今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「レ・ミゼラブル」と第二次安倍内閣(第655回) | トップページ | 謹賀新年 »

2012年12月28日 (金)

映画「スカイフォール」と安倍内閣が重視する「市場」(第656回)

映画「スカイフォール」と安倍内閣が重視する「市場」(656)

 007シリーズ製作50周年記念作品で、只今世界で大ヒット中。アカデミー賞を99年に受賞したサム・メンデス監督らしく、ドラマとアクションがうまく組み合わさった秀作と思う。

 今回良かったのは「悪役」。ションー・コネリーもののオッド・ジョブやブロフェルド。ムーアものの鋼鉄の歯のジョーズに匹敵する。元ダブルオーのエージェントだが、M16から存在を抹消された男。これを「ノーカントリー」の殺し屋を演じたハビエル・バルデムが強烈な存在感を示した。

 しかし私のような老人はカッコよく美女を抱いてグラスを傾け、ボンドカーを乗り回すおしゃれな伊達男。巨悪と戦い世界的な危機を救う華麗なスパイが懐かしい。また原作イアン・フレミングの冷戦をバックにした西洋講談も楽しかった。新型兵器のアイデアも。

 映画でも英国情報局M16のチーフMが、議会の査問委員会で、大臣から責め立てられる。時代は変わっているーだから予算は出せない、と。Mは反論。「国内政治で国際問題でも必ず表面化できない秘密の部分があり、影として働く人間が必要です」。政治は理屈で動くものではない。選挙中に言っていたコワモテ発言を安倍内閣は早速修正した。「竹島の日」を政府主催で行うのは見送ったし、尖閣に政府から人を送る話もとりあえず様子見、らしい。賢明だと思う。向こうの方は構えているんだし。

 とりあえず急ぐべきなのは対米関係を、ハトがメチャメチャにしたのを修復することだ。このひともイラカンも、腹を切って国民に謝るべきだと思う。国損をもたらしたんだから。

 昨夜のWBSで小池百合子・自民党広報本部長はキャスターの「支持率62%」という調査に対し、「世論調査よりも、私どもは株価、為替など市場の動きを重視したい」と述べた。これは大賛成。

 景気指標の向上が始まり、庶民の街角景気実感が良くなった」となるには時間がかかる。

 それよりは市場。流石にワカっている。12月28日、日経平均は1万322円でフシ目の1万250円を抜いた。最近お会いした元野村の岡本博さんはトレンドを重視しているテクニカルアナリストの重鎮だが、以前からこの水準を抜くのが大切、と言っていた。1万600円近辺にはフシがあるが、これで1万2000円が見えて来た。

 為替も同日1ドル85円82銭。これだと10月最終週から続いてヤマのように積みあがった円売り玉は全部回転した。日経CNBCを見ていたら円安でハイパーインフレ、なんてバカなことを言っている自称専門家がいた。アホか。

 ハイパーインフレとは年率50%以上のメチャメチャ水準。このグローバル経済でモノがすぐ海外からくるご時勢に。何ということを言っている。私は某週刊誌の新年号に「1万2000円、1ドル95円」とした。

 株では、デフレと円高で儲かった業種、銘柄が下がり、逆にリフレと円安が浮かぶ業種、銘柄が上がる。だから日経平均は言い株を買った人の実感は1万5000円、6000円だろう。証券会社の営業マンに申しあげる。お客様の信頼を得るのに千載一遇のチャンスが、今、来ているのですゾ。今後の私のこのブログをよく見なさい!

 映画のセリフから。Mが言う。「古風なものは捨てがたいものなのよ。」塩漬けにしていた株のポーロフォリオを見直す時が来た。

« 映画「レ・ミゼラブル」と第二次安倍内閣(第655回) | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「レ・ミゼラブル」と第二次安倍内閣(第655回) | トップページ | 謹賀新年 »