今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月28日 (月)

映画「タイタニック」とユーロ危機の今後(第597回)

 先週の「ジョーズ」がご好評をいただいたので、今回は1997年空前の大ヒットとなった「タイタニック」を。当時私は銀行に勤めていたが、部下の女性たちが私は3回見た。私は4回、というのは聞いて仰天した記憶がある。

 3時間9分の大作。「ターミネーター」や「エイリアン2」、それに「アバター」を作ったジェームス・キャメロン監督。巨大セットの船体が真っ二つに折れるシーンが呼び物。

 ストーリーは三等乗客のディカプリオと上流社会のウィンスレットの恋物語で、沈みゆく巨船の混乱と人間の浅ましさとが絡む。まあこの映画のオハナシは皆ご存じだろう。

 みんな泣いたシーンは、冷たい水にひたって凍えそうな主人公ジャックが、戸板の上に乗った恋人ローズに言うセリフ。

 「船のチケットを手に入れたのはラッキーだった。君に会えたから。」

 「さようならを言うには早いよ。君はこんな死に方はしない。

生き延びてたくさん子供をつくって、温かいベッドで死ぬんだ」。

 想い出しましたか。

 タイタニックの沈没は随分と本になっているが、びっくりしたのは割と近くにいた船が氷山にぶつかるのを恐れて電灯を消し、自己翌朝接近して助けるふりをした。事故は深夜だから生存者を救助できたはずなのに。

 今回のユーロ騒動で、私はこのひどい船を想い出した。

 イタリアの国債の利回りが危険ラインの7%を超えた。もちろんそれ以前にギリシャ、ポルトガルなど南欧諸国が莫大な借金をこしらえたことが問題視されたのが背景。

 これに米系ヘッジファンドが目をつけ、対ドルユーロ価値を当時の1・5台から1対1目標で売り始めたのが、コトの始まりである。

 最悪の事態を回避すべく、欧州のリーダーたちは支援策を講じている。しかし国債価格の下落により欧米の銀行は大打撃を受け、かつての日本と同じく貸しはがしを含めた手許の流動性対策に狂奔している。

 そこに「タイタニック」の救助を渋った船が出現した。

 CDSというのは国債のデフォルトに備えた保険のこと。ところが「ギリシャ債務の50%削減で保険金を支払わない」と国際スワップ協会(ISDA)が決定した。

 理由は50%削減は強制的なものでなく、銀行の自主的判断によるものだ、ということ。

 サルコジ、メルケルなど欧州リーダーたちはギリシャとはデフォルトを起こさせない、と言い続け、その結果自主的判断という形で表面を取り繕った。

 表面上の形にこだわった結果、銀行は南欧の国債の売却に必死になり、それが国債の流通利回りを上昇させている。

 イタリアの場合、明年2月が危ない。2012年に借り換えになる国債は3500億ユーロ、うち2200億ユーロが長期債だが、半分以上が1~3月期に集中している。借り換え不能になると、2月中にはイタリア政府の手許現金が底をつく。そうなれば信用収縮はリーマン・ショック後の状況よりあるいはひどくなるかもしれない。

 映画のセリフから。ローズは生き延び、回想する。「海に投げ出されて助かったのは、1500人に対し私を含めて6人。」こんな惨劇が起きてしまうのだからか。

 

2011年11月24日 (木)

映画「ジョーズ」と米国財政赤字削減問題と世界の株安(第596回)

 たまには誰でも知っている有名なのを、というリクエストにお応えして、今回はS・スピルバーグ監督の「ジョーズ」。ご存じのコワーい映画の代表格だ。

 スピルバーグの天才はオープニング直後のあの女の子が水の中にガガボガボと引きずり込まれる怖さ。ブロディ署長が砂浜に行くと死体の手にはカニが戯れている。夏のバカンスシーズンなので遊泳客がたくさんいるが、子供が犠牲者に。それでも鮫は姿を見せない。あの盛り上げ方の巧みさ。

 いよいよ町が対策をどうしよう、となるとクイント船長が現れ、海洋学者クーパーとブロディ署長が三人でボロ船に乗って鮫退治に出発。実は2時間4分の映画のうち、1時間15分かけている。

 この間に二人組の男が桟橋にやってきて鮫を釣ろうとして桟橋がこわされる、とか、鮫のヒレだけ見せて浜辺で男が襲われる、とかー。DVDでどうぞ。

 ちょうどこの映画の、姿を見せない鮫のように、8月の世界同時株安の再現不安が市場関係者を悩ませている。

 11月23日、米国議会の超党派にある特別委員会が財政赤字削減についての協議が決裂。米国国債の格下げが加わって大混乱になったあの8月の騒動が、再びありうる事態になった。

 まず12月13日に連邦政府の資金繰りの暫定措置が期限切れ。次いで明年1月5日には1兆2000億ドルの一律歳出削減が決まる。実施は2013年1月2日以降だが、この一律削減を決めた「トリガー条項」は国防予算を含むため、共和党はこの修正を計画している。

 ところがトリガー条項が修正されると、ムーディズ、フィッチなどの大手格付け会社が格下げを見送っていた理由がなくなる。当然、8月のS&P社に続いて米国国債の格下げが起こりうる。いや、公算大といった方がいい。

 さらに2月から3月には、去る8月と同様に政府債務の上限引き上げが必要となる。

 これだけ、ひとつ間違えれば米国国債デフォルトにつながりかねないXデーがある。

 それでも民主党のリベラリズムと共和党の保守主義とが対立して妥協点が見つからない。

 だからこそNYダウは決裂後連日安、リスク資産はみんな弱い。リスク回避のため、米国国債の金利は低下し2%を切ったが、これは米国以外の外国銀行が米FRBへの預金を昨年12月の3500億ドルから最近7150億ドルに増やしているため。ヘッジファンドや米投資銀行の助言で、米国国債買いが続いている。

 現在の世界の株安は、ユーロ危機のせいにされているが、現実には米国の格下げ危機が底流にある。いつ、この巨大な鮫が水面上に全貌を見せるのだろうか。

 映画ではブロディ署長だけが船の上から水面にガバッとあらわれて鮫と対面、唖然として言う。「もっと大きい船が必要だ」。

 米国ではこのセリフが慣用句になっており、想像もしなかった大事件に遭遇したときに「もっと大きい船ならー」というらしい。

 日本株の方は売買高が少ないまま、Aじわじわと値を消す毎日が続いている。海外からのショックでドカン、とならなければいいが。

2011年11月18日 (金)

映画「コンテイジョン」とユーロの混乱と日本株安(第595回)

 

スティーブン・ソダーバーグ監督は駄作のない才人だ。アカデミー賞監督賞の「トラフィック」「エリン・ブロのピッチ」そして「チェ」2部作や「オーシャンズ」などなど。今回はパニック・ムービーをズラリとスターを並べて作り、米国でヒット。面白い以上に迫力がある。

 致死率は20~30%だが、接触によって伝染する未知のウィルスが引き起こす恐怖を描く。

 香港帰りのキャリアウーマンが突然発熱し急死。東京やシカゴ、ロンドンなどで同様な症状の患者が急増。世界保健機構(WTO)と米当局が対応に苦慮する。

 人々の恐怖感をアオッたのがフリージャーナリストのブログ。政府は情報をかくしていると告発。怪しげな情報を連発する。

 ウィルス性伝染病のように、ギリシャに始まったユーロとの危機についてイタリアとスペインに伝播し始めた。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘投資情報部長が11月14日付の藤戸レポートで、この伝染病の拡大と進展の状況を実にうまく表にまとめた。

 

                (表)債務国の10年国債利回り推移

国名      6%到達     7%到達      8%到達       金融支援

ギリシャ    2010年1月   2010年1月    2010年4月    2010年5月

アイルランド  2010年9月   2010年11月   2010年11月   2010年11月

ポルトガル   2010年5月   2010年11月   2011年3月    2011年4月

イタリア     2011年8月   2011年11月

 

つまり、問題を抱える国の国債利回りが上昇し始めると、これまでのところは金融支援まで遅かれ早かれ行ってしまう。国内、外の投資家がリスクを恐れて売却を始める。

 「金利が上昇(債券価格は下落)すると、膨大な政府債務残を抱える国々にとっては、直ちに資金繰りに影響を及ぼす」と藤戸さんは解説している。今やイタリア国債まで危機ラインの7%を超えた。

 首相がベルルスコーニからマリオ・モンティに代わっても、厳しい現実には変わりがない。低成長国の過大な借金-という現実。

 EU独特の合意に至る過程のまどろっこしさがこれに輪をかける。

 問題はウィルスに似て、欧州の銀行がこれだけ多くの国のソブリンが怪しくなってくると「利食えるものは現金に」となる。

 現に日本の株式市場での外国人機関投資家の売りが目立つ。ソニー、メガバンクの安値などが代表的。金でも同じ。新興国株式でも売りが出ている。

 日経平均がジワジワと下げ8400円ラインを切った。あと60円か70円下げれば止まり場がない。7000円台の下の方だろう。

 映画のラスト。発生源はブタにコウモリ糞がまみれ、それを手にした中国人コックが洗わないで観光客に握手。やはり、すべてのトラブルの根源は中国にありという発想か。

 

2011年11月13日 (日)

映画「マネーボール」と中国ついての気になる情報8第594回)

映画「マネーボール」と中国についての気になる情報(第584回)

 巨人軍の内部ゴタゴタの直後だけに特に面白かった。野球の世界では球団社長やゼネラルマネジャー(GM)などの背広組(ナベツネは論外だが)が戦略に口をはさむのは、イヤがられる。ところが、この映画の主人公ビリー(ブラッド・ピット)アスレティックスのGMだが憎まれ役ではない。ヒーローだ。

 チーム間の貧富の差は米国では途方もなく大きい。金持ち球団のヤンキースは人件費1億2600万ドル。アスレチックスは4000万ドル。ところがこの差があっても勝利数は同数(2002年)。つまり1勝140万ドル対26万ドルだ。投資に対する効率が違う。

 この成功をもたらしたのが、ビリーだ。古い野球観、評価基準のせいで、認められなかった安くて優秀なプレーヤーを発掘し、ア・リーグ最高の20連勝という記録をもたらした。

 打率や打点などの従来重視されてきたデータでなく、出塁率と長打率が重視される。古株のスカウトが重視する選手の肉体も重要でない。ビリーは「我々はジーンズを売っているんじゃない」。バントも盗塁も重視されない。ええっ?それじゃ今シーズンの日本のプロ野球はどうなっちゃうの?詳しくは原作本をお読みください。

 まあデータの見方がまるっきり変わるという革命とでもいおうか。衝撃か。

 11月7日の中国紙「大紀元」。香港中文大学の郎緘平教授は上海と広東のTV番組のレギュラー解説者だが10月瀋陽で爆弾発言。

 「中国のGDP成長率は本当はマイナス10%で政府公表の9%は全く捏造されているウソっぱちだ」

 同教授は講演の内容を絶対に公表しないように要求したが、なぜか音声がネット上に流出してしまった。

 この講演によると「中国の債務は430兆円に達しており、中国経済は必ず破綻するだろう」

 「中国政府が上海など四つの地方政府に債券発行の権限を与えたが、報道ではグッドニュースとされたが、とんでもない。国の経済が破綻しかけているのに、まだ債券を発行するのか。」

 「インフレ率も公表されている6.2%ではなく15%以上だ」。

 また現在の中国と崩壊直前のソ連と共通点が多い。ソ連のGDPの7割は軍事産業で経済効果は皆無。石油輸出300億ドルが経済を支えていたが、石油収入が途絶えたら一発で崩壊した。

 いまの中国はGDPの7割は、鉄道、道路、空港などの「コンクリート」。この収益は極めて低い。中国経済を支えているのは製造業だが、市場原理に沿った価格決定がなく、政府の誤った対応があって危機が迫っている。

 また中国の銀行株の分析を行うと金融危機の直前で「2013年ごろから破たんが始まろう。」

 まあ以前から言われていたことばかりだが、このニュースの出方が面白かったので。

 映画の冒頭、字幕で名選手ミッキー・マントルの言葉が紹介される。「人は野球に夢を求める。その野球の奥の深さには、いつも驚かされる。」経済ニュースにはオモテもウラもある。気をつけたい。

 

2011年11月10日 (木)

映画「ヒミズ」と株安と金価格高(第593回)

 ヒミズは「日見ず」でモグラの一種。若い主人公の暗い人生のことだろう。古谷実の原作を園子温監督が映画化し、先日のヴェニス映画祭に出品、主演二人は最優秀新人俳優賞をダブル受賞し、作品も絶賛された。日本では明年1月公開。

  住田祐一の願いは普通の大人になることだが、あまりにも環境は厳しい。父は借金をしながら蒸発、母は中年男と駆け落ち。15歳で天涯孤独。貸しボート屋で生計を立て、震災で家をなくした人たちと平凡な毎日。

 その住田に恋している茶沢景子はアタックをかけている。

 そこに父がひょっこり帰宅し、金の無心しながら住田を殴る。ボート屋に来た借金取り立て屋たちにも激しく殴られる。ひどい毎日。

 再び金をせびりに来た父が息子に言う。「しぶといなあ。俺、お前のこと本当にいらないんだよ」。

 このセリフにキレた住田は父を殺す。普通の人生を全うすることをあきらめた住田は父の遺体を埋め、その日から「オマケ人生」。「悪い人間を見つけて殺そう」と決意する。

 園作品としては前作「冷たい熱帯魚」の方が出来が良かったと思うが、大迫力の青春映画で私は感動した。

 次から次へと住田祐一がいじめられたように、株式市場へは悪材料が続出している。

 まず前回も取り上げたTPP。野田総理は明確な参加意志を、予定されていた11月10日に表明できなかった。これで既得権益を手放さない守旧派の国、ということになってしまったかも。

 次はタイの大洪水。工場、設備などの損失があるので、2012年3月期決算は期待されていた二ケタ増益どころか場合によっては大減益。株価は今や割高だ。

 オリンパス問題もあるし、関与したとウワサされる野村証券も売られている。地合いは悪い。

 円高はまだ世界の情勢を考えれば、当分続くと見たほうがよさそうだ。私は円安へのリバウンドを期待するが、まあ来年だろう。

 日経平均は先日為替介入に絡んでフシ目の9150円を付けた後、欧米株安に引っ張られてジリ安。これで上昇は終わり、明年2,3月頃への下値模索とみられる。

 大事なフシ目は10月5日に付けた8343円だろう。これを下に切ると、少なくとも7500円近辺まで止まり場はない。

 弱気じゃないか。その通りだ。いま株を買う環境にない。

 一方、金価格は9月6日のオンス1921ドルで終わったとみる向きが多かったが、私は「まだ終わらない」と主張してきた。

 買い意欲がまだ強い、と見ているし、金価格は「ペーパーマネーに対する不信指数」、「アメリカに対する不快指数」だからだ。

 11月に入り再上昇。チャート上のフシだった1770ドル台を軽く突破した。これで遠くない将来2000ドル大台達成の公算が大きくなった。作戦としては押し目買い。

 映画の終わりに住田祐一は自身の再出発を願って警察へ自首を決意。走り出した住田に周囲の人たちは「スミダ、がんばれ」を何回も何回も走りながら連呼する。

 ヴエニスの映画祭会場でも、感動した観衆は8分間もスタンディングオベージョンでスミダ、ガンバレを叫んだとか。日本株も頑張ってもらいたいのだがー。

 

2011年11月 5日 (土)

映画「ステキな金縛り」とTPP(第592回)

 三谷幸喜監督の最新作で興行収入トップ。まことに楽しい映画で館内爆笑が何回もあった。法廷ものでこんなに面白い作品は珍しい。

 ストーリーは三谷作品らしく奇想天外。失敗続きでもうアトがない三流弁護士エミはある殺人事件の弁護が持ち込まれる。

 資産家の妻殺しの容疑で捕まった夫だが、アリバイがあった。事件の夜、旅館の1室で落ち武者の幽霊に一晩中のしかかられ、金縛りにあっていた、という。

 さっそくその旅館に泊まったエミは、421年前に無念の死を遂げた更科六兵衛の幽霊に金縛りにあう。「どうか、裁判で証言してください!」

 こうして、前代未聞の裁判が始まる。しかし幽霊の姿は、ごく限られた人にしか見えない。また検事は一切の超常現象を認めない敏腕カタブツ。どう展開するか?

 幽霊が証人であることを認めるかどうかで検察と弁護両サイドが対立したように、現在の日本ではTPPを巡って賛成派と反対派が激しさを増している。

 私の見るところ賛成派は①輸出立国②農業改革の二つを信条としている。

 一方反対派は①嫌米②国体護持③農業保護④既得権益保護を基本的な立場としている。 

 だから書店に並んでいる本のタイトルを見ても「アメリカの陰謀」「日本は一方的に不利益」「日本の独立と国家主権が脅かされる」などの主張が多い。

 賛成派は言うまでもなく主要メディア、経団連、それに元農水省官僚でキャノングローバル戦略研究所山下一仁氏が農業改革派のオピニオン・リーダーだろう。

 山下氏は9月12日に日本証券アナリスト協会で「TPPと農業再生」と題して講演した。私も聞いた。

 農業については少子高齢化と人口減少で、農業の維持、発展のためには輸出が必要。それは米総消費量が40年で半減してしまうため。」

 またTPP反対のウソとしてー

 アメリカ陰謀説は日本が言いだしているだけ。まだ米政府は議会を説得できていない。

 デフレ論は「食料品で買い控えは起きない」。

 あり得ないことが起きるとして国民を脅かしている。たとえばィ.労働基準が引き下げられ外国から単純労働者が入ってくるㇿ.医療の自由化を求めて来るㇵ.農業補助金は非関税障壁として廃止されるニ.投資協定で政府は外国企業に訴えられまくり、規制内容まで変更させられる、などなど。

結論として山下さんは「品質の劣る海外の米と比較して競争力がないという主張はおかしい。インド車と比較してベンツは競争力がないというのか?」

「1kg当たり価格は日本産コシヒカリ380円、カリフォルニア産コシヒカリ240円、中国産コシヒカリ150円。しかし日本国内でも魚沼産コシヒカリは一般ものと1・7倍の価格差。」

 

「低品質の米が100万トン輸入されたとしても高品質米を300万トン輸出すればいい。」私は全面的に賛成する。

 私もメンバーの一人の総研エコノミストクラブでもNPO法人総合政策研究会が「TPP参加に全力を挙げよ」と提言した。野田首相の決意が問われる。

 映画では落武者の幽霊を見ることができる人は①なんとなく運勢が落ち目②身近な人(あるいは犬など)の死③シナモンが好き、の3条件。TPPの方も、将来の日本が見えていない人が反対しているのではないか。

 

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »