今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 映画「裏切りのサーカス」とギリシャのユーロ脱退(第623回) | トップページ | 映画「スパルタカス」と株価に見通し(第625回) »

2012年5月27日 (日)

映画「駅馬車」とヘッジフアンドの投資作戦(第624回)

映画「駅馬車」とヘッジファンドの投資作戦(第624回)

 1939年に製作されたジョン・フォードの西部劇。この年にこの名監督は「若き日のリンカーン」、「モホークの太鼓」「怒りの葡萄」の4本の名作を立て続けに作った。44歳の働き盛り。この年「風と共に去りぬ」にアカデミー賞はゴッソリさらわれたが、ほかの年に作られていたら―。

 それほどこの「駅馬車」は充実した内容の名作だ。9人の乗客がアリゾナ州のトント市からニューメキシコのローズバーグまで走るが、途中でアパッチに襲撃される。緊迫した状況の中で様々な人間模様が展開される。ラストは1対3の決闘と、人情味あふれる落ち。

 何といっても駅馬車が待ち伏せしていたアパッチの戦闘隊に追跡されて、全速力で逃げに逃げる。スピード感と迫力。日本で上映されたときある映画人が「どうですか、どうですか」と昂奮して連呼したとか。映画史に残る名シーンの連続と素晴らしいカメラの感覚!

 攻撃が始まる前、一番怖い場所を通りすぎて馬車の中はホッとした雰囲気。ところが実はアパッチは崖の上から見ており、よかった万歳といったときにウイスキー商人の胸にブスリと矢が刺さる。

 安心、と思った瞬間に危機が始まるというのはよくあること。逆もまた真、だ。危ない危ないといっているうちに事態がガラリとかわこともよくある。いまはギリシャに気を取られて株式市場は薄商いのままジリ安。3月末にくらべて18%下がった。一方日本国債の金利が下がり(債券価格は上昇)。円レートも対ドル79円台で止まっている。

 しかし、これはヘッジファンドが「リスク・オフ」つまり日、米、独などの国債を買い、「リスク・オン」の投資先、具体的には株、商品などを売っているため。

 いまユーロ先物売りは空前の17万4000枚に達し、これが何かキッカケがあれば買戻しに入ることは目に見えている。

 現在チキン・レースに立っているギリシャ離脱問題がカギだろう。

 6月17日の第二次総選挙の直前に「ユーロ共同債を検討する」という発言が出て騒ぎは収まるとみている。

 万が一、ということがあるからまだ不安感は収まっていないのだが、私はギリシャのユーロ離脱はあり得ないと考えている。ドイツ・メルケル首相はユーロ解体につながる事態は避けるとみているからだ。

 再びリスク・オンにヘッジファンドがギヤを入れ替えると「円売り、株買い、日本国債売り」に舞台はクルリと変わる。ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのジム・オニール会長がヘッジファンドの電話会議で昨年末に述べた戦略だ。

 円レートは85円近辺、株価は1万台の大台乗せ。このあたりまでアレレという間に変わるのではないか。

 何しろPERは11倍、PBRは0.89、どうみても株価は底値圏内だ。為替レートが流れが変われば(必ず変わると思うが)映画で騎兵隊がラッパとともに登場して駅馬車を救った場面のようになろう。

 映画のセリフから。トマス・ミッチェル演じる酔いどれ医師が、アパッチ襲撃の危険のある地域に駅馬車を進めさすかどうかの議論の中で前進を主張して言う。「わしは哲学者であり運命論者でもある。危険と死はどこにだってある。矢に当たらなくても、どうせ酒で死ぬさ。」いつでも不安が声高で叫ばれるときは、大体株価は底値だ。変化の基盤はもう出来上がっていると思う。

« 映画「裏切りのサーカス」とギリシャのユーロ脱退(第623回) | トップページ | 映画「スパルタカス」と株価に見通し(第625回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「裏切りのサーカス」とギリシャのユーロ脱退(第623回) | トップページ | 映画「スパルタカス」と株価に見通し(第625回) »