今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

アドセンス

  • 広告

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月24日 (土)

映画「少年H」と北朝鮮のミサイル(第690回)

映画「少年H」と北朝鮮のミサイル(第690回)

 降旗康男監督のモスクワ映画祭特別作品賞を獲得した佳作。妹尾河童のミリオンセラーを映画化し主演は水谷豊と伊藤蘭、子役が実に巧い。

 昭和16年の神戸。洋服の仕立て屋でクリスチャンの夫婦と主人公の肇と妹の佳子。次第にあの戦争に時代が変わってゆき、協会の宣教師だった米国夫人の絵ハガキだけでスパイと疑われ父は拷問される。絵が好きな肇は頭文字のHをセーターに刺繍しているので「少年H」。

 この映画は世の中が激流に巻き込まれていく中で、Hの父親だけは自分の目でモノを見、それを自分の言葉で息子に伝える。その姿勢がテーマになっている。

 同時に子供の田舎への疎開、焼夷弾での市街の大火災―。私は思わず引き込まれてこの映画を見た。泣きながら駅で親と別れる幼い子、あれは、私だ。つらい思い出しかない。

 

 戦前の軍人が威張っていた日本、今の「先軍思想」の北朝鮮、それにエジプトとかパキスタンを連想する。

 私は10年以上前だが北朝鮮のピョンヤンに行ったことがある。アントニオ猪木のプロレスに絡んでTV東京の人たちと一緒だった。

 街で見かけた子供たちの集団登校の時に合唱している歌を通訳に聞いたら「今日も生活できるのは兵隊さんのおかげです」という内容で、へええと思ったものだ。まるっきり同じじゃないか。

 

 最近もう誰もいわなくなったが、つい5か月前、やれ核実験だのミサイルだのと北朝鮮が、何をするか分からない国として騒がれていた。夕刊紙などは、いつ東京にミサイルが来るか分からない、と危機をあおったものだ。

 

 私は講演会で、そんなことはない、と主張した。

 北朝鮮は危機を演出し、緊張をエスカレートさせて見せる。その後、かつての状態に復帰するのを条件に援助と譲歩を引き出す。これがいつもの行動パターンだ。

 

 また金正恩はスイスのインターナショナルスクールでドイツ語で教育を受けている。ドイツの新聞によると「中国のような共産党支配下での経済自由化」のため、ドイツ人の専門家が何人も呼ばれ、昨年末に1か月以上長期滞在している。今年末か明年早々に経済改革が発表される、とドイツ誌シュピーゲルは報じている。

 

 さらに4月に朴奉珠(パク・ポンジュ)を首相に登用した。朴は10年前にも市場経済への改革を推進した男で2006年の反改革派台頭で失脚したが、金正恩が再び首相にさせた。

 

 今週、韓国の有力紙東亜日報は「4月に北朝鮮問題に詳しい専門家5人(三人は米国人、ロシア、韓国も)をよんでオバマ大統領が今後の対策について会合した」と報じた。

 そのロシアの専門家アンドレイ・ランコフ教授の意見も含めフォーリン・アフェアーズ誌は「中国鄧小平が1970年代に米国から体制の安全について保証を得てから経済改革に着手した前例を、北朝鮮はならおうとしている」と書いている。(延世大学教授ジョン・デルーリー)。

 

 もしウラでオバマ大統領が何らかの保証をしていたら(してないと思うが)、北朝鮮は近く急激な転換を見せるだろう。8月になって4月のワシントンでの会合を報じた東亜日報は、あるいは何か意味があるのかもしれない。

 

 映画に話を戻そう。神戸の空襲は昭和20年3月17日、私の生まれた東京江東区深川が焼け野原になった大空襲は3月10日だった。非戦闘員が何十万人も焼け死んだ。

 

 私は新潟に疎開していたが、私の父母と姉妹三人は清澄庭園の池に飛び込んで死なずにすんだ。しかし私のクラスメートで一夜でみなしごになった友人は何人もいた。農家に養子になった。栄養失調で死んだ友人もいる。私も左足が右より細い状態が大きくなるまで続いた。もちろん食料不足のためだ。戦争は弱者をいじめる。北朝鮮の子供はどうなんだろうか。

2013年8月18日 (日)

映画「そして父になる」と中国、尖閣(第689回)

映画「そして父になる」と中国、尖閣(第689回)

 9月公開だが試写会で観て感動したので。先日のカンヌ国際映画祭で銅メダルにあたる審査員賞を獲得した。恐らく今年のベスト10上位に入るだろう秀作だ。是枝裕和監督。主演福山雅治。公開されたらまた観たい。隣席の女性二人は後半ワンワン泣いていた。

 

 主人公は大手建設会社に勤めるエリートだがある日、産院からの電話で、6歳になる息子が取り違えられた他人の子だと判明する。相手は群馬の小さな電器店で、都心の超高級マンションに住む主人公と全く違う環境。

 過去の取り違え事件では100%血のつながりを取るといわれて、ついに“交換“が決まる。そこから主人公の本当の父親としての葛藤が始まる。

 映画では主人公が「あまりにエリートなので」嫉妬した看護師がわざと赤ちゃんを取り違えたのが原因になる。告白したのが6年後なので時効。無罪になる。

8月16日人民日報はほぼ一面を使って「尖閣諸島だけでなく沖縄も日本の領土ではない」と主張。「ウソでも1000回言えば本当になる」という言葉が中国にはあるそうで、臆面もなく虚偽の主張をしている。映画の看護師のようだ。

 思い出すのは8月13日付ウオールストリートジャーナルの記事だ。

 次期駐日大使に内定しているキャロライン・ケネディ氏への助言である。今後数年は日本が転換期で安倍政権による改革とデフレからの脱出などを十分理解しなければならない。

 とくに「ケネディ氏の任期中に日中間で何らかの軍事的衝突がみられる可能性が危険なほど高い」。中国側の脅し戦術はエスカレートしており、米国の軍事予算が減少し続ける中で中国は日米関係に探りを入れている。この「任期中」と見ているところが、いかにもコワい。

 その意味では7月末に米国上院が尖閣問題について「日本の施政権が及んでいる地域に中国が脅威を与えることに反対」の決議をしてくれた。日本外交の大成功だろうが、なぜかあまりマスコミは注目していない。

 それでも私が心配しているのは、習金平が軍を抑えきれていないことだ。

 私が中国情報で別格の信用をおく宮崎正弘さんがメルマガで最近次のように述べている。

 中国経済は多分現実には成長率は3%を切っている。

 中国のバブル崩壊はすでに始まっている。潰れかけのデベロッパーから大企業では、今までは高利回りの「理財商品」でカネを集めて不動産投資をやっていたのが破たんした。

 習近平は軍を抑えきれずにいる。

「中国はエジプトやパキスタンのような、軍の同意なしではどうにもならない国になりつつある。」

 「たとえば民主化を要求する政略に騒ぎを起こす。押さえ込むための軍隊がそのまま権力を握る。その可能性が一番高いのでは。」

 

 私はこう思う。独裁権を持つ政党が国難に直面したら、外国に敵をつくって何とか国をまとめようとする。歴史上いくらでも例がある。中国が敵を求めるなら、それは日本だ。うっかり安倍さんは首脳会談を求めない方がいい。中国の政治の中身が変わりつつあることに、もっともっと注意すべきだ。

 イマイ先生、一体いつものマーケット論、経済論はどこへ行ったの?と聞かれそうだ。私はこの8,9月はNYも日本も株はダメと思っているので、普通は夏休みをいただくのだが、まあ、暑さボケとお考えいただいて―。

 

 映画のセリフから。主人公の父が言う。「いいか。血だ。これからどんどんその子はお前に似て来るぞ。慶多は逆にどんどん相手の親に似て来るんだ。」逆に義母は言う。「血なんてつながっていなくたって、一緒に暮していれば情はわくし似て来るし、夫婦ってそういうことがあるじゃない。親子もそうじゃないかしらね?」

 血か、一緒にいる時間か。映画は「実は子供が父をつくる。つまり“父になる”という結論になる。

 

 面倒な隣国の中国も韓国も、円安で自国の経済がやられているから反日。根は単純。

 

 要するにデフレと円高で日本の存在感が薄れたすきに技術を盗み、自国の為替安でもうけてきた。その商法が壁に突き当たっているだけ。私はざまあみろと思うが、一昔前は日本の先進性をまねした時代にまた帰るに違いない。だって自分の技術なんて何もないんだから。

 マラソンで追いつきそうになったと思っていたランナーが、絶対に追いつけないといずれ自覚するだけの話だ。

 再びいう。ザマアミロ。

2013年8月10日 (土)

映画「さよなら渓谷」と私がここ数週間弱気だった理由 688回

映画「さよなら渓谷」と私がここ数週間弱気だった理由(第688回)

 モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を獲得したこの「さよなら渓谷」は、恐らく今年のベストスリーに入るであろう傑作。遅れて最近漸く見たのだが、もう一度鑑賞したい。

 原作は吉田修一。次から次へと全く予測のつかないストーリーの展開で、それを美しい画面で展開してゆく。主演の真木よう子が巧いし、その夫役の大西信満がいい。

 込み入ったストーリーを書かないが、成瀬巳喜男の「浮雲」とか豊田四郎の「夫婦善哉」のように、腐れ縁で一緒になったカップルの物語と同型、と言っておこう。映画の結末が深い余韻を残すところは前記2本と違うが。

 

 主役の夫婦は、実は10年前のレイプ事件の加害者と被害者だった。この驚愕すべき関係が映画の軸になる。一体そんなことがあるのか―。では冒頭の凄いセックスシーンは??

 私はこのコラムの683回目に下げ相場の「匂い」を書いた。この数週間の展開は残念ながら、的中したようだ。686回では戻りの途中だったが「二段下げ」と主張した。これも当たりだ。エヘンエヘン。また次回は間違えるかもしれないが。

 5月23日の1万6000円近辺で恐らく年内の高値がついてしまった。5月23日までで、〈業績急向上期待のある金融相場〉という一番勢いのある上げは終わり。

 ここから先は「業績相場」だが、これは個々の銘柄の業績との相談なので今年春ごろの一斉上昇と比べると勢いがオチる。

 そこにキャノンのあまり良くない決算が出たのだから、相場の上昇力に陰りが出る。まあ円安のおかげで来年3月期通期の大幅増益は固いし、その前に7~9月期もよさそうだから年末ごろから上昇ペースを取り戻すと考える。

 9月と10月は恐らく消費税増税(有識者会議ということは、やるということ)を嫌気して、安いというか低水準。オリンピックが東京に来れば関連銘柄中心に散発高はあるだろうが、米FRBのQEⅢの減額が、やはり重い。

 ヘッジファンドの投資方針は「米国、日本、それにせいぜいドイツ」が投資対象。BRICSも新興国もダメ。

 それじゃあドル高でもっと円が安くなってもいいじゃないか、と思われるだろうが、どっこいそうはいかない。

 為替市場で影響力が大きいのはご存じヘッジファンドだが、彼らが短期売買の目途とするのは、26週移動平均線である。先週97円82銭を割り込んできた。これまでのドル売り円買いの動きはむしろ強まってきた。

 またシカゴ市場の通貨先物取引でもドル買い円売りはピーク時比20%減少している。これじゃあ90円台の下の方だろう。

 私は今の黒田日銀の緩和の勢いなら、2年の間に1ドル110円は固いとみているし、円安と株高はまだまだこれからだ。しかし、繰り返しになるが、ごく目先は上がる日はあっても幅は知れていて、下がる日は大幅下落となるだろう。

 では、どんな銘柄を狙うか。

 当面最大の材料は①オリンピック②消費税決定の二つだろう。

 の方は決まれば建設、カジノ関連など。②は決定ならば住宅(建設株を含む)。

恐らく増税のマイナス効果を軽減するための国土強靭化計画による財投が決まるだろう。先ごろの笹子トンネルの事故もありインフラ強化は国民の支持もあろう。震災復興事業も。ライト工、ショーボンド、大東建託、前田道路、タケエイ。

 

映画のセリフから。狂言回し役の週刊誌記者が同僚に言う。「単なる被害者なんてものはないんだよ。両方とも人間なんだよ。」強気の私だが、ここ何ヵ月はやはり夏休み。さ、プールに行かなくっちゃ。

2013年8月 4日 (日)

映画「ローン・レンジャー」とアベノミクス特区(第687回)

映画「ローン・レンジャー」とアベノミクス特区(第687回)

 ラジオ放送で2965話、TVドラマで221話が放送された人気西部劇。日本ではTVの普及期の1958年から6年間、白黒で30分ものだったが超人気番組だった。劇中のセリフの「ハイヨー、シルバー」「インディアン、嘘つかない」など一世を風靡したものだ。

 何しろ米国のTVで視聴率41・2%をかせいで「ウィリアム・テル序曲」はこの番組で聞いた人々は多い。

 またネィティブアメリカンのトントのいう「キモサベ」は由来はわからないが“頼りになる相棒”の意が定着し今でも通用している。

 今回の映画化はジョニー・デップがトント役。製作ジェリー・ブラッカイマー、監督ゴア・ヴァービンスキーというと「パイレーツ・オブ・カリビアン」をヒットさせたコンビがつくった活劇だ。仮面のヒーロー役はアーミー・ハマー。

 まあ出来はそこそこだが、終局にウィリアム・テル序曲と列車2本を使った大活劇が始まると、何とも楽しい。スカッとする映画だ。

 

 いま、アベノミクスの成長戦略で特区をつくって、さまざまな規制を突破しようとしている。

 その中で私が注目しているのがカジノである。

 大阪商大・佐和原作教授によると市場規模は最大3兆4438億円で、間接的な波及効果を含めれば7兆6619億円。創出される雇用は79万人。

 パチンコの18兆円には及ばないが、やはり成長への寄与は大きそうだ。

 外国人観光客は確実に呼べるし。

 何しろG8でカジノが非合法なのは日本だけなのだから。

 

 ところが、モーレツで組織的な反対にあっている。パチンコ業界と都道府県の競輪、競馬、競艇の客層が食われるというのが反対する言い分だ。

 たしかに一昔前のハマコーとか、大王製紙のバカ息子とかカジノで大損した例はある。しかし、超党派の議員連盟の勉強会では「どの国でもカジノの設置で犯罪が増えたという事例はない(日経ビジネス8月5日付)」

 

 それにどう見てもパチンコの客層とカジノとは違う。外国人観光客が多いだろうし。

 

 結局、反対の声は9月7日の2020オリンピックに東京が当選したら消えてしまうと考える。

 英国の賭けサイトを見るとオッズが高い順でバルセロナ、イスタンブール、東京で日本の勝利になるとみられている。

 もちろん賭けは賭けで、必ず的中すると限らない。しかし①2024年はパリが100年目でやりたがっているので、欧州であるバルセロナはダメ②最近の反対デモのおかげでイスタンブールは可能性がダウンした、などと聞く。

 イノセ失言はあったしー、富士山噴火の恐怖はあるがそこいらが大丈夫だったらー。(タラは北海道、というのがホークス鶴岡監督の口癖だったrしいが。)

 

 カジノ解禁なら関連銘柄はある。コナミ(9766)はカジノの機械を供給できるし、韓国で合弁でカジノを含め複合型リゾート施設の開発・運営を予定する。ヤガサミーホールディングス(6460)も。また日本金銭機械(6418)は米国カジノへの紙幣識別機の納入実績がある。

 

 カジノは有力候補地沖縄、東京はお台場らしい。三井不動産(8801)、フジメディキーホールディングス(4676)は「関連がある(大手ファンド運用担当者)」。

 

 映画が終盤、大活劇になって「ウイリアム・テル序曲」と一緒に盛り上がったように、9月に7日以降ここいらの銘柄は面白くなるのでは。

 

 映画のセリフから。主人公は法を守る番人を持って任じていたが「何?鉄道も騎兵隊もみんな悪徳資本家が黒幕なのか。それならオレは無法者になり、マスクをつける」。刑法では賭博を禁じており法改正が必要になる。2年はかかるだろうが。ともかく9月7日に期待したい。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »