今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「4,3,2,1」とヘッジファンド」と株買い時期(第635回) | トップページ | 映画「デンジャラス・ラン」と日中・日韓の衝突第637回) »

2012年8月14日 (火)

映画「トータル・リコール」と李明博と竹島(第636回)

映画「トータル・リコール」と李明博と竹島(第636回)

 ただ今ヒット中のSF映画。1990年のシュワちゃん主演ヒット作のリメーク。

 まず設定がすごい。2090年代の地球は化学兵器のために居住可能地は富裕層の暮らすブリタニアと、奴隷のような労働者の住むオーストラリアの二つ。この二つをつなぐ文字どうりグローバルなエレベーターが行き来して労働者は働かされる。

 この究極の較差社会が明示されている世界がこの映画の主張だ。主人公の労働者は金を払って日々のストレスから逃れるため、旅行の記憶を売るリコール社に行く、まさに記憶を楽しもうとしたその時に警察の襲撃を受ける。今回の主演コリン・ファレルは何と、幸せに暮らしていたはずの妻からも攻撃される。そして意外や意外の急展開。前作ほど面白くないが、まずまずの出来だ。

 この映画のあまりにひどい格差社会を見て私は韓国をすぐに思い出した。

 ごく一部の財閥系企業はたしかにいい。しかしあまりにもみじめな国民生活をちょっとー

 四大卒でも正社員になれるのは10%、アルバイト40%、無職が50%、アルバイトも時給250円。

 都市世帯二人の所得統計では最も所得の低い第10段階は月間約4万円。最高でも21万円。いくら物価が安くても、これでは生活は苦しい。

 法の定める最低賃金を受け取れずにいる労働者は222万人で、昨年8月比47万人増加した。

 年金制度は貧弱で平均月2万800円。しかも年金制度の確立は1988からで、現在65歳以上の韓国民は72%が年金を受け取れない。また二人に一人は貧困状態。

 韓国の自殺率はOECD国家で最高。全死亡原因のうち31%が自殺。

 韓国の大手銀行は預金保険公社が大株主のウリ銀行以外ほとんど100%外資。ついでに言うと外資の株式保有比率はサムスン60%、ポスコ58%、現代自動車49%、LG50%。韓国の大企業はもはや「韓国の企業」ではない。

 そこに住宅価格の暴落。5年前のピーク時比40%以上下がった。韓国の住宅保有者の10人のうち三人が、購入価格より時価が安い「ハウスプア」転落者だ。

こうなったら、李明博政権の掲げた「経済再建、雇用拡大」の2007年大統領選のスローガンを国民は失敗と見る。

 今や李明博大統領は四面楚歌。実兄の李相得前議員(日韓議員連盟前会長)や大統領秘書官など、政権中枢の一族や側近の多数が収賄で逮捕されている。

 去る7月2日の第19回国会開会式で大統領が入場したとき、与野党議員の誰もが起立せず、演説も拍手がなかった。大統領在任中は免責特権があるが、退任後はいろんな疑惑が追及され、歴代大統領がそうだったように、悲惨な末路が待っている。

 8月10日、李明博が韓国大統領として初めて竹島を訪問し、9月中に周辺の海で軍事演習を行う。明らかに対日敵視政策である。

 李政権は米韓関係を重視し北朝鮮との敵対をあおる国家戦略を取り、その一環として日本との関係を悪化させない姿勢を続けてきた。たとえ一部マスコミが竹島問題を騒いでも政府は乗らなかった。これが転換したとみられるのである。

 一部の事情通に聞くと、李明博の所属するセヌリ党の次期大統領候補の朴僅恵による国家戦略と関係する。恐らく対北朝鮮への敵視が協調への転換、どこか近くに「敵」をつくるには日本が便利、となったのだろう。現に「日本の国力が落ちたから」と李は説明している。

 「北」では実権を握る張成沢・金敬姫が、韓国との敵対維持を主張する軍部の最高位・李英稿参謀総長を更迭して中国式の経済自由化への意欲を示している。そうかも知れない。

 となると国際司法裁判所への提訴も恐らく受けず、対立姿勢を強化し続けるだろう。韓国進出企業への嫌がらせは増大、先日のインドでのスズキの工場のような事態も起こり得よう。その韓国に援助を与え続けてきた民主党政権は、お人好し過ぎた、と後悔することになりそうだ。

 映画のセリフから。主人公の仲間が言う。「みんな本当の自分を探し求めるが、本当の自分は現在でなく、実際は過去にある」。日本の歴史問題をタネにして、うまくいっていない政権が外に日本という「敵」を作った例はヤマほどある。気をつけないと。

« 映画「4,3,2,1」とヘッジファンド」と株買い時期(第635回) | トップページ | 映画「デンジャラス・ラン」と日中・日韓の衝突第637回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「4,3,2,1」とヘッジファンド」と株買い時期(第635回) | トップページ | 映画「デンジャラス・ラン」と日中・日韓の衝突第637回) »