今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月28日 (金)

映画「二流小説家シリアリスト」と恐ろしいオハナシ(第682回)

映画「二流小説家シリアリスト」と恐ろしいおハナシ(第682回)

 原作は米国作家のミステリーの傑作で、「このミステリーがすごい」2012年海外編第1位で週刊文春ミステリーベスト10第1位、「ミステリーが読みたい!海外編第1位という初めての三冠王。ともかく面白く、完全に百戦錬磨の私が騙されしかも77歳の老人が途中で声を挙げて大笑いした。まあ読んでごらんなさい。

 これを上川隆也主演で日本映画にしたのだから面白いーはずだったが、残念ながら出来はイマイチだった。それでも原作に比べての話で、観客としては十分に楽しめる。

 主人公は売れない小説家、そこに世間を騒がせた連続殺人犯(シリアリストとはこの意味だ)で死刑が確定している男から、告白するから本を書いてほし、と執筆依頼が舞い込む。会いにゆくと犯人を主人公にした官能小説を書いてほしいといわれる。取材は死刑囚に届けられた熱狂的な信者の女性のファンレターから、とも。

 ところが小説家の行く先々で12年前の連続殺人と全く同じ手口で殺人事件が続発。刑務所にいる死刑囚が殺せるはずがない。何故か?

 

 このミステリー小説の傑作は最後の最後までこのなぞが解けないことはもちろんだが、主人公が各小節の一部が何回もそう入され、これがまた面白いパロディになっている。二重構造だ。

 

 金融の世界では二重構造は良くあり、かつての日本の不動産バブル崩壊の時には正規の銀行業はノンバンクを使って損失を小さく見せかけようとした。またあのリーマンショックの時にはサブプライムの損失が始めは100億ドル単位と思われていたのが、最終的にはケタがいくつも違う天文学的数字になった。

 今回は中国のシャドーバンキング。中国の世紀の銀行は規制が厳しいので、巨大なアングラ金融市場が出来上がっている。

 銀行預金の3%より高い10%前後の金利をつけた一種の債券(理財商品)を個人などに販売し、その資金を地方政府などに貸し付けてきた。クレディスイスによるとGDP比44%の22・8兆元(360兆円)と推計されているが実体は、不明だ。

 しかし、ここ数年間の中国のインフラ投資は地方政府が主力で、欧州系格付け会社フィッチによると地方政府債務の対GDP比は2007年の130%から2013年3月末に210%に急膨張している。フィッチは「金融の安定性へのリスクが高まっている」として中国国債の格付けを引き下げた。

 前後して有力欧米銀行が中国の銀行株を売却している。UBSやゴールドマンで、近く深刻な金融危機があると読んでのことだろう。

 またジョージ・ソロスは「中国のシャドーバンキングは米国のサブプライムの状況とよく似ている」と警告した。

 危機の兆候が具体化したのは先月、銀行間の短期金利が13%に急騰し、中堅の政府系銀行のチャイナ・エバーナイトが9・8億ドルのローンをデフォルトしたこと。「バロンズ」誌は「2008年3月にベア・マターンズが破たんしたときと同じ段階に来ている」と特集した。

 6月に入り巨大な資金の枯渇が生じている。フィッチによると6月末で1兆500億元(24兆円)の理財商品が満期を迎える。これが前記のインターバンク・レートの急上昇と関係があることは間違いない。

 いま世界の市場で「グレート・リクイディション(有力エコノミストのエド・ヤーディニ氏)」が発生している。米国の債券、株式市場に始まり、BRICSや新興国の通貨、株式、それに金を含めた商品まで下落基調。短期資金として滞留しているのは、リスクを恐れているのかもしれない。

 かねてから私は、中国の昨年7・7%とか7・8%成長はウソ。電力消費や鉄道貨物の輸送トン数から見て3~4%がせいぜい、とこのコラムでも書いてきた。

 また中国人はバブル崩壊の恐ろしさや痛みを知らない。

 私の英国人の友人が1991年に、当時の私の「何とかなるだろう」説に気の毒そうな顔をして「もっとペインフルなものなんだ」といったのを忘れない。

 どの先進国も経済問題では痛みを経験している。中国はどうこの問題に取り組むのだろうか。

 映画のセリフから。拘置所で死刑囚が主人公に言う。「オレはイメージ通りだった?」小説でも映画でも本当にコワーいのは、これから。

 それにしても株価はすべてを織り込むものだ。上海株は安値を付けては戻すが又前の安値を切る。弱い弱い相場つきで、一日二日戻ったから安心するというのはムシが良すぎるだろう。日本の方は先物売りの買い戻しで強い。2,3年先には2万円も、という目標は変えないが、まだまだ本気で強気にはなれない。

 

 

2013年6月23日 (日)

映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」と出口戦略と株価(第681回)

映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」と」出口戦略と株価(第681回)

 200年を超えるホワイトハウスの歴史上、テロリストに制圧されたことは一度もないし、破壊もされてもいない。まあTVドラマ「24-TWENTY FOUR」のシーズン7ぐらい。

 ところが今年はこの「エンド・オブ・ホワイトハウス」と「ホワイトハウス・ダウン」と2本も。ハリウッドの大手2社が、面白いしタイムリーな企画とした。ボストンマラソンの事件もあって米国本土内でのテロが、このテのお話を現実にもありうるリスクにした。

 今回のジェラルド・バトラー製作・主演はアクション映画としてなかなかの出来。私は朝鮮人テロリストが第7艦隊の撤退を要求し、その時に日本海のことを「SEA OF JAPAN」といったのがとくに面白かったが。

 不可能のはずのホワイトハウス襲撃がわずか13分で成功したように、バーナンキ連銀議長は「出口戦略」のスケジュールを公表した。

 恐らく米FRBは米国債10年物つまり長期金利を、自分で充分コントロールできると確信しているのだろう。私は6月17日付の前回で、出口戦略の可能性はないと読んだが、間違いだった。ゴメンナサイ。そんなムチャなことはしない、と思っていたのだが。

 というのは米国10年物国債の金利は、出口発言前2%割れだったが、発表後2%台央まで急伸し、株価は二日間でNYダウは500ドルを超える暴落。だから言ったのに。

 誰がどう見たって、米国経済が正常化したら、米国10年もの国債の利回りは2007年ごろの5%。まあ少なくとも4%まで、上昇してゆく。そうなれば、まずジャンク債が解約続出で金利は急騰、債券市場全般にパニックがひろまる。金利上昇は価格暴落。

 当然ながら、このパニックは株式市場の大幅下落を引き起こす。現に、FRBが何かすごい手を打たなければ、債券と株式の価格下落の悪循環は当分、続く。

 私はこの金融パニックが、金価格の下げにまでつながったことに注目している。オンス当たり価格は4月の1300ドル台を切って新安値に。換金売りが出始めている。

 結論。NYダウの5月22日の1万5542ドルはここ何年間かの高値、つまり天井だろう。長期金利上昇が続く限り、株価は下げる。

 日本の方は早めに下げ、しかも大量の先物売りがその原因だったので、もう値幅の方は下値に届いていると思う。いずれ先物売りは買い戻しに入るし、円レートの方も米国の金利上昇は、ドル高の材料になる。

 それでもバーナンキがQEⅢをやめなければならなかったのは、なぜか。

 やめるべきという連銀理事たちの主張は次の通り。「QEはよりドルの過剰発行はひどい。しかも債券の買い支えは最終的に市場とFRBそのものを破壊してしまう。FRBとドルと米国債の信用維持にはQEによる買い入れをやめるべきだ。」

 だからこそ、格付け会社が米国国債を格上げしても、市場は全く反応しなかった。この夏は、何回か前に述べたとおり、私は慎重だ。

 映画では、犯人が米第7艦隊の撤退要求し、それを受けた中印露が非常事態宣言する。米国の騒ぎは世界に伝播する。ただ映画に日本は出てこないが。

2013年6月17日 (月)

映画「華麗なるギャツビー」とFRBの出口戦略(だい680回)

映画「華麗なるギャッツビー」とFRBの出口戦略(第680回)

 村上春樹訳で知られるフィッツジェラルドの名作の5回目の映画化。私はロバート・レッドフォード主演のを見たが、共演のミア・ファローがミスキャストで印象が薄い。今回はレオナルド・ディカプリオとキャリー・マリガン、それに語り手がとビー・マグアィアという適役。3Dで見たが、バズ・ラーマン監督の腕がいいので、今回が決定版になりそうだ。

 時代は1922年。NYの近くのお屋敷町で超豪華なパーティを連夜開くナゾの男がギャッツビー。お隣に住む作家志望の男ニックはなぜか気に入られる。

 パーティには、ギャッツビーがかつての恋人で今は人妻のディジーに、再会したいためだった。

ナゾの男ギャッツビーも、証券マンのニックも当時の大投資熱に乗っている。ギャッツビーは密造酒に絡んで儲けている。

入り組んだ長いお話しだが、主演ディカプリオの「華」で、みせる。

 

 都会暮らしの退廃的な表面と、生まれ育った田舎町の道徳的価値観のギャップで、ギャッツビーは結局ディジーを失う。私は現在の世界中を揺るがしている米国金融緩和の「出口論」で、このギャップを感じた。

 

 今週、6月18,19日の連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、バーナンキ議長がどんな話をするかに世界中が、カタズをのんでいる。

 ある調査会社のレポートでは、全米のエコノミストの35%が、来る9月から「出口戦略」開始と見ているとか。早すぎるのでは。

 QEⅢ縮小説の火元となったバーナンキ議長の5月の発言は、市場が勝手に過剰反応しただけ。FRBが目標としている失業率6・5%にはまだまだ。米国景気は消費堅調だが生産活動は鈍く、インフレの兆候も全くない。ちょっと考えれば、出口戦略はあり得ない。

 また現在月間850億ドルの国債や住宅ローン債券の買い入れ規模が縮小されても、金融緩和はまだ続く。またゼロ金利解除は、ぐんと先だろう。

 

 先日若林栄四氏のセミナーに出たら面白いことを言っておられた。

 「要するに出口戦略は、これまで誰もやったことがない。一昔前は、コンピュータの2000年問題というのが騒がれ、やれ飛行機が墜落するゾとかミサイルが誤発射されるとか、ハルマゲドン説がまかり通った。だから現実に出口戦略が完了して、やはり何もなかったとわかるまで、市場は過剰に反応する」うーん、うまい例を引かれたと思う。

 

 私はもうひとつ。QEⅠからⅢまでの責任者のバーナンキ議長が来年1月で恐らく退任。その後のイエレン副議長がうまくやるかどうかに不安感のもとがあると考えている。この女性は大変な秀才らしいし、学者だが実務経験に乏しい。バーナンキ議長よりも慎重派らしいのが救いだが。

 結論。FOMCの直後の記者会見で、再び5月下旬のような市場へのショックは99%、ない。株式市場は好感するだろう。

 ただし、円レートはひところヘッジファンドが持っていた「円安・日本株買い」の巻き戻しがまだ行われている。株よりも為替の方が動きが遅い。1ドル93円とか91円とかがチャート上は見える。

 しかし中長期では再び1ドル100円以上、恐らく110円の円安ドル高になり、株価もひところのスピード違反の修正がすみ、もう値幅は十分であとは日柄だけ。巻き戻しの後どこかで再び「円安・日本株買い」のシナリオが復活するだろう。

 

 映画のセリフから。ギャッツビーは言う。「過去はやはりやり直せるんだ」。ジム・オニールのシナリオは、5月23日で終わってしまったわけではない。

2013年6月 8日 (土)

プレスリー「ハートブレイク・ホテル」と相場の行く末(第679回)

プレスリー「ハートブレイク・ホテル」と相場の行く末(第679回)

 先日TBSのBSで「ハートブレイク・ホテル」を“永遠の名曲”として2時間にわたって特集していた。1956年にこの曲がラジオから流れて来た時の、ぞくぞくするような、スリリングで高揚した気分を思い出した。

 実は私はプレスリーと同じ1935年生まれ。向こうは1月、私は8月だから彼の方が兄貴だが。死んだのは1977年42歳だったからずいぶん早死にした。

 生まれがミシシッピの黒人の町で黒人音楽のリズムが身についていて、「白人でいて黒人の歌がうたえる男」を探していたスカウトの目に止まった。

 「ハートブレイク・ホテル」はRCAが当時としては大金を払ってスカウトした第1作。ミリオンセラーになりエルヴィスの名を全米に広めた。

 すぐ「ハウンド・ドッグ」「冷たくしないで」「監獄ロック」などの1000万枚(!)の超大ヒットを連発。ああ懐かしいなあ。映画27本に主演したが「ブルーハワイ」がいい曲が多くて、私は好きだ。

 60年代、ビートルズが登場しスターの座からころげ落ちかけるが、69年にラスベガスでショーに出演、世界一のエンターティナーとして復活する。そして死ぬまでスターだった。

 エルヴィス以前のアメリカのホップスつまり流行歌は「テネシーワルツ」や「プリテンド」と全く違う。「ハートブレイク・ホテル」が時代を変えた。

 これと同じで、株式の長期上昇相場は①金融相場②業績相場で変わる。一番勢いのいいのが①でしかも業績好転、それも大幅好転が確実視され、しかも流動性がジャブジャブな場合、である。

 昨年11月13日、解散直前の日経平均は8661円、円レートは79円20銭。また去る2月には甘利大臣は年末の株価を1万3000円としていた。当時でも9000円台。

 それが5月23日に1万5970円台、円レートは5月22日の103・1円。

 これが①スピード違反②米FRBバーナンキ議長のQEⅢの債券購入額減額つまり出口戦略の不安③ヘッジファンドの決算による大量先物売り④超高速売買、などが重なった。これで年内の高値は終わりになった、と私は見ている。

 円レートは先週、5月28日のシカゴ市場の取り組みを見て楽観論を述べた。私は楽観的過ぎた。すみません。

 しかし、中長期の円安ドル高は間違いない。日銀の金融緩和は本物だし、シェールガス革命によるドル高もある。ジム・オニールの言う「2年以内に100~120円」のシナリオは生きている。

 瞬間1ドル90円ぐらいはあるだろうが来年には、また円安へ。

 株価?1万2000円台なら下値は調整幅として十分。先週東京に来ていたジョージ・ソロスがウオール・ストリート・ジャーナルに「日本株をまた買う」と述べた。もう下げ余地はない。

 ただし、1万5000円台の真ん中はメチャメチャに重い。また金融相場から業績相場への移行期はまあ半年はかかる。年内は1万2000円と1万5500円の間。

 ちなみに。株価が下がったからアベノミクスは失敗というバカナマスコミが必ず出る。

 金融緩和の効果が出るのは「速くて半年、ふつう1年半」が経済学の常識だ。4月から黒田日銀がスタートしたのだから、本格的に好影響が出るのは来年の10月だ。

 じゃあ何を買うか。まず金。オンス1320ドル近辺でダブル底だし相場の名人マーク・ファーバー―氏が金推奨。またアベノミクス成長戦略に乗った銘柄で外国機関投資家が発行済み株式数の5%以上を買ったものがいい。

 たとえば長寿健康社会。みらかHD(証券コード4544)、CANBUS(45573),BML(4694),J・TEC(7774)、栄研化学(4594)。

 フィデリティ、JPモルガン、キャピタルインターナショナル、ビルゲイツ・ファウンデーションがよーく調べて買った。2~3年すると大化けしそう。

2013年6月 2日 (日)

映画「オブリビオン」とアベノミクス相場の行方(第678回)

映画「オブリビオン」とアベノミクス相場の前途(第678回)

 「オブリビオン」は“忘却”のこと。SF映画では秀作と思う。ストーリーもよくできているし、細部の仕上がりもいい。主演のトム・クルーズも助演の女優二人も巧い。

 時代は2077年。侵略者が月を破壊し地球も廃墟になったという設定。天上に浮かぶ監視員をつとめる男女二人は、まだ地上に多少残存する侵略者を探索し、時に戦闘する。このパトロール機がカッコいい。

 主人公ジャックは毎晩ある夢を見る。そこに打ち上げられていた宇宙船が着地、夢の中の女性が現れ知らない筈の自分の名前を呼ぶ。そこいらから物語はガラリと変わり、意外や意外の展開に。

 この映画のテーマは自己犠牲。ローマ時代の詩人ホラティウスの言葉「苦境にあって祖先と故郷のために死ぬことは名誉」が何回も引用される。廃墟の中でジャックが手にする本(「二都物語」「ローマ時代の古詩」)も自己犠牲を暗示している。

 

 私は先週のこのコラムで「私は慎重だ」と述べた。5月23日のあの大幅下落の後、まだ下値があると考えたからだ。予想は正しかった。私がこの原稿を書いている6月2日現在、前週末5月31日のNYダウは208ドル安。週明けの東京株式市場にも、いい材料であるはずがない。

 私は日経平均を引き上げる時にむりして買い上げられたファーストリテイリングの下げに注目している。私はこの銘柄は円高デフレのおかげをこうむっていたので、円安リフレになったら不利益になるはずと考えている。同社の株価が上がったのはヘッジファンドがある目標まで日経平均を引き上げるため。5月23日以降の株価が大きく下がり、信用取引の追証がそろそろ。

 まるで映画の「忘却」で、主人公の記憶がなくされてしまったよう。上げる時のリクツがもともとオカしかったのだから仕方ないが。

 私はあの5月23日の大幅下落は、1日3~4兆円の取引量の市場に6兆円(40万枚!×1500万円)の大量の先物売りが出たせいと考える。

 先物の売りは必ず買い戻す。その前にヘッジファンドは安値でたたいてそこで買い戻しに入る。今がその段階と見る。

 円安ドル高の流れが変わってしまっていたなら下げ相場。しかし6月1日に発表された5月28日のシカゴ通貨先物取引の残高は前週21日に比べてほとんど円売り越し残高は変わらなかった。

 6月第2金曜日(14日)には買い戻しがある(全部ではないが)と思うので、安値はせいぜい1万3000円台の下の方、悪くても1万3000円を少し割るくらい、と想定している。

 ただし、1万6000円近辺を抜くのは大変だろう。

 まず、債券市場の10年もの国債金利が4月3日(黒田日銀の直前)の0・555%が5月23日に瞬間1%がついてしまった。現在は0・8%だが、この1%は例のカイル・バスとその同調者がオプションで収益が上がる水準。ここ3~4年日本崩壊説を言い続けて大損してきたカイル・バスが、初めて儲かった。このツケは大きいのでは。

 またアベノミクスの第三の矢「成長戦略」も6月1日の読売新聞の記事(要旨を含む)では、私の見方では日光の手前、イマイチだ。がっかりして売るヘッジファンドのマネジャーは多いと思う。明らかに既存の権益擁護派のカベを抜けなかった内容だ。

 幸い、私が本命と信じている自動車、金融も一緒に下げてくれたので、買いチャンスが生まれた。今週でなく来週かそこらに押し目買いを。

映画のセリフから。ジャック(主人公)の妻が言う。「一緒に年を取って少し今より肥って、あなたは少々飲みすぎて、そして死ぬのよ。でも愛は変わらないの。」相場には流れがある。私は長期上昇相場と見るので、去る5月23日と何週間かの下げは、ちょうどいい休みになったのでは。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »