今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「キラー・インサイド・ミー」と米国の株急落不安〈第552回) | トップページ | 秋口に米国でトリプル安再来か(「選択」2011年5月号) »

2011年4月28日 (木)

映画「ダイ・ハード」とQEⅡと金価格・株〈第552回)

 ご存知の大ヒットシリーズの第1作。これでブルース・ウィリスは大スターになった。

 NYの警官ジョン・マクレーンはロスで働いている妻の職場にクリスマス休暇でやってくるが、そのビルが最新兵器で武装したテロリスト集団に占拠される。

 たった一人で、しかも助けてくれるはずのロス警察からまるっきり信用されず。それでもジョンはテロ集団に戦いを挑む。ダイ・ハードとはガンコものの意だが、いかにもピタリのブルース・ウィリスが大活躍する。

 大いに注目されていたFOMCとFRB議長バーナンキ氏の記者会見が昨夜にあった。私は深夜目をこすりながらパソコンでFRBウエブサイトを見ていたが、内容としては充実したものだった。サプライズはなかった。

 まずQEⅡを6月末で終えることが明確に述べられたが、一番大切だった「FRBのバランスシート規模が維持される」ことも明らかになった。

 「コアCPⅠインフレ率や期待インフレ率上昇が確認されなければ、雇用が十分に回復されない現状ではバランスシート縮小はない」という表現。

 これで「早期の金融引き締め(正常化)」という一部のタカ派理事の主張を取り込みながら何となく市場へは、恐らく年末ごろにはFF金利を0・0%~0・25%からの引き上げがあるのかな、という印象を与えた。

 実は、バーナンキ氏は映画のジョン・マクレーン警部と同じで、ただひとりで米国の景気を支える役割を演じている。

 というのは米国でも景気てこ入れのため政府支出は急激に拡大、財政赤字は記録的規模に膨らんでいる。

 米国では、政府債務の上限が14兆3000億ドルにきめられているが、米財務省によるとこの上限に5月16日に到達する。当然上限引き上げを法的改正で決めなくてはならないが、共和党は反対で、おおモメは必至だ。

 恐らくオバマ政権は今後の財政支出を大幅に削減して妥協するのだろう。財政の協力なしで金融政策が一人で米国景気浮揚という大仕事に立ち向かわなくてはならない。まるでマクレーンだ。

 目先はドルは堅調に転じたが、やはりこの金融緩和でドル安の流れは変わるまい。当然金価格は高値更新になる。まNYダウ30種のうち20銘柄はドル安で海外資産が高い評価となり、収益は上がる。株高だ。

 まあ、そうはいっても米国経済の根っこは住宅不況。まだ主要20都市の価格指数は低下中で、あと15~20%は下落、と専門家は言っている。ブッシュ減税と株高による資産効果で「まあクルマでも買うか」というカラ景気だ。

 色んな矛盾が暮れか、その前の秋か、どこかで暴発して「第二のブラックマンデー」が起きるというのが私の見立てだが、さて、どうなるか。

 映画のセリフから。テロリストの首脳が部下を次々にやられるのでカンシャク玉を破裂させて怒鳴りまくる。そこで奥さんがひそかに同僚に言う。「あんなに人を怒らせることが出来るのは、ジョンだけよ。」と。ビルを占拠したテロリストが権力を握っているように、バーナンキの次の発言が、世界の市場を左右するものとして、注目されよう。

« 映画「キラー・インサイド・ミー」と米国の株急落不安〈第552回) | トップページ | 秋口に米国でトリプル安再来か(「選択」2011年5月号) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「キラー・インサイド・ミー」と米国の株急落不安〈第552回) | トップページ | 秋口に米国でトリプル安再来か(「選択」2011年5月号) »