今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「マーガレット・サッチャー」と海底資源大国日本の夢(第614回) | トップページ | 映画「ドライヴ」と不動産業の将来(第616回) »

2012年3月26日 (月)

映画「栄光への脱出」とイラン攻撃と原油高(第615回)

映画「栄光への脱出」とイラン攻撃・原油高(第615回)

 1961年公開の古い映画だが、イスラエル建国を画いた大作。昨今の情勢からDVDで。若き日のポール・ニューマンのカッコいいこと!共演はエヴァ・マリー・セイント。

 パレスチナは英国の委任統治領だったが1947年の国連総会で土地の57%をユダヤ国家、44%をアラブ国家のものとする決議が成立し、これを根拠に独立宣言。映画はこの時代をユダヤ人の立場から画く。

 英国によってキプロス島に拘留され、祖国を失っていたユダヤ人が団結して島を脱出して自分たちの国家を建設する。脚本は「スパルタカス」や、「ローマの休日」のダルトン・トランボ。自由への憧れを強く描けている。

 このところ米国とイスラエルが連合してイランを攻撃するのでは、という見方から原油が高い。3月上旬にオバマ大統領が「米国がイランの核兵器保有は許さない。米国大統領は嘘をつかない」と述べた。これでオバマ政権がイスラエルの立場に近づいたという見方が強まった。

 しかしこの談話を報じた「アトランティック」誌によると、この認識は少々違う。オバマ大統領の発言は「この3年間とってきた対イラン戦略は成功している」というもの。「イランに対して孤立させ国際社会に復帰する道を指し示した。また拒否すれば深刻な結果になることも。」

 また「イランは核兵器開発には踏み切っていない」とも。7月1日にEUがイラン原油の輸入禁止政策を発動させるという大きな圧力に期待しているように見える。

 3月5日のオバマ大統領とイスラエル首相との会談でも外交優先が説かれたらしい。

 2月に行われた世論調査でも「米国の支援なしでもイラン攻撃せよ。」19%「米国の支持であれば。」42%。「攻撃すべきでない」34%とイスラエル国民は慎重だ。

 一方イランの国内情勢も口では威勢のいいことを言っているが内情は一本化していない。

 3月上旬に実施された国会議員選挙で反大統領派が優勢でアフマディネジャド支持派が苦戦。ただ定数290のうち65議席は一定の得票率に達しなかったため4月末に再投票の予定だ。

 にもかかわらず原油輸送の大動脈のホルムズ海峡封鎖を言っているのは、どうせ米国は大統領選挙で軍事衝突は避けるはず、という読みからに違いない。

同時にイランはテヘラン郊外のパルチン軍事施設への査察を容認した。核協議再開も否定していない。和戦両方ニランだ、したたかな態勢だ。

 これでは原油価格高止まりも仕方あるまい。そうなれば日本にとって輸入が増大し貿易収支は赤字。何しろ原発が動いていないしエネルギー原料の高価格輸入はどうしようもない。やはり円安。84円までの駆け上がり方が激しかったので、80円近辺への反動円高はありうるだろうが、90円以上の円安ドル高になるだろう。時期は年内から明年にかけて。

映画のセリフから。英国の将軍が言う。「考えてみれば(アラブ人もユダヤ人も)おなじ人間だ。人種や宗教はその後に来るもの。まず人間であることに注目しなくては。」本当にそうだと思うのだが、どうして平和が維持されないのかとつくづく思う。

« 映画「マーガレット・サッチャー」と海底資源大国日本の夢(第614回) | トップページ | 映画「ドライヴ」と不動産業の将来(第616回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「マーガレット・サッチャー」と海底資源大国日本の夢(第614回) | トップページ | 映画「ドライヴ」と不動産業の将来(第616回) »