今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 女性と2030と日銀と円安(第667回) | トップページ | 映画「キング・オブ・マンハッタンー危険な賭け」と米国の3D革命 »

2013年3月25日 (月)

オペラ「椿姫」とアメリカで考えたこと(第668回)

オペラ「椿姫」とアメリカで確認したこと(第668回)

 この原稿は帰国機内で執筆している。トラヴィアタ、つまり堕落した女という原題。1853年にヴェニスで初演された。ヴェルディの28ある歌劇の中で「アイーダ」や「リゴレット」「オテロ」と並んで最もポピュラーで、とくに」「乾杯の歌」はご存じだろう。名曲がズラリと並ぶ。

 原作はデュマ・フィス。高級娼婦のヴィオレッタに純朴な青年アルフレードが恋して、ついに自分のモノにする。そこに父が現れ、娘の縁談がこわれそうなので別れてくれ、と頼む。ヴィオレッタは自己犠牲を決意し心にもない愛想づかし。分かっていないアルフレードはヴィオレッタを侮辱して故郷に。その間に結核は進行し、死の床にあるヴィオレッタに、真相を知ったアルフレードが駆けつけるが、時遅しで死んでしまう。

 私は何回観たか分からないほどだが、今回3月18日ニューヨークのメトで観て涙が出た。主演のダムラウが良かったが、父親役のプラシド・ドミンゴが凄かった!もうアルフレード役をやっていた当時の高音は出ないのでバリトンで歌ったのだが、声量も声の質も驚くべき上々の出来。映画やTVでかつてのアイドルが、主人公の母親役になっているのを見て、その老け方に時間の残酷さを感じるものだが、ドミンゴは関係なし。節制と鍛錬を重ねている人だろう。いい年の取り方を感じた。これでなくっちゃ!

 夜会でヴィオレッタがアルフレードに椿の花を渡して「その花が枯れないうちにまたいらして」という。これが「椿姫」の由来だ。黒沢明の「椿三十郎」でも赤と白の椿の花がストーリーのヤマ場で使われた。ドラマのカギに、この豪華な花は良く似合う。ちなみに椿の花言葉は「誇り」。「何があってもリンとした容姿」「完璧な魅力」。なるほど。

 ところでこのブログでご紹介して、早速要望から反響があった「米国東海岸に巨大海底油田」というまさに完璧なオイシイ豪華な話。米国に来た目的の一つで、ある事情通の方に調べていただいた。名前は書かないがブログの愛読者でもあった。お礼を申し上げる。読んでくださいね。

 結論は「まだ本モノかどうかわからない」。つまり花は咲いていない、ということ。しかし、年後半には探査の方針がまとまり大反響がある、と見てもよさそうだ。

 オバマ政権は民主党なので環境保護には熱心だが、それでも1期目から油田、天然ガス電の資源開発を進めている。そこでかつては開発が禁止されていた東海岸のデラウエア州からフロリダ沖まで、現在は地下探査の段階。(ここで、私の推察では凄いことになる、という情報が流れたのだろう。)

 すでに環境重視派の議員8人から、地下探査そのものが海洋生物に悪影響を与える、という探査反対の手紙が1月に大統領あてに出されている。逆に言うと、もうすでに何らかの動きがある、ということだ。」」事情通は「年後半に探査結果はまとまる」と言っておられるのでそこから、ストーリーは急展開することになろう。

 

もうひとつ。私が2月に東洋経済の経済倶楽部で「シェールガス革命で復活するアメリカと日本」の講演を行ったとき、聴衆から「GEが水を使わないフラッキング採掘技術を開発したと聞いたが」という質問があった。私は「使わない」は信じられない、とお答えした。

 その後別の有力な経済倶楽部から講演依頼が2年ぶりにあり、最近のほかの方の講演録が送られてきた。その中に「GEが水を使わないシェールガス採掘技術を確立し、しかもそれを中国に供与する」と述べている部分があった。日本は米中の話し合いが進んでいるのにそんなことも知らないのか、という合意が感じられた。ははあん、この講演を聞いた方のご質問だったんだな。

 結論から言うと、これは間違いだった。GEは2010年に浄化した水をフラッキングに再利用することで水の使用量を減らせるという移動装置を開発したその時のプレスリリースに、利用が考えられる国として「中国」とか「インドネシア」などの国名が出て来るし、ビジネスウィーク誌の昨年11月29日号にもこの技術に言及した部分がある。最近の進展は公表されていない。少なくとも「水を使わない」はオーバーだ。

 

このほか、アベノミクスには米国は好意的で、例えばNY大のヌリエル・ルービニ教授は「円安・株高で日経平均は15~20%上昇の余地がある。」

ヘッジファンドの連中も日本株に強気でまだ当分売る気はない、なども。このほか、収穫大量に。犬も歩けば棒にあたる。やっぱり米国は来てこの目で見なくちゃあと感じた次第だ。

« 女性と2030と日銀と円安(第667回) | トップページ | 映画「キング・オブ・マンハッタンー危険な賭け」と米国の3D革命 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性と2030と日銀と円安(第667回) | トップページ | 映画「キング・オブ・マンハッタンー危険な賭け」と米国の3D革命 »