。

 今回ニューヨークで私は何とジェームス・アール・ジョーンズとバネッサ・レッドグレイブの共演での希少チケットが手に入り、見ることが出来た。映画や日本の舞台版と違う演出だったが、芸達者な二人がコメディを感動的に盛り上げた。

 1948年のアトランタ、72歳の元教師のユダヤ系老婦人デイジーが、買い物のためキャでラックにのるが運転を誤り隣の垣根に。見かねた富豪の息子が運転手を雇うようすすめるが聞く耳を持たない。

 初老の黒人運転手ホークが雇われる。初めは意固地に拒絶していたデイジーだが、ついにホークの車に乗る。デイジーが成金と周囲に思われまいと危惧していたからだが、ホークのまじめな仕事不利と正直な人柄に感銘し、次第に信用する。

 まだ人種的偏見の残る南部。ルーサー牧師の話とかKkk団のテロとか、話のワキに絡む。次第に二人が仲良くなっていくのが楽しい。今回の原発騒動も、ゆっくりだが、明るい方向に向かっていると思う。米国の支援もあるし。

 ニューヨークでもとくにワシントンでも、訪問中そこかしこで福島第一原発をテーマにしたセミナーや公聴会が開かれていた。

 みどりの党の反原発でドイツのマスコミはひどい誇張でアオっていた。しかし米国のマスコミは、ちょうど震災直後の情報不足から最悪の事態を恐れていた段階から、過度の悲観論を後退させた。現在では対日支援と原発推進に変わっていた。

 たとえばチュー・エネルギー省長官の「2012年度予算で新規の原発建設のための融資保障ワクの拡大を要請する」としている。もっと菅政権が世界に情報を発信していたなら、あの80キロの逃避勧告もなかったに違いない。

 事情通に聞くと、一時大阪などに逃避していた各国大使館も帰京し始めた。またフランスのサルコジ大統領とアレバ首脳が来日したのは、来るサミットで今後とも原発の推進の方針の組織を再確認することにある。

 そのためには、福島第一を廃炉にしないで再建するという。現在では途方もない非現実的な、と思われる案も考えられている、とか。勿論そのためにはさまざまな不安をまず除去しなくてはなるまいが。

 世界原子力協会(WNA)のジョン・リッチ理事長は米CNNのテレビ番組で「福島原発事故は、津波発生後の冷却系の不全問題だ。直前の原子炉緊急停止まで正常に作動していた。これらは新型の原子炉では問題は解決済みである」。つまり冷却系等の再検討の必要性を認めるものの、原発は安全だという立場にある。

 サルコジ大統領は「どんなに再生可能エネルギーを活用しても、現状では原子力のかわりにならない」と述べた。直前の停止まで原子炉は正常に作動していた。これらは新型の原子炉では問題は解決済みである」。冷却系等の再検討の必要性は認めるものの、原発は安全だという立場にある。

 たしかに、日本の再生と技術の高さを世界に示すには、時間はかかっても「フクシマダイイチ」の再生は名案。「不屈の日本」を示せるだろう。

 この流れから、一時額面の500円を割れた東京電力株は買いだし、半値になった仏アレバ、日立、東芝の株は買いだろう。

映画のセリフから。ホークを雇うときに息子が言う。「オフクロは頑固で手ごわいよ。」ホークはその後に言う。「たった6日で折れたんですよ。たいしたもんでしょう?神様が世界をおつくりになった日数です。」いまは途方もなく先に見える将来だが、案外近いかも。

« 脱・中国の動き | トップページ | 映画「黄金」と新高値の金価格の今後(第549回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱・中国の動き | トップページ | 映画「黄金」と新高値の金価格の今後(第549回) »