今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「96時間 リベンジ」と「オバマ暴落の予兆(第647回) | トップページ | 映画「終の信託」と円高から円安・株高への転換(第649回) »

2012年10月31日 (水)

映画「アルゴ」と米国シェールガス革命(第648回)

映画「アルゴ」と米国シェールガス革命(第648回)

 ベン・アフレック監督主演というと前作「ザ・タウン」がヒットしたが、今回はもっと出来がいい。アカデミー賞ものではないかと思う。「事実に基づく」という注釈がなければとても信じられない奇想天外な物語。1979年、ホメイニ革命と呼ばれるイランで、当時追放された前国王パーレヴィが米国に亡命した。

 怒ったイランの暴徒が米国大使館を襲撃。52人の大使館員が人質となる。その混乱の中を6人が逃げ出し、近くのカナダ大使の私邸に。

 いずれ捕まって公開処刑される。米国務省はCIAに応援を求め、人質奪還のプロ、トニー(アフレック)が呼ばれる。偽の映画を企画し、6人をカナダの映画クルーに仕立てて出国させるという珍作戦の事務所を開きポスター、記者会見とシナリオの読み合わせ―。本物そっくりにプロジェクト開始。

 ここから先は一難去ってまた一難。次から次への難問が発生し、間一髪の連続。スリル満点の展開になる。

 私が驚いたのはこの救出作戦がすべてカナダの功績で、国務省もCIAもましてやトニーも全くカンケイないとされたこと。18年後クリントン大統領が秘密の公開を認めて明るみに出たこと。だから、こんな話は誰も知らなかった。何だかんだといっても、米国はフトコロの深い国だと思う。

 私がかねてから注目し、このブログでもたびたび取り上げているシェールガス革命。先日NHKのクローズアップ現代でも取り上げたし、秋田県鮎川ガス田でシェールオイル採掘成功のニュースもあって、身近になった実感がある。

 地下3000米の「頁岩(けつがん)」に含まれるシェールガス、シェールオイル、それに液化天然ガス(LNG)を安いコストで採取できるようになったのが、2007、8年ごろから。

 つまりこれまで確認されていた地下1000米ぐらいまでのエネルギー資源より、より広範囲にしかも多量の採掘が見込める。だから「革命」だ。

 私はこのシェールガス採掘技術の発見を「21世紀最大の革命」と2008年に初めて評価したダニエル・ヤーギン氏に先週末お会いするチャンスがあった。同氏は「石油の世紀」でピュリッツアー賞を受けたエネルギーの世界最高の権威。

 新著「探究」にサインをいただいた私は「革命とは技術の革命のことですか?」と聞いて「その通り!」と確認した。

 また「NHKの番組では水道の蛇口にライターを近づけたらボッと燃える画面が紹介された。あれはもう7,8年前のまだ怪しげな業者が開発していた時代のもの。今はエクソンとかシェブロンとは大手がやっているし、規則もはっきりしているので、環境問題は今後の『革命』の進展に重荷にならないのでは」とも聞いた。私のほしかった情報だ。

 国際エネルギー機関(EIA)による採掘可能資源量の推計値をとっても、前記したシェールガス資源の可能性の急拡大が読み取れる。左がシェールガス、右がシェールオイル。単位は兆立方フィートと億バレル。

     2006      83     -

     2007    126     37

     2008    125     37

     2009    267     37

     2010    347    297

     2011    827    315

     2012    482    332

  シェールガスの推計値が2012年に下方修正されているが、前半が楽観的過ぎた修正と見る。それでも6年前比6倍。シェールオイルも9倍だ。

 たびたび述べているように、この革命で①貿易赤字減少②財政収支改善③失業率低下などなどの効果が米国経済にもたらされる。日本にもドル高円安、エネルギー価格の低下などでメリットは少なくあるまい。

 映画のセリフから。トニーが言う。「誰が言ったか忘れたが、歴史は喜劇で始まり悲劇で終わる、とか。今回はその逆だろう」。私は中長期では楽観的だ。

« 映画「96時間 リベンジ」と「オバマ暴落の予兆(第647回) | トップページ | 映画「終の信託」と円高から円安・株高への転換(第649回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「96時間 リベンジ」と「オバマ暴落の予兆(第647回) | トップページ | 映画「終の信託」と円高から円安・株高への転換(第649回) »