今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 映画「舟を編む」と中国経済に悪化(第672回) | トップページ | 映画「藁の楯わらのたて」とこの上げ相場の本質(第674回) »

2013年4月27日 (土)

映画「ジャッキー・コーガン」と円安効果(第673回)

映画「ジャッキー・コーガン」と円安効果(第673回)

 ブラッド・ピッド主演最新作。セクシーな二枚目がトシを取ると、かならず挑戦するのが殺し屋の役。ヒゲ面でコワそうな顔をつくり、銃で平然とと殺し屋を演じる。

 映画の舞台は2008年のニユーオルリーンズ。あのリーマン・ショックとオバマ当選がTVに映り、これがストーリーとダブる。これは強盗事件を扱ったクライムものだが、同時にギャンブルで支えられていた犯罪の経済危機、しかも管理体制の失敗を原因としている。

 原作は元地方検事ジョージ・ヒギンズの「killing them softly」。ロバータ・フラックの大ヒットの「やさしく歌って」のモジリ。なかなか面白い出来だ。ただし男性のみ。女性には残酷シーンがひどすぎるのでお勧めできない。

 今回のテーマを書く前に、」どうして外国映画でこんなに犯罪ものが多いのかなあと思って、犯罪発生率を比較してみた。

 2011年の数字だが、

(強盗事件)日本を一として

 米国 39・6、英国 43・1、独 20.4、仏 64.5

〈レイプ〉

 米国 28.8、英国 26.3、独 9.9、仏 17.2

〈殺人事件〉

 米国 5.7、英国 1.3、独 3・2、仏 3・5

人口10万人当たりの犯罪発生をみたもの。一番差のある強盗の件数だと

 日本 3673、米国 354396、英国 78155、独 48021、仏 121038

 文字通りケタ違いだ。テロ、誘拐、のほか、失業率が高止まりしたり貧富の格差が拡大しているのが背景だろう。私は講演で「日本の治安の良さをもっと認識すべきだ」と述べてきたが、改めて数字で見ると、こんなに差があるのか、と考えさせられた。

 本題に入ろう。まだ新聞、TVを見るとアベノミクス批判が数多く報道されている。やれ円安で燃料費が上がったのをどうする、とか、一時的なもの、とか、サラリーが上がっていない、とか。

 私に言わせれば、アホなことを言っている。まだアベノミクスが第一の矢。金融政策が決められたのが4月4日。それでサラリーが上がるはずがない。

 市場での反応をもっと重視すべきだ。特に円レート。

 これで急速に国際競争力を強化している産業、企業が続出している。

 ごく一例。造船。3月に日本が獲得した船舶は49隻、2月の5隻から急増した。円安の寄与だ。LNG運搬船はこれからシェールガス運搬で需要が増える。60~70隻とされる。三井造船、川崎重工、三菱重工が良くなるだろう。

 今治のタオル産業も3月頃から輸出が急増、超多忙とか。

 私は日銀黒田総裁の決意から見て2%の物価上昇は必ず達成されるとみているが、その場合、皆が見過ごしているのが「タンス預金」である。

 2012年12月末のタンス預金は86兆6533億円。前年比3・2%増。2008年当時30兆円の3倍近くだし、マネタリーベース130兆に比べても巨大な数字である。

 これが動き出してくる、と私は確信している。マスコミなもっと明るいニュースを報道すべきだ。

 映画のセリフから。ギャング団の連絡係が言う。「意思決定が出来ないのは、ウチの企業風土だ」。へえ、アメリカでもそうなんだ。ならばアベノミクスの決断の凄さをもっと評価しなくちゃ。

« 映画「舟を編む」と中国経済に悪化(第672回) | トップページ | 映画「藁の楯わらのたて」とこの上げ相場の本質(第674回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「舟を編む」と中国経済に悪化(第672回) | トップページ | 映画「藁の楯わらのたて」とこの上げ相場の本質(第674回) »