今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 映画「用心棒」と2012年のリスク(第600回) | トップページ | 映画「東京物語」と高齢化社会と介護産業(第602回) »

2011年12月25日 (日)

映画「リアル・スティール」と金正日と金正恩(第601回)

映画「リアル・スティール」と金正日と金正恩(第601回)

 今回は年末最終回。名作路線は今回はやめて、現在ヒット中のものを。トム・クルーズの「ミッション・インポシブル ゴースト・プロトコル」にしようと思ったが、見せ場は多いがナカミは乏しい。そこで「リアル・スティール」を。

 ロボットを使った派手なボクシングが大人気の2020年。元ボクサーのチャーリーはポンコツロボットを操縦してアンダーグラウンドの試合で日銭を稼ぐまづしいダメ男。

 そのチャーリーの前に11年前に捨てた妻の死と、妻に押し付けた息子マックスが現れる。いろいろあってひと夏、この息子を預かることになるが、父子の意識なんてまるでない。

 ところが、この父子が、泥だらけのゴミ捨て場で見つけた旧式ロボットATOMと出会い、旧式ながら最新型にない機能を武器に活躍する。あの「ロッキー]を意識したボクシング映画だが、同時に父子の愛情の生まれる人情物語で、私はジーンときた。ディズニー映画はまことにこの辺はうまい。日本への敬意、愛情も感じる映画だ。

 前回で北朝鮮の独裁者の急死と中国の人民解放軍とのかかわりを書いたら、予想外の反響があった。金正日と金正恩の父子を軸に少々補足しよう。

 昨年金総書記は息子を後継者とすべく、金正恩と妹金敬姫の亭主の張正沢を二人とも国防副委員長とし、張のライバルだった李斉剛は交通事故死だが、たぶん暗殺された。

 張成沢・金敬姫夫婦は金正恩の後見人。その後見人の後見人が中国。直接は中国人民解放軍の瀋陽軍管区だろう。

 金正日は死ぬ前2年間に3回も中国に旅しているが、事情通は「恐らくワイロを持って行って、面倒を見てくれるよう頼んだのだろう。彼はもらうのも好きだが、上げるのも大好きだ。」と。

 瀋陽というと「坂の上の雲」の「奉天」だ。大会戦のあったところ。中国軍部サイドとしては、これまでも北朝鮮の核武装を陰に陽向に援助してきた。あと1,2年で実戦用の小型核弾頭が完成し、ミサイルに装着が達成される見通しが強い。現にネブラスカ州の今年の米韓陸軍の合同演習で、北朝鮮の核保有を前提とした演習を行った。

 中国の人民解放軍の総兵力224万人。予備役50万人で「自力更生」というルールがある。国家予算に頼らず軍が自分で自分の食料や装備を調達しなくてはならない。だから学校や食堂、病院、宿泊施設、工場、牧場、鉱山、出版社などあらゆる企業を持っている。北朝鮮のレアメタルを一手に扱う商社もその一つ。

 したがって国家主席といっても、人民解放軍の掌握は容易ではない。「軍閥」だからだ。

 死んだ金正日が胡錦鋳に「ムスコをよろしく」とたのんでも、現実には瀋陽軍区の上層部に金をばらまかなければどうにもならない。

 その中国軍が望むのは、北朝鮮が先軍思想を維持して、しかも自分のいうことを聞いてくれる政権。香港の新聞はすでに「平壌に人民解放軍が派遣され、金正恩を助けて治安維持に努めている」と未確認情報ながら報じている。だから動乱発生で大量難民だのクーデターだのという観測は全く当たっていない。また韓国の期待する南北合併もあり得ない。

要するに中国の属国だからだ。

 それよりも中国の先軍=毛沢東路線と自由化=鄧小平路線の対立の方が私は心配だ。その対立をアオる形で北鮮がからまなければいいが。

 映画のセリフから。息子の方が契約には小心で「小さく勝って、さっさとこんなところから出てしまおうよ」。中国は手堅く北鮮カードは手放さないのでは。

« 映画「用心棒」と2012年のリスク(第600回) | トップページ | 映画「東京物語」と高齢化社会と介護産業(第602回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「用心棒」と2012年のリスク(第600回) | トップページ | 映画「東京物語」と高齢化社会と介護産業(第602回) »