今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「独裁者」とユーロ危機の将来(第606回) | トップページ | 映画「J・ エドガー」と米国の住宅市場とNY株(第608回) »

2012年1月27日 (金)

映画「サイコ」と世界景気と株価と??(第607回)

映画「サイコ」と世界景気と株価と??(第607回)

 ご存知の「ホラー映画」というジャンルを確立した1作。ヒッチコックが来日したとき「スリラー」と記者が言ったら「ホラー」と訂正したが、通訳がわからなかった、とか。

 シャワーを浴びている最中の若く美しい女性が、突如得体のしれないものに襲われ惨殺される。あまりにも有名はシーンで、映画の本の表紙などにずいぶん引用されている。

 マリオン(シャネット・リー)は4万ドルの金を押領し車で逃げる。愛人のサムと一緒になりたくて走るうちハイウエイからそれてしまい、さびれたモーテルで一夜を過ごす。経営者がノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)。ここから後の息苦しくなるほどの恐怖で観客を引きずっていくのは、さすが名匠ヒッチコックだ。

 NY株価はリーマン・ショック後の高値に迫り、東京株式市場も出来高が増え、信用取引の取り組みは良化。何よりも外国人の買いがずっと続いている。

 NYの方はFRBが2014年までゼロ%の政策金利を継続すると決めたし、最近、米国の銀行の貸し出し増加が続いていて、景気の先行きが明るいことを示している。

 実は景気見通しのプロ中のプロで、リーマン・ショック後の景気反転をピタリと当てた三菱UFJ証券景気循環研究所長の嶋中雄二さんが123日のレポートで、世界景気の底入れ反転を予想している。この人の言うことを私はずっと信じている。

 嶋中さんは昨年125日に「米国景気が復活~再び「変化の胎動が聞こえる」~としている。

 「昨年秋以降はずっと失速のシナリオが声高に語られてきた世界景気だが、実際には今、明らかに底入れしつつある兆候がある」と嶋中さんは主張する。①4欧州の債務②イラン核開発をめぐる米国との対立激化③中国のバブル崩壊などのリスクについては、危険因子として否定はできないが「あくまでも想定の問題であろう。」

 映画「サイコ」では、実はモーテル経営者ノーマンは10年前に母親を殺し、その後母親の遺体を掘り返してずっと隠していた。ノーマンの中には彼と母親が同居していた。二重人格だ。今、このノーマンと同じで、私の心の中で強気と弱気が同居している。

 問題の欧州ではECBが昨年12月に5000億ユーロの緊急融資を行って危機を回避したし、2月末には第二次も。それで東京株式市場のイニシアチブを握っている欧州系銀行の日経先物の買いが増えてきた。そこに嶋中さんの言う通り、米国を含めた世界(もちろん日本も入る)の景気が好転してくれるなら、株は買いだ。

 しかし、「サイコ」に出てくる私立探偵のセリフじゃないが「探偵というのは、正直者といわれる人物ほど疑ってかかる商売です」。

 早速、相場研究家の富国生命の市岡繁男さんに聞いてみた。この人は独自の見方で細かい数字をよく集めている。市岡さんによると「米国株高は昨年末ごろからのFRBの“隠れQE”では。」と。FRBの証券保有額はたしかに急増、NY株価に一致している。

 私も米国景気もNY株も、人為的な作戦がかなりあると考えている。

 とくに中国が問題。中国景気がおかしい証拠には私が重視している海運のバルチック指数が安くなっていることが不安。この指数はリーマン・ショック後200812月に663をつけその後反発した。今回は862まで下げ、まだ反発の気配はない。

 それに私が信じるグリーンスパン直伝の景気先行指標の「鉄スクラップ価格」も安い。

 嶋中さん!すみませんが、今回はあなたの見方をまだ信じることはできません。ごめんなさい。あなたは景気、私は市場を見ているんです。

« 映画「独裁者」とユーロ危機の将来(第606回) | トップページ | 映画「J・ エドガー」と米国の住宅市場とNY株(第608回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「独裁者」とユーロ危機の将来(第606回) | トップページ | 映画「J・ エドガー」と米国の住宅市場とNY株(第608回) »