今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

アドセンス

  • 広告

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

映画「王になった男」とTPPと円安株高(第664回)

映画「王になった男」とTPP円安・株高(第664回)

 韓国で800万人を動員した歴史フィクション。秀吉の侵攻が終わった後の時代に実在した光海君が主人公で、暗殺の危機にさらされていた王は道化師を影武者とする。イ・ビョンホンが二役を演じたが、暴君の本者と心優しい偽物を演じ分けて、面白い作品になった。一見お勧めする。

 当時の官廷は西人派という政治閥が支配し、本物は有毒な食品で15日間身動きが取れない重態に。そこで忠臣が影武者起用する。

 当時重税と残虐な刑罰で人民は苦しんでいたが、廷臣たちは勢力争いと贈収賄で全くその苦しみは考えない。影武者ははじめおびえていたが、そのうち権力の凄さに着目して王命で善政を始める。

 たとえば「大同法」という税法。一律に現物納付だったのを米に換算。また土地面積に応じて税額を算定する。地主階級の負担は増え、庶民は減税になる。また当時の中国は明王朝だが朝鮮半島近くは後金が支配しており、この双方に中立政策を歴史上初めて採用する。これは史実。

 重臣側はそこで毒殺とクーデターを計画、さあ、どうするか。

 不人気だった前大統領への批判ともとれる「人民のための政治」をテーマにした映画で、韓国国民はさぞ溜飲を下げたことだろう。大ヒットした背景だ。

 さて、安倍首相がオバマ大統領との会談を終えて帰国した。TPPへの参加が決まり、アベノミクスへの支持を改めて取り付けた。晩餐会が開かれなかったことを問題視する向きもあるが、トップ間の信頼感の形成に成功することの方が重要だ。訪米は成果があった。トップの政治の役割は大切だ。

 TPP参加が、恐らくシェールガスの対日輸出解禁との引き換えだった―と私は想像する。それでも自民党内の抵抗派を押し切って交渉できるメリットは大きい。

 たまたま円安が95円のフシ目直前で一休みしている。95円がつくと効力を発揮するオプションがかなり分厚いのだろう。95円がTPPという好材料で抜ければ、相当な株高につながる。今週の動きは十分に期待できる。主力は自動車株。これは不変だ。先週、0・4%と足踏みしたが、押し目買いに徹したい。

 円の対ドルレートの目標値を、ヘッジファンドが100円においていることはこのブログで何回もご紹介した。恐らく次のフシは97,8円だろう。そのあたりの日経平均は1万2000円を超えているものと想定している。

 日銀総裁人事も報道されている黒田東彦氏ならアベノミクス推進派で好感されるだろう。「通貨マフィア」で国際的にも名が売れているし。

 あまりにもわかりやすい上昇材料ばかりなの逆に気になる。

 ああそれなのに、である日本の銀行、信託銀行、損保皆売り越しが続き、信用取引と外国人の買いでの上昇が続いている。何というヘタな相場担当だろう!しかし信用買いは回転しているし外国人も千週連続買い超し14週。まだ上値を追う形だ。

 私は、曲り屋の「日本の機関投資家が買いに転じるまで、この上げは止まらないと考えている。で云っているのではない。経験から申し上げている。

映画のセリフから。偽物はいう。「国民のほうが、お前たち大臣のいう格式や前例より、ずっと、何倍も大切なのだぞ。わからないのか。」いい言葉じゃあないか。

 

2013年2月17日 (日)

映画「テッド」と私の驚いた情報(第663回)

映画「テッド」と私の驚いた情報(第663回)

 もう何週間も興行収入のトップを独走しているうえ、私の孫も話題にする始末。早速見たがまあ何ともコメントしがたいおバカ映画で、下ネタやオナラまでギャグに入れて面白がらせる。あきれ果てたが、感じるところもあった。

 それはこの映画のストーリー。幼いころにプレゼントしてもらったテディベアの人形に魂がこもり、なんとしゃべりだす。ここまではディズニーものの「星に願いをー」の歌の通りだが、傑作なのはこのテディベアも主人公も、そのまま年を取って駄目な中年男になる―という何とも皮肉な設定である。

 誰もが驚く奇跡も、時間が経過してしまうと効果が消えてしまう。テディベアも何とドラッグをやって警察沙汰になるというオハナシになっている。

 私が円安株高を主張し、1ドル100円(現実には97~8円)ぐらいまでは弱気は無用、としてきたのは、このブログの読者ならご存知だろう。この立場というか考えは、少しもかわらないが、どこかでやってくる「一休み」をご心配になる向きが増えているらしい。そうしたご質問がある。

 それはそうだろう。ジム・オニール氏の「円売り、日本株買い」の昨年11月の推奨に従ってまず出動したのはヘッジファンドだった。

 その結果、例えばジョージ・ソロス氏は10億ドルという巨大な利益を手にした(ウオール・ストリート・ジャーナル2月15日).ソロス氏のこの利益は92年の英ポンド売りに匹敵する。

 同時にソロス・ファンドの10%は日本株、とも伝えられた。日本株ETFの「シェアーズMSCIジャパン」中心らしい。こっちは中長期だろう。

 となると心配性の人は「ソロス氏はいつ円売りの大量玉を手じまうのか」となる。市場筋に与えるインパクトは大きいからだ。」」恐らく売りのコストは81~2円だろうからまだ買戻しには入るまい。97~8円だろう。しかし買い戻し、米国株に向かう可能性がある。

 というのは、ある未確認の新情報がNY株式市場にあるからだ。

 それは米国東海岸のジョージア州沖に埋蔵量147兆バーレルの巨大海底油田が発見された、という情報。まだ新聞には一行も出ていないし、大手新聞の上の方に聞いても「聞いていない」。

 シェールガスだけでも「2015年には米国は世界一の産油国になる」。そこにサウジ並みの巨大油田となれば、ドル高株高は必至。

 いまNYダウは1万3700~800ドルで、2007年10月の1万4198ドルの高値直前でモンでいる。ここを抜くとNYダウは2,3年で2万ドルかそれ以上に行く。

 となると、いま日本に投資しているヘッジファンドは、アベノミクスの進展次第では本国に回帰してしまうかもしれない。

 幸い懸念されていたG20はうまく切り抜けた。またジム・オニール氏の「来る2年間で1ドル100~120円」という目標値もキイている。少なくとも参院選まで本国回帰はあるまい。だが、いつかは売りに転じる可能性は否定できない。

 このブログでは映画のことを書いているから25日のアカデミー賞について一言。「インドレード」というバクチでは「アルゴ」が80セントでダントツ。2位は「リンカーン」で12セント、第三位は「世界に一つのプレイブック」、第4位「レ・ミゼラブル」、第5位「ライフ・オブ・バイ」で3位から5位は1セント台。1ドルに近いほど「本命」ということだ。

 監督賞がステイーブン・スピルバーグ(リンカーン)できまりなので、「アルゴ」がおどりでたらしい。ここにある5本全部見たが、妥当な予想と思う。

2013年2月11日 (月)

映画「さよならドビュツシー」とこの相場の天井の時期(第662回)

映画「さよならドビュッシー」とこの相場の天井の時期(第662回)

 「このミステリーがすごい!大賞第8回受賞作の映画化。ようやく時間が出来て観たがなかなかの出来。特に主演の橋本愛が素晴らしい。

 主人公“あたし”は資産家を祖父に持つ16歳の少女。仲のいい従姉とピアノの練習に励む幸福な日々は屋敷の火事で終わりに。同居していた祖父と従姉は焼死し、自分も体表の34%を熱傷に。奇跡的に助かり、皮膚移植手術で何とか歩けるところまで回復する。

 満足に指も動かせないのに、どうしてもピアニストの道を目指さざるを得ない立場に追い込まれた“あたし”。そこでリハビリと練習が始まる。

 まあ原作の解説にある通り「音楽+スポ根+ミステリーのハイブリッド」。ピアノの先生で探偵役の清塚信也もなかなかいい。

 この映画で音楽シーンがヤマ場になっているように、アベノミクスを材料としたこの株式市場の上昇は「円安」。対ドル円レートが最も大切なポイントだ。

 為替市場の主導権を握るヘッジファンドが最も重視するストラテジストはゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのジム・オニール会長。BRICSの投資シナリオを創案し定着させた人だ。

 同氏は「来る24か月以内に1ドル100~120円」が目標で「円売り日本株買い」を最良の投資戦略としている(2012年12月26日レポート)。

 またその後円安誘導批判に対し、円は適正水準に対して依然割高だし、批判はおかしいと主張している(1月25日レポート)

 現にオニール氏の円安主張に乗って11月から円売りを行ったヘッジファンドは、売りコスト80~81円が大きく利が乗った。少しでも円が高くなるとすばやく円売りが行われる。

 まあ97-8円あたりまでゆくと、100円の大台変わり目、目前だけに、円安の流れは一時ストップし、株価も上げ足が止まる。そのあたりが、これまで買いそびれていた向きは出動するチャンスだろう。

 株価は甘利経財相が「3月の期末までに日経平均1万3000円を目指して頑張るぞという気概を示すことが大事」と9日に講演した。株価の具体的な水準を現職の経済閣僚が言及するのは異例だが、それだけ自信があるのだろう。この水準だと事業会社は金融機関に「38兆円の含み益が入る」とも同相は発言した。

 私は企業の決算は2014年3月期に劇的によくなると考える。もう株価が織り込んでいるのは今2013年3月期の利益ではない。年平均1ドル100円なら、リーマン以前の記録を超え、日経平均1万6000円でも不思議はない。自動車、銀行など人気の中心はまだまだ上値があろう。

 にもかかわらず、ああ、それなのに日本の投資家はこの上昇相場で売っている。

 12月1日現在で過去13週累積、単位兆円。

 信託銀行△1・55②個人△1・6の売り越し。

これに対し外国人投資家4・24の買い越しで、これが株価上昇を支えている。

これらは現物売買だが、信用取引の買い残は1・72兆の増加で大したことはない。一方、裁定買いは3・75兆の増加でこれも外国人だろう。二つ合わせてネットで4・86兆増だが2006,7年ごろには8兆を超えていたから、」まあ大した重荷になっていない。信用買いの評価は新記録の5・23%。

結論。今から日本株に出動しても十分に期待できる。狙いは自動車、銀行。

2013年2月 1日 (金)

ドラマ「夜行観覧車」といわゆる資産家と中国(第661回)

ドラマ「夜行観覧車」といわゆる資産家と中国(第661回)

 「夜行観覧車」は湊かなえの小説のドラマ化でTBSで金曜夜放映中だ。今週は「ストロベリーナイト」と「ライフ・オブ・パイ」を観たが前評判は良かったが私には日光の手前だったので。(日光

手前ってなんだ!イマイチ!お粗末でした!)

 湊かなえの作品の映画化は「告白」と「贖罪」がともに面白かったが、このドラマ化はあまりいい出来ではない。しかし超高級住宅地に一番小さい家を建てた普通の一家、という設定が何とも皮肉。夏木マリの演じるセレブの新参者へのいじめが一つのテーマになっている。このところニュースで騒いでいる資産家夫婦殺人事件との絡みで、書いてみたくなった。

 今回の日本の「資産家」のお寒いこと!実はある週刊誌から取材(ウチのことではありません。念の為)が来るはずだったが、その時答える予定だった内容を。

 海外での資産家の定義は①不労所得が年2億円②株式、債券、不動産などが10億円以上、の2条件。(米国FORBES誌による)

 これに加えて③精神的資産つまりキャリアや心の豊かさ④生活文化資産つまり楽器が演奏できたりスポーツもできる⑤人的資産つまりさまざまな人々とのつながりがある、などなどー。

 だからごくごく少数。米国でさえ425人、ドイツ55人、ロシア53人、インド36人、イギリス29人。お待たせしました日本は、たった24人で第6位。(2007年)。ちなみに中国は20人。

 森トラスト社長とか孫正義。

 もうひとつの「富裕層」英語でハイ・ネット・ワース・インディビデュアル(HNWI)はもう少し範囲が広い。居住用不動産、収集品、耐久消費財を除いて100万ドル(9100万円)以上の投資可能資産を持つ人。

 2012年10月のクレディ・スイス調べによると、米国1100万人、次いで日本358万人。

 3位フランス228万人、4位イギリス158万人、続いてドイツ146万人だ。今回の殺されたご夫婦は(ご冥福を祈ります)このカテゴリーだろう。

 中国が全然入っていないのは、おかしく思えるが、アングラの金が多く名義をヨソにしているからだろう。

 忘れるところだった。今回のテーマ。中国の国外逃亡ブーム。

 中国紙大紀元によると「個人資産が1億元(14億円)以上の『超富裕層では27%がすでに海外に移民し、47%が移民を計画中。また個人資産1千万元(1億4000万円)をもつ『富裕層』は6割弱が移民の手続きを完了している(北京理工大学)。

 なぜか!

 同紙にある研究所の報告書で「中国の未来に自信がないから」としている。

 3年前と比較して、中国経済に強い自信ると回答した企業は56%から25%に。

 「自信ない」と回答した企業は1%から9・4%に上昇した。

 またあるシンクタンクのトップは「第一八回共産党大会の開催に期待を寄せていた人は多かったが、現状は毛沢東時代に逆戻り」。「治安の悪さ」「幸福度の低さ」も。

 ヒラリー・クリントン前米国務長官も「高級官僚の80%、富裕層の90%が海外に移民したか移民を計画している。マトモな国家でそんなことがあるのか」とスピーチした(2011年4月ハーバード大学で)

 以上、私の言いたかったことは―。今年から来年にかけ、中国発で「何か」が起きる、ということだ。米国の方が政府債務の上限問題を3か月先延ばしして問題を回避したが。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »