今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「ドラゴン・タトゥーの女」と日本国債暴落説(第610回) | トップページ | 映画「アーティスト」と米国経済の復活とドル高(第612回) »

2012年2月25日 (土)

映画「TIME/タイム」と嶋中さんと円安ドル高(第611回)

映画「TIME/タイム」と嶋中さんと円安ドル高(第611回)

 アンドリュー・ニコル監督・脚本の近未来物は面白い。「トゥルーマン・ショー」「シモーヌ」「ガタカ」など。大人の鑑賞に堪える文明批判があり、今回の新作はベスト。一見をお勧めする。もうヒットしているが。

 近未来。寿命をコントロールできるようになり人類は25歳で成長停止。そこから等しく1年間寿命が与えられる。「通貨」はなくなり、代わりに「余命」をやり取りして経済活動している。

 スラム地区の住民は目が覚めると余命は24時間を切っているが、一方金持ち地区住民は1万年、10万年の無限の寿命。

 主人公は自殺志願の大富豪から100年以上の余命をもらい、そこから意外や意外の展開に。資本主義への根本的な疑問をこの映画は鋭く突いている。アクション・シーンも時間を賭けるポーカー・シーンも迫力満点だ。

 しばらく前のこのブログで、私は三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所長嶋中雄二さんの景気回復説に疑問を呈した。

 私は間違っていた。嶋中さんごめんなさい。あなたの主張通り、昨年11月が景気の底でした。2009年の時には中国がリード、今回は米国。世界の景気も同調して上昇。

 なんで私がシャッポを脱いだのか。やはり株式市場だ。NY市場でも東京市場でも勢いがある。とくにNYは公開ブームだし、東京は小型株の連騰が目立つ。売買高も増加中でこれは重要。

 しかし何と言っても市場を引っ張っているのは円安。電機株の総崩れは仕方ないが自動車株が息を吹き返した。外国人買いもこの10月で12000億円とヘッジファンド主体だが年金勢が続く流れだ。

 円安は通貨市場をリードしているヘッジファンドが「3年後に1ドル100円でドルを買う権利」を大量に買っている。目先でなく中長期の円安ドル高を予見した動きだ。

 これには日米ともに材料がある。日本の方は貿易収支の悪化と中期的な経常収支赤字転落懸念。一方米国はシェールガス革命だ。

 私はこのシェールガスの開発状況を4月に訪米して見てくるつもりだが、米国のエネルギー輸入が近い将来ゼロになるとすると、やはりドル高。つまり経常収支赤字が劇的に減る。

 一方円レートが市場取引される商品として行き過ぎていたことも指摘していい。だから円安ドル高。

 映画の中で、腕に仕込まれた時計の残り時間が秒ごとに減ってゆくのに似て、円高の時代は終わりつつあると考える。1ドル100円ではすまないのではないか。つれて輸出株の回復とともに株価も。

 もちろん、何かショックがあってドカン、というリスクは、このご時世だから23年に1回はある。しかしいったん上昇に転じると「懐疑の中で育ち」行く。恐ろしがるよりも、強気でモノゴトを見る方が良いのでは。

 映画のテーマは永遠の若さと不死の世界はユートピアではない、ということ。116年の生命を持つ富豪が自分の余命を主人公に渡して言う。「身体は元気でも、心が消耗してしまうこともある」。ニコル監督によると「人は身体と心が比例する形で歳を重ねる必要がある」。日本も貿易黒字で稼ぎ続ける方の経済から、次の段階に入りかけていると思う。

 

 お知らせがあります。このほど刊行された新刊本のご紹介です。

 「エコノ・センス」の磨き方―達人エコノミストのインタビュー集―

 金子雄一編集、秀和システム刊(1400円+税)

 10人のエコノミストが選ばれています(敬称略,肩書きは簡単に)。①上野泰也(みずほ証券)②嶋中雄二③宅森昭吉(三井住友アセット)④武者陵司⑤新家義貴(第一生命)⑥大守隆(東京都市大)⑦中原圭介(アセットベスト)⑧藻谷俊介(スフィンクスインベストメント)⑨金森久雄(日経研究センター)、そして私。

 現役の方々と大御所に交じってトップエコノミストのベストテンに入れていただいたことは光栄至極です。

 金子雄一さんという著者は日本経済新聞、日経研究センターに在籍、東京工業大教授、立教大学講師をつとめておられます。

 私の個性やモノの見方をよく理解していただいていますし、ほかの方々とのインタビューも面白い。どうぞご一読ください。

« 映画「ドラゴン・タトゥーの女」と日本国債暴落説(第610回) | トップページ | 映画「アーティスト」と米国経済の復活とドル高(第612回) »