今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「ヘルタースケルター」と人工的金融緩和の行方(第632回) | トップページ | 映画「ダークナイト・ライジング」とQEⅢとNY株(第634回) »

2012年7月27日 (金)

映画「野望の系列」と米国大統領選挙(第633回)

映画「野望の系列」と米国大統領選挙(第633回)

 このブログの読者は、恐らく、この映画をどなたも見たことがないだろう。1962年公開のオットー・プレミンジャー監督の名作。日本ではアートシアターチェーンで65年公開。小林信彦さんがベスト100に選び「プレミンジャーの代表作」と高い評価しているので見たかった。先日WoWWoWで、やっとー。期待にたがわぬ力作だった。ズラリとそろった芸達者の演技も楽しい。

 病身の大統領が国務長官の候補にヘンリー・フォンダを指名したが、上院に彼じゃあ共産主義者だと反対する議員のチャールス・ロートンがいて、モメにモメる。原作はピュリッツアー賞を獲得したアレン・ドルーリーの「助言と同意」。米国の政界を表から裏から画いた作品だ。

 当時の劇場のパンフレットは充実していて、映画の脚本、映画評論家たちの批評、それにびっくりしたことに中曽根康弘・芸術議員連盟会長(当時)の感想まで。「面白い映画で見ごたえがある」首相公選制の主張も書いてある。65年だから47年も前だ。

映画がテーマにした米国の政治はいよいよ11月の大統領選挙に向けて最終段階に入った。

 7月下旬に行われた最新の世論調査ではオバマ46・4%、ロムニー44・7%の支持率。またイントレードという選挙の先物でもオバマ5ドル70セント対ロムニー4ドル10セントでともにオバマ有利だ。

 しかしここらが米国大統領選挙の面白いところで「州ごとの勝者総取り方式」が意外に微差ではあるがロムニー勝利のメが出始めている。説明しよう。

 もう、この州はこの党、と決まっている選挙運度不要州がいくつもある。民主党は14州182人の選挙人を固め、共和党は19州と州の数は多いが選挙人143人。大統領になるには270人を取ればいいからリクツ上は民主党が有利で、共和党が勝つときはいつも辛勝になる。

 「スィング・ステート」とか「トス・アップ」つまりコインを投げるように“読めない”州が勝負を決める。

 最近米国でこの“読めない”州が読める材料が出た。ウィスコンシン州の州知事リコール戦で米国政治史上初めて仕掛けられた知事が勝った。 仕掛けた地方公務員労働組合は7%という大差で負けた。各州で問題となっていた公務員への厚遇のし過ぎが、米国民の反感を買っていたことが明らかになった。

 選挙人でみるとウィスコンシンは10人に過ぎないが、トス・アップのフロリダ(29人)、ペンシルバニア(20人)、オハイオ(18人)がこれで共和党に有利になった。

 これに加えて伝統的に共和党有利だったが、前回はオバマが取った州がある。今回は極めて怪しい。ノースカロライナ(15人)、ヴァージニア(13人)、インディアナ(11人)。これら7州合わせて116人。前回選挙時より人口が増えて共和党の選挙人増加が14人あるので、合計273人。ロムニーが勝つ計算になる。

 伝統的に日本に厳しい民主党よりもロムニーの方が日本には有利、と考えていたが、6月15日ロムニー陣営のスポークスマンは「日本のTPP参加が米国経済に多大な恩恵があることは確信しているが、合意達成までの交渉と日本の解放市場へのアクセスの確保に時間がかかる。日本のTPP参加を現時点では支持していない」と。日本のTPP支持のオバマとの差を明確にするつもりなのだろうが、アレレという感じだ。

 映画のセリフから。自信のない副大統領が院内総務の上院議員に聞く。「わしは大統領になる資格があるだろうか?」「誰だって大統領になってから資格が出来てゆくのさ。」そんなものなんだろうなあ。映画では大統領の急死でこの副大統領が昇格する。

« 映画「ヘルタースケルター」と人工的金融緩和の行方(第632回) | トップページ | 映画「ダークナイト・ライジング」とQEⅢとNY株(第634回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ヘルタースケルター」と人工的金融緩和の行方(第632回) | トップページ | 映画「ダークナイト・ライジング」とQEⅢとNY株(第634回) »