今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 映画「のぼうの城」と財政の崖と円安株高(第652回) | トップページ | 映画「人生の特等席」と安倍脱デフレ政策(第654回) »

2012年11月30日 (金)

映画「カラスの親指」とデフレ脱却気運と安倍相場(第653回)

映画「カラスの親指」とデフレ脱却気運と安倍相場(第653回)

 まことに楽しく良くできたコン・映画で私は2回観た。始めの1回はストーリーを楽しむ、2回目はオチまで知っているのでお話しの展開を深く読め、細部や演技を観る。もちろん原作は読んだうえでだ。かつての「スティング」などの詐欺師物の秀作に並ぶと思う。一覧をお勧めする。後味がいいし私は好きだ。

 原作は直木賞作家道尾秀介のベストセラーで推理作家協会賞受賞作品。人生に敗れた二人の詐欺師タケさん(阿部寛)とテツのところに、突然美人の姉妹とその恋人三人が居候になって、そこに子猫のトサカが加わる。そこにタケさんの暗い過去が絡んで危険な目にさらされる。そこで5人協力してプロのサギ作戦が開始されて―。最後はさらに大きなドンデン返し、となる。

 この映画には5人の人生の底辺に生きるグループと、他人を食い物にして生きるヤクザまがいの貸金業者が出てくる。もちろん現実には後者の方がハバを利かせている。

 現実にもう何年も続いているデフレ=円高を脱却しなければ日本はどうにもならない。5人組が予想を上回るある作戦でワルをやっつけたような思い切った行動が必要だ。

 私は自民党安倍総裁の思い切った発言を好感している。「日銀法の改正も視野に大胆な金融緩和」「2~3%のインフレ目標の設定」などなど。民主党政権のアンチビジネスと日銀のデフレ容認にほとほと呆れていた私には、寒風の中で暖かい部屋に入ったような感覚だった。

 ところが、野田首相や白川総裁の反論も、一部大手マスコミの反応も見当違い。とくに安倍発言として伝えられた「日銀引き受け発言」は完全な誤報だ。そんなことは言っていない。あえていえば、もし日銀引き受けであっても法律的にも政策論から見ても問題ない。今年度の国債発行174兆円だが内建設国債は5兆円に過ぎない。

 安倍発言が為替市場で円安、つれて株高につながったのはご存じの通り。市場がこれだけ好感したのは「輪転機をぐるぐる回して」という発言が、映画と同じで思い切った作戦だったからだ。要するにデフレ脱却のためにマネー増発ことカギなのに、日銀が全く知らぬ顔をしていたのを、鋭く告発した。

 これに対して野田首相は「ハイパーインフレ」とか「インフレでトクをするのはお金持ちだけ」という経済オンチ。

 ハイパーインフレというのは50%以上の超インフレのこと。いまの日本のような需要不足経済でグローバル経済。そんなインフレが起きる状況じゃあない。

 総選挙に金融政策が一つのテーマになるのは空前の出来事でうれしく思う。

 ある人のブログによると、TV局に出演するエコノミストには「必ずハイパーインフレとか日銀の独立性について安倍発言は好ましくない、とコメントしろ」と圧力が来ているとか。冗談じゃない。せっかくデフレ脱却の機運が生まれかけているのだから、その芽を摘まないでほしい。

 映画のセリフから。娘のひとり、まひろが猫を殺されたり火がつけられていやがらせされて「もう我慢するのはイヤ。復讐しようよ」と、泣き、5人が一緒に「だまし」を考える。もうデフレと円高の悪循環に我慢するのはやめよう。

« 映画「のぼうの城」と財政の崖と円安株高(第652回) | トップページ | 映画「人生の特等席」と安倍脱デフレ政策(第654回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「のぼうの城」と財政の崖と円安株高(第652回) | トップページ | 映画「人生の特等席」と安倍脱デフレ政策(第654回) »