今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

アドセンス

  • 広告

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月27日 (月)

映画「SUPER8/スーパーエイト」トアジア進出〈第564回)

 製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督J・J・エイブラムスのアドベンチャー―映画。

 UFO,ETとの交流、子供たちだけの冒険、淡い恋心。要するにかつてのスピルバーグ映画のエッセンスに最新のVFXを詰め込んだ、なんとも懐かしい楽しい作品だ。

 70年代のオハイオ州、映画好きの14歳の少年ジョーは母親を亡くしたばかりだが、親友や気になる美少女と自主映画作りで立ち直りかけている。

 ところがある晩、撮影最中に目の前で貨物列車が大事故。以降街には軍が駐留し、怪現象が起こり始めるー

 ここ何年も私は意図して欧米よりも多くアジアを視察旅行して来た。その都度感じるのは、かつての日本の持っていたエネルギーに満ちた熱気だ。

 昭和30年代に東北から、就職のために上京してくる中学生の群れ。みんなでTV(白黒だが)、冷蔵庫、洗濯機(自動車なんて夢だった)を欲しがったあの時代。

 当時の日本人があこがれていたのはアメリカ。早くあんな生活がしたいと誰もが思っていた。

 いま、日本が今度は新興国の目標になった。かつての日本人のように「追い付き、追い越せ」のヴァイタリティを多くのアジアの若者に感じるのが現在だ。

 少し古い統計だが、日本人の一人当たりGDP(2007年)までの流れにたとえると、いまの中国は昭和40年、インドは昭和28年に当たる。韓国は昭和50年。最近はもっと差は縮まっているだろうが。

 やはり日本は人口が減少し老齢化している。

 一方、アジアは現在の安価な労働力がある。これを活用するための海外進出が数年前まで主流だったが、アジアあの旺盛な需要にこたえるための対応は変わった。

 平成21年度の内閣府の企業行動調査によると77%が現地の需要対応で、安い労働コストを理由とする比率45%を上回っている。

 日本企業のマーケット志向は、アジアなどの新興国で「ボリュームゾーン」と呼ばれる世帯当たり可処分所得が5000ドルから3万5000ドルの層の急拡大のためだ。

 通商白書によると「2020年にはアジアのボリュームゾーンは20億人」。アジア全体の消費市場は米国を越える16兆億ドルにまで拡大すると見込まれている。新興国側も規制緩和や制度改革が進み垣根が低くなっている。

 私は、当初大企業だけが新興国へ進出していたのが、次第に中小企業に拡がってきたことに注目している。

 中小企業白書によると、海外に拠点を持つ中小企業の比率は2000年の8・7%から2007年には12・1%に。うち製造業では11・7%から17・1%に上昇した。とくに海外に進出した中小企業では労働生産性が向上し、国内の従業員数も増えている。成長力を増しているのは力強い限りである。海外拠点の売り上げ比率も急上昇(50%以上が17%)。

 もちろん製造業だけではない。日本の伝統の丁寧な接客やキチンとしたサービスの技能が受け入れられる基盤が出来てきた。

 ジェトロの調べでは、海外で活躍が期待できるサービスとして①宅配便②セキュリティサービス③美容サービス④恒久旅館、がある。私もそう考える。

 東北大震災による風評被害で日本を訪れる観光客が急減し、「日本ブランド」の信頼性、安全性も低下している。しかし、相手側のニーズがあり、日本側の意欲があれば、流れは止まるものではない。

 アジアで成功している企業というとスズキ、資生堂、味の素、フアーストリテイリング。それに非上場だが、サントリー。ただし、投資はあくまで長期。目先は私は弱気だ。

 映画のセリフから。ジョーの父親が言う。「おまえはもう小さいころと違うんだぞ。」日本の昔のころを思い出さなくちゃ。

2011年6月22日 (水)

映画「127時間」と日本の海底資源大国の夢(第563回)

映画「127時間」は「スラムドック弗ミリオネア」で1昨年のアカデミー賞を獲得したダニー・ボイル監督の最新作。しかも同監督が自ら企画書を書いて発案者となって作った傑作である。

 アウトドア好きな若者アーロンは一人で岩登りをしている途中で落石事故に巻き込まれる。身体は無事だったが、右手が岩と岩の間に挟まれ身動きがとれなくなる。

登場人物はフランコ一人。しかも行き先を他人に告げることはしないまま来てしまっているから救助は来ない。映画は主人公が一歩も動けないで、しかも結末は予想できる。

 この難しい制約が多い映画を、見事にボイル監督はこなして感動作にした。襲ってくる渇きと空腹、痛みと絶望、死の恐怖の中で、アーロンは自分の人生が一人で生きてきたのではなく、実に多くの人々とかかわってきたことを改めて知る。そして最後、失ったものはあっても充実した人生で得るものの方が多くなったアーロン。

 不幸はあっても、それだけで止まっては意味がない。前進して、つらい体験の本当の意味をあじわったことになる。

 この20年間、バブルが飛んだ後の日本はデフレと沈滞した経済に悩まされて続けてきた。老齢化と少子化がこれに輪をかけた。そして決めうちは今回の大震災と政治の混乱。いったい日本はこれからどうなってしまうのだろう。誰でも不安だ。不安のない日本人は、恐らく政権欲で自分のことだけ考えて生きているあの政治家だけだろう。

それでも私は、ここ当分の混乱は認めるものの、2010年代の終わりごろから「新しい日本」の夢が生まれると期待している。それは2012年度の採掘実験が始まる「メタンハイドレート」だ。

 これは海底の低温と高圧でメタンガスと氷が合わさって蓄積されたもの。2014年度に第2回の採掘テストが始まり、2018年度から商業化に乗り出す計画。

 この2018年には「海底熱水鉱床」の本格探査が始まる。メタンハイドレートで深海から資源を採掘する手法を確立し、これを金、銀、プラチナ貴金属、同、鉛、亜鉛、ニッケル、それにレアメタルの採掘に応用する。

 前記したメタンハイドレートは日本近海に日本の使っている天然ガスの97年分ある。また貴金属、非鉄金属、レアメタルなどの採掘可能量は4億トン近く。現在の市況から見て700兆はあろう。これにメタンハイドレートは200兆を越すから、これらだけで資源大国といえる。

これに例の尖閣列島の原油がある。中国側の推定では上限、1500億バーレルの埋蔵量がある。サウジ、イラン、イラクに次ぐ第4位の産油国になれる。

 いまの日本は石油、ガスなどが年27兆円、主に非鉄金属の鉱石などの輸入で年3兆円支払っている。自前で素原材料が手に入るメリットは言うまでもない。

 その日本の海底資源の開発技術は世界ダントツ。2008年にはカナダとロシアのシベリアのバイカル湖でメタンハイドレートの連続採取に成功した。

北海原油の採掘に成功した英国の例をとると、予算の16%は原油の利益でそれまで大量に発行していた国債(GDPの2倍も!)は減少しGDPの70%になった。また輸出の20%も北海原油で稼ぐ。

1979年に颯爽と登場した英サッチャー首相は「ビッグ・バン」を推進し、シティと呼ばれる金融界を充実させてGDPの15%をかせぐところまで立て直す。最近でこそ北海原油のマジックはおとろえたが、それでも斜陽と言われた英国が3~40年間立ち直ったのだ。日本は2020年以降、5~60年は「日本の時代」が復活するのではないか。「軍事大国日本」「経済大国日本」に次ぐ第3の日本だ。

まだ関連株は早すぎておすすめする段階ではないが①日本海洋掘削②三井海洋開発③石油資源開発④国際石油帝石あたりをウォッチして頂きたい。あと三井物産、清水建設も

 映画のセリフから。アーロンは手持ちの中国製万能ナイフで右手を押えている岩を削ろうとするが、ナイフの方がイカレてしまう。「中国製は使うもんじゃあないなあ。」そのうちに、やはり日本のものでなければ、と世界的でまた言い出す。まあ見ててごらんなさい。

2011年6月19日 (日)

映画「アリス・クリードの失踪」と原発と日米不信(第562回)

 映画「アリス・クリードの失踪」は最近での恐らくベスト3に入る傑作。J・ブレイクソンという若い監督の第1作とは信じられない。

 若い男と中年男の二人が、綿密な計画もとに富豪の一人娘を誘拐する。登場人物はこの三人。

 映画が始まって10分間、犯人二人が工具や備品を調達して車の荷台やアパートに細工し、誘惑したアリスの両手両足もベッドにくくりつけ、衣服を切り取って裸にする。冷静で一言もはっしない犯人とアリスの泣き叫ぶ声。見事なオープニングだ。

 主犯の中年男が外出中、若い男は覆面を外してアリスに素顔をさらす。実は二人は恋人同士だった。金を手に入れるために仕方なかった、と男。

 そこに戻ってきた主犯は裏切りに感づき、気付かれたことを若い男も感じる。そこらから逆転に逆転。疑心暗鬼の中での三人の心理と行動。そして意外や意外の展開へ。

 

 疑心暗鬼は、いまの永田町も同じ、日米でも同じ。

 ニューヨーク・タイムズ紙は去る12日、「原発危機に輪をかけた不信」という長文の記事を掲載した。日米間で事故直後どんなことがあったかを綿密に調査してある。なぜか日本で紹介されていないので、ご紹介する。

 NYタイムズ紙の記事は菅首相が事故発生直後、原発について知識を持ち合わせない「一握りのアドバイザー」に頼った経過を確認している。

 理由は市民運動出身の菅首相が、官僚と業界の癒着に疑問を持ちながら、政治家のキャリアを積んだ人物で、とくに原発がらみが「最悪の癒着(松本健一内閣官房参与)」とみていたこと。それに東電から正確な情報が入らなかったこと。

 その結果、計画されていた「危機管理システム」が生まれなかった。

 同紙は菅直人支持者の中でさえ、このシステムを使っていれば、より速く果敢な対策が出来ていたかも、との声を伝えている。

 まだ、ある。文科省の放射能汚染シミュレーション「SPEED I」を官邸が知ったのは事故発生後5日後、なぜかと民主党議員が文科省に聞くと「官邸から言われなかったから」だった。

 米国は日本に支援を申し入れたが、菅首相はなぜか拒否した。このため両国はギクシャクした関係になった。 オバマ政権は48時間以内に米原子力規制委員会(NRC)の専門家チームを日本に急派、同時に空母艦載機による測定で、日本政府が事態を過小評価していると見た。

 そこで「情報共有」を拒み続ける菅政権に圧力をかけた。

 3月16日には米国人80キロ圏外避難をルース大使を通じ日本政府に通告。その後「もしトーキョーが情報共有を拒み続けるなら、在日米軍そのものの一部の引き上げ開始」も示唆した。

 そこで3月21日に米側からNRC大使館、米軍当局者など50人と、日本側は関係する五つの省庁、保安院、東電など関係者が出席した。その初回協議に先立ち日本側は打ち合わせを行ったが、これが日本側の関係者が一堂に会した最初だった。

 ―以上がNYタイムズ紙の記事の概要である。

 皆がいうように原発事故は人災だ。初めて被災者の皆さんにお見舞い申し上げるとともに、こうした首相がまだ肝心の退陣時期を表明しないで、内閣改造で延命しようとしている。また後継者も明確に見えてこない。

まさか、と思うが原発に絡んで解散、という〈菅首相のオドシに決まっているが〉声も、聞こえる。いいかげんにしてほしい。

 映画のセリフから。中年男の主犯が食欲のない若い男に言う。「もう9時間もたっているのに食欲がない?それは悪い兆候だ。」ムリに強制して食べさせる。首相に苦い薬を飲ませる人はいないものか。

2011年6月12日 (日)

映画「パイレーツーーー」と大連立(第561回)

 映画の正式な題は「パイレーツ オブ カリビアン4 生命の泉」。カリブ海の海賊船長ジャック・スパロウを演じるジョニー・デップ人気と海洋スペクタクルが売り物のシリーズだ。今回は3D画面。

 飲めば永遠の生命を得ることが出来るという「生命の泉」を求めて、英国海軍、スペイン政府、海賊バルボサと黒ひげ、それに勿論ジャック・スパロウも。

 生命の泉から湧き出る水に人魚の涙を一滴落とし、銀の杯に入れて飲まないと効き目がない。まず人魚を生け捕りにしなくてはー。

 今夏の菅内閣の不信任案否決に絡んで、永い間存じ上げている元財務官僚の高橋洋一嘉悦大学教授が民主党のトロイカ三人組について傑作な永田町ジョークを紹介していた。

 政界で一番ズルい人は菅直人

 政界で一番バカな人は鳩山由紀夫

 政界で一番ワルな人は小沢一郎

 つまり、辞めると思わせて鳩山をだましたズル、だまされたバカ、菅おろしの黒幕はワルと言うことだ。

 早速、これも昔から存じ上げている自民党の三役級大物議員に「大連立」の可能性を伺った。「ない」という返事。まあ駆け引きのひとつの作戦なのだろうが。とりあえずは「拒否」。

 理由は「官邸を握らない大連立じゃあダメ」。外交や安全保障問題などで、やはり首相の座をとらないと閣内不統一になってしまう。映画で言うと生命の泉の水プラス一滴の人魚の涙、これがなくっちゃ、というところか。

 それを聞いて次に私はある大新聞の政治部のベテランに「ワルはなんていっているんだ?」と聞いた。

 答えは「あれだけ固守せよと主張していた民主党マニフェストを“修正してもいい“と言ってるよ。」私は呆れた。

 ワルのズルへの批判は常に「マニフェストを守れ」だった。リーダーシップがないという声に総理として何かしようとすると、党内の最大派閥が足を引っ張るのだから、ダメに決まっている。もともと子供手当て、戸別所得保障、授業料無償化、ガソリン暫定税率廃止、高速道路料金無料化、などなど。おいしい話を並べ立てたのは選挙民を釣るエサだった。なんともバカにされたものだ。

 ワルは「政策は政党にとり、大道具、小道具だ」(日経6月9日)と言い出した。もともと深刻な財政危機でもともと実行不可能なマニフェストだったことは誰の目にも明らかなのに。

 自民党の中の若手が大連立にためらうのは、三つの理由があろう。

 第一は、もともと民主党でマニフェスト修正を目指していたのは、菅=岡田だったこと。民主党内の小沢グループの反対がなければ自民党など野党の協力は進み、復興のスピードは上がっただろう。

 第二は後継者と交代時期が不明なこと。民主党内部からでも具体的な名前は何人か挙がっているがー。

 第三は、大連立が小沢復権につながってしまうことへの警戒感。

 それにしても一日も早い被災地のために対策が、掛け声だけでなく具体的な行動が求められている。政治が安定してほしいと、日本国民は皆望んでいる。

 映画のセリフから。終わりのシーンでスパロウ船長に部下が聞く。「生命の泉の水、ほしくなかったんですか?」「いや、オレは海賊として人生を送って、終わりが来れば死ぬさ。」前記のズル、バカ、ワルは、そろそろ終わりになったら。

2011年6月 6日 (月)

映画「プリンセストヨトミ」と日本の運命(続) (第560回)

奇想天外な設定と展開の巧みさでヒットが続出している万城目学のベストセラーの映画化。堤真一、綾瀬はるか、中井貴一などなど、メインの俳優が好きなので観た。映画もなかなかの出来だ。ただいまヒット中。

 ストーリーは波乱万丈。東京の会計検査院からオニの松平率いる調査官3人が大阪に出張、着々と成果を挙げてゆく。ところが財団法人OJOを訪れた途端、何か違和感を覚える。ここには何か途方もない秘密があるー。

 終盤に明かされる4百年も続いた伝承の歴史、秘密の地下通路のナゾ。こうした途方もないホラ話が、実は父親と息子の信頼と愛がベースになっていることがわかる。そこで子を持つ親はジーンと感動が胸に来るーという構成だ。

 この映画を観ると、私ども国民の敬愛する日本の象徴・天皇家がどうして日本人の心をつかみ、ひとつにまとめてきたかもよく分かる。

 まあそれに反して、政治面でのあのドタバタぶりは何だろう。国家の恥だ。

 

 私のみるところ、もと社会運動家だの元左翼は政権を握るとダメだ。

 あの尖閣の酔っ払い船長の件は琉球検察の責任にし、福島第一の住民待避も始めは選択性ありとし、浜岡原発は中部電力に押し付けた。

 あの被災地のガレキの山!ほとんど手がついていないし、2000億円をはるかに超える義捐金もまだ殆んど渡されていない。食べ物さえ孤立した離れた地域に配られず餓死者が出ている始末だ。首相が「オレが責任を持つからドンドンやってくれ」と言えば、これらは相当部分、現時点までに解決済みのはずだった。

 いまのズル首相の前のアホウドリ首相、それにワルーい元代表、この三人は一刻も早く政界から消えてほしい。救国一致内閣を大連立でつくってどんどん復興の流れを作ってゆかないと、無策人災による被災者の大量の病人の発生などの第4次災害が起きる。

前回、私は日本の歴史のうち4回、東北の大地震は関東〈恐らく直下型〉地震につながったーと書いた。

このブログの読者なら、私が海洋資源の開発に大きな期待をかけていることはご存知だろう。

 私は海洋開発の専門家に、何人も何人も、この大震災、あるいは懸念される関東直下型地震で、開発がストップしないか、また津波で採掘設備などが破壊されないか、をたずねた。

 せっかく開発を進めている最中に、天変地異が設備をオシャカにしてしまわないか。

 でも、私は安心した。津波も地震も深海の作業に影響ない。

 私は複数のTV局が近くメタンハイドレートを含め海底資源について人気番組で紹介するので、その折にこの心配についてふれるよう関係者にお願いした。またこの私の「夢」や「期待」について、遅れに遅れているが1冊、本を書くつもりでいる。ご期待ください。

 映画のセリフから。真田大阪国首相は言う。「我々はこれからも王女を守る。たくさんの大切なものと一緒に。大阪国を守り続ける。」私も自分の夢を守り続ける。

 

2011年6月 1日 (水)

外国人投資家から見た日本株

「日経トップリーダー」経営者クラブから出版された『トップの情報CD』に、「外国人投資家から見た日本株」というテーマで講演が収録されました。

音声はこちら

映画「アジャストメント」と日本の運命(第559回)

 “ジェイソン・ボーン”シリーズで大ヒットしたマット・ディモン主演のエンタティメント。原作は「ブレードランナー」「マィノリテリティ・レポート」のフィリップ・P・ディック。当然SFだ。

 ネタバレになってしまうが、主人公デビッドは下院議員で次に上院を狙う政治家。実は上院を4回つとめた後大統領になる「運命」を持つ逸材だ。

 この男がモダンバレエ・ダンサーの女性エリースと恋におちる。個性の強い女性なので結婚すると、予定されている大統領職、ひいては米国の運命を捻じ曲げてしまう恐れがある。

 だからーというわけで「運命調整局」という役所が”運命の書“に書かれているように主人公デビッドと恋人エリースの行動を妨害する。さて、どうなるか。

 いま私は、この大災害が恐ろしい「次」が永い日本列島の歴史から見て、起こりうるのかどうかに関心がある。2冊の本がおすすめだ。

 

第一は「株がなくなる日―天変地異で株はどうなるのか?」谷津俊一著清流出版―2010年5月刊 2200円。著者は元ダイヤモンドの編集長だった。歴史を飛鳥時代までさかのぼって地震、噴火、津波などの発生を検証している。

 第二は「列島強靭化論―日本復活5カ年計画」藤井聡著 文春新書2011年5月刊 760円。著者は京大教授で土木計画学など専攻。

 勿論この2冊のほか、ここ何年もの間に読んだ本は多い。しかしズバリと結論が出ている点でこのおすすめ本は優れている。両方ゴチャまぜにして注目点を述べよう。

       日本は世界で起きるマグニチュード6以上の大地震の2割が発生。理由は地球上のプレート16(厚さ1000キロの岩盤)のうち4枚が日本列島に。先進国では米国西海岸にプレートの境目があるだけ。プレートが動けば、地震。つまり巨大地震は「定期的に」発生する。

       今回の大地震以前でも30年以内に発生する確率は「東海」87%、「東南海」60%、「南海」50%。さらに恐ろしい「首都直下型地震」は70%もある。

ちなみに、150年前の幕末安政期に東海(マグニチュード8・4)、江戸〈6・9〉、伊豆・伊勢(7・2)、津軽(7・5)、飛騨・越中(7.1)が1854年から1858年の間に発生している。この間にニュージーランド(8・0)、トルコで2回〈7・1〉大地震が発生している。

 要するに巨大地震は「連発」しうる。安政期の実例がそれを証明している。

 もうそういう話は聞きたくない?私も同じだが歴史は事実受け入れなくては。

 ③「富士山の噴火」もある。実は富士山は2003年から「活火山」である。

 歴史的に有名な二つの噴火はともに大地震の直前か直後に発生している。869年の貞観と1707年の宝永、である。火山灰によってコンピュータ機能を停止させてしまい被害は甚大である。

 藤井教授によると「過去4回の海溝型の東日本側の巨大地震の4回とも、10年以内に首都圏の大地震が発生している。」「天は、我々にさらなる試練を与えるやもしれぬ。」うーん。

 くわしくは著書をご覧頂くほかないが、では、この運命に日本人はどう対処したらいいのか。復興・復旧・成長のための予算はどのくらいでどうしたらいいか。

くわしくは次回に書くが、私のの「今井澂式心配三原則」をご紹介しておこう。

 原則1.その心配が今後どうなってゆくか、をトコトン考える。希望的観測はしないで最悪の事態を考える。

 原則2.その最悪の事態が発生したら、自分はどうしたらいいか、ハラをきめる。

 原則3.もう覚悟は出来ているのだから、最悪の事態でもびっくりすることはない。そこまで行かないと確信して、明るく毎日を生きる。

 いかが?私はこれで75年間(もうじき76年!)生きてきましたがネ。

 映画ではデビッドとエリースは運命調整局のトップに交渉して言う。「人は定められ生活を失うのを恐れますが、ぼくたちは自由を求めます」。われわれは世界が「不屈の日本人」と呼んでくれた国民の一人じゃないか。そうでしょ?

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »