今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

映画「許されざる者」と米国の政府閉鎖と株の暴落(第695回)

映画「許されざる者」と米国の政府閉鎖と株の暴落(第695回)

1992年、第65回アカデミー賞で作品賞、監督賞など4部門を獲得したクリント・イーストウッドの名作を日本版リメイク。李相日監督、渡辺謙主演で明治時代の北海道に舞台を移し、骨太でしかもキメ細かい力作とした。

 かつて冷酷な人殺しとして恐れられた主人公が幼い子供たちのため再び剣を執る。仲間の顔を傷つけられた売春婦たちの報奨金を目当てに、恐怖政治を敷く町の支配者とも戦うことになる。日本版ではアイヌへの弾圧もテーマに加わっている。

 

 恐らく後世の歴史家はこの数日間を米国政治の「許されざる期間」と位置付けるだろう。この原稿を書いている9月29日夜現在あと1日で2014会計年度(2012年10月~2014年9月)の予算又は当面の暫定予算が成立しなければ、米港連邦政府の機関の大部分は予算の裏付けを失い、火曜日の10月1日から閉鎖に追い込まれる。

 

 しかも短期的な暫定予算さえ成立する可能性は極めて少ない。なぜか。

 

 それは医療保険改革法(オバマケア)がオバマ政権と共和党の対立の基本。これまでの財政とからむ交渉のような歳出削減や財政赤字ではない。だから問題がこんがらがっている。

 

 オバマケアの法案は2010年に成立し、この10月1日から国民がいよいよ加入手続きが開始される。

 

 共和党側は連戦連敗。すでに最高裁が合意と判断(12年6月)して敗北し、12年11月にオバマ再選となり、廃案狙いは40回以上も失敗。今回の予算をオバマケアの骨抜きの最後のチャンスと見て勝負に出た。来年の中間選挙に有利と見たからだろう。

 

 前回2011年7-8月の米国連邦債務の上限額問題のオバマ対共和党の政争時。有力格付け会社の米国国債格下げを呼び、つれてNY株式市場では8月4日512ドル、翌週明け8日634ドルもの大幅下げに見舞われた。

 日本を含め世界に「米国債格下げショック」を与えた。日経平均は7月高値1万207円から8300円台に下落している。今回もワシントンの騒ぎが兜町に響くことは避けられないのではないか。

 

 丸紅のワシントン事務所長今村卓さんは永い間よく存じ上げている方だが、9月28日付「丸紅ワシントン報告」で「10月1日の政府閉鎖は不可避」「2度目、3度めの政府閉鎖も十分に起こりうる」とレポートしてきた。

 

 わずかに望みは世論だろう。9月21日のCNBC世論調査では「オバマケア関連予算を除外」という共和党への不支持は44%、支持の38%を上回った。

 しかも「この除外作戦の結果、政府閉鎖や米国国債デフォルトを伴った場合」の共和党不支持は実に59%、支持はわずか19%である。

 

 ニューヨークタイムズとCBSの共同世論調査でも政府閉鎖が起きた場合の責任は共和党という比率は44%でオバマ政権の35%を上回った。これを見て共和党が折れればコトは丸く収まるのだがー。

 

 映画のセリフから。町の支配者が言う。「勝って生き残った者が正義で、負けて死んだ者が悪になる。記録っていうのは、そういうもんだろ」。今回の騒ぎは明年の中間選挙も、そして2016年の次期大統領選挙まで民主党の勝利につながりそうだ。次第にヒスパニックやアフリカ系の人口が増え、白人の減少とともに共和党は「グランド・オールド・パーティ」ではなくなるのかもしれない。

2013年9月22日 (日)

映画「サイド・エフェクト」と東京五輪と株(第994回)

映画「サイド・エフェクト」と東京五輪と株(第694回)

 私が当代の名監督と考えているスティーブン・ソダーバーグ。劇場用映画としての最後の作品。まことに惜しい。ただ主役にジュード・ロウを起用したのがミスキャストで、残念ながら失敗作。それでも水準以上で私は2回観た。

 うつ病の副作用で、夫を自分は眠ったままナイフで刺殺した若妻の物語。殺された夫はウオール街の証券マン。インサイドインフォメーションで刑務所に入っていた。主人公は主治医。新薬のテスト患者の若妻が事件を起こし薬品メーカーの株価は急落する。主人公に薬品使用をすすめた女医が実は黒幕だった。お話しが意外や意外で二転、三転してゆくのでなかなか面白い。

 

 東京オリンピックの招致成功の興奮がおさまってきた。中小型建設株で三倍になったものも出た。このコラムでは中長期での材料としてあらためて考えてみたい。

 

 まず2020年五輪の経済波及効果。東京都の約3兆円という予測は控えめに過ぎる。

 

 1996年の長野冬季五輪で4兆7000億円。2002年の日韓サッカーワールドカップで3兆3000億円だ。この二つよりは大きい波及効果が見込めるはずだ。

 

 三つの環状道路の整備(1兆2800億円)、首都高速の老朽化対策(9100億円)、成田と羽田の滑走路増設、それにホテル新増設。その中にカジノ特区新設も入る。公的、民間の社会資本ストックの増加分だけで大雑把に15~20兆円ぐらい。

 

 これに居住者と外国からの観光客の消費が加わる。三菱UFJ証券景気循環研究所の嶋中雄二さんによると11兆3000億円。

 

 嶋中さんは需要創出学12兆2000億円、経済波及効果29兆3000億円と推計している。私もこの水準が一番正確と考える。

 

 14年から19年までの6年間で公共投資、民間投資。18兆円が実施される年間3兆円。成長率を1%近く押し上げるに違いない。

 

 では銘柄。最近号の野村週報は次の6銘柄。

 国立競技場の元施工で首都圏比率の高い大成建設(1801)

 16-19年の300万トンのセメント需要で、太平洋セメント(5333)

 品川エリア再開発のJR東日本(9020)

 湾岸エリアの土地を多く保有、三井不動産(8801)

 16年五輪からゴルフが採用されるのでゼビオ(8281)

 警備売上高増を期待して綜合警備保障(2331)

まあ見方と採用銘柄の正攻法としてご参考までに。

 

 私は例によって外国人機関投資家が発行済み株式数の5%以上を購入したり、あるいは買いました銘柄を注目したい。

 この見方でご紹介した6月の注目13銘柄は9月20日現在、2・8倍になったDガレージ(4819JQ)を含め5割上昇。これはアベノミクス成長戦略に絡んだ視点だった。

 みらかHD(4544)②キャンバス(4575)③BHL(4694)④JTEC(7774JQ)⑤栄研(4549)⑥JPHD(2749)⑦ツクイ(2398)⑧タケエイ(2151)⑨楽モ(4755)⑩マクロミル(3730)⑪Dガレージ(4819)⑫ライト(1926)⑬日本農薬(4997)

これは2,3年保有を前提としたのでお勧めすることは変わりない。

 

 実は五輪関連という見方はあまり取れないのだが、フィデリティ・キャピタルリサーチ、ブラックロックなどが5%以上購入し、あるいはすでに5%を持っていてなお1%以上買い増した銘柄をご参考までに。

 一建設(3268JQ)②楽天(4755)③ヤマダ電機(9831)④アンリツ(6574)

これと別に、五輪となればカジノ、とみてセガサミーHD(6460)、SANKYO(6417)も注目している。

 

 映画のセリフから。主人公の医師が言う。「(アメリカ人に多いうつ病を指して)鬱とは、未来を描く力の欠如が引き起こすものです」。2020年までの日本が右肩上がりになる確信を日本人みんなに与えた。この意義はまことに大きい。いくら強調しても強調しすぎることはない。

2013年9月15日 (日)

映画「日本の悲劇}と資産としての不動産をどう見るか(693回)

映画「日本の悲劇」と資産としての不動産をどう見るか(第693回)

 小林正広監督、仲代逹矢主演のコンビは前作「春との旅」がすごい傑作だったので期待して観に行ったが、予想をさらに上回る出来だった。今年の日本映画のベストスリーに入るだろう。

 生活者としての能力を欠いた一人息子に、自分の死後も年金を受給させようと自死を選ぶ老人の元大工。妻は1年前になくなり自分も肺ガンで余命3か月。自分の部屋を釘で入れないようにし、入ってくるとノミで死ぬと宣言。正座したまま死ぬ。

 

 この父子を立て続けに不幸が襲っていた。息子のリストラ。精神病、自殺未遂、離婚、母親の介護、離婚した妻と幼い娘は東日本大震災で行方不明。

 映画では仲代は背中だけで演技し、画面は白黒で幸せな思い出だけカラー。息子役の北村一輝も巧い

 この映画のテーマは「無縁社会の深渕」だろう。2010年のNHKスペシャルによると無縁死が年3万200人もいること。その背景には親と同居している40代、50代の単身者が200万人もいて、その人たちの失業率は20%で三分の二が男性。また親の介護を理由の離職は年14万8000人。

 では今後どうなるか。2035年には50歳の単身男性は三人に一人。これで2020年には「団塊の世代」は70になる。本モノの老人社会の到来だ。

 認知症患者は現在でも462万人。今後もっともっと増加することは確実だ。

 老齢化と少子化、言い尽くされているようだが、まだ認識が広まったとは言えないようだ。

 

 昨日も私はある企業で株価・為替などの見通しをお話しする講演会があった。1時間半(質疑応答込)で終了。近くの駅まで歩くと後から二人のご婦人が追いかけてきて個人的な質問だが、とおっしゃる。

 「今貸しアパートを経営していますが先行きは?」

 

 私は最近不動産アナリストの幸田正則さんにお会いして私の考えを確認したのでお答えした。

 

 「住宅やオフィス、店舗などは需給関係がもう壊れています。高齢の方は日常生活に便利さを求め駅前、都心部に住むため郊外の戸建て住宅は売却しています。

 「当然、郊外の住宅、不動産の価値は急落しています。」

 「住宅は全国で800万戸が空き家。年15万戸の空室増加が続いています。東京23区でも空家は54万戸を超えました。」

 「賃貸オフィスでも空室率は高水準で、賃貸価格は東京でも2005年を100として95、大阪で87です・」

 「先日路線価が発表され、全国平均では下落傾向が続いているが東京では、地価が上昇。19日に次の路線価の発表がありますが、同様な傾向でしょう。しかしこれは金融機関の貸し出し増が作り出したもので、本格上昇はほど遠い。オリンピック関連の需要はありましょうが、地価上昇は起きないでしょう。」

 「現在物流施設は不足していますが、大量な供給計画があり需給は改善される。現在の地価は超低金利と金融緩和が支えているもの。こう割り切って考えるべきと思います。」

 

 ずいぶんと弱気、珍しいとお考えだろうか。しかし、もう駅からバスで15分とか20分のところは駅から5分の中古マンションに比べてたとえば日吉だと4割の価格。先ほど述べた高齢者の利便追求がもう始まっている。老齢化、少子化の影響は今後もっともっと拡大する。

 

 ついでに。中国も韓国も2020年代央になると現在の日本以上の老齢化。年金や医療保険などの体制が出来てないので、非常に悲惨なことになる。サマミロということになること確実。余分なことだが。

 

 映画のセリフから。息子が言う年金での生活。「スーパーで380円の弁当2つ買って、ヒルに1個食べて、夜は焼酎呑んで、もう1個の半分食べて残った半分を翌日の朝飯。煙草も3日でひと箱。」うーん。私はこんなことになりたくないなあ。やはり「自分年金」をつくっておかなくちゃあ。

2013年9月 8日 (日)

映画「共喰い」とオリンピックと株価と円レート(第692回)

映画「共喰い」とオリンピックと株価と円レート(第692回)

 芥川賞を一昨年獲得した田中慎弥の小説の映画化。青山信二監督、ロカルノ国際映画祭でダブル受賞した。原作自体が暴力とセックスを正面から取り組んだもので、映画の方も、かつての日活のロマンポルノに近い。小説と違ったエンディングが面白かったが映画の格調は高い。

 お話しは下関市のドブ川の近くで、時代は昭和63年。怪しげなブローカーでもうけている男は粗暴で、セックス時に女を殴る性癖がある。主人公の高校生の長男を生んだ母は別居して、近くで魚屋を。同居している女、近くのマンションにいる女と父はセックス。主人公のマー君も幼馴染の娘とこれまたデキている。

 「共食い」の題の通り、凶暴な父の血を受け継いだ息子が悩み、父は結局死ぬ。ここまで述べると女性は被害者だが、結末は女性の勝ち。母の役を演じる田中裕子が巧い。

 

 父と子の闘いに母が絡んで決着をつけるのだが、マドリードとイスタンブールと東京の、三つ巴の状況とよく似ている。

 フクシマの汚染水問題について安倍首相が「完全にアンダーコントロールにある」と断言したのが大きかったと思う。韓国がわざと決定二日前に嫌がらせをやったのだが、メじゃなかった。ザマミロ。全日本人に告ぐ。キムチを食うな。

 

 株をどうみますか、とご質問が多い。

 まず円レートの方から入るが、私は「あと2年の間に1ドル110円」とみている。

 金融緩和と物価上昇、それに米ドルにシェール革命というドル高の背景もある、と考えるからだ。

 チャートで見ても5月の103円74銭からの円安の流れの、訂正円高は終了。来年春までに105円までにはゆくとみる。企業収益にプラスであることは言うまでもない。

 

 3月以降、日経平均は2か月ごとの高値というリズムがある。3月21日、5月23日、7月19日、だ。

 今月の中旬か下旬に高値がつき、その後、恐らくNYの大幅安に引っ張られて転換、だろう。高値は7月の1万4953円を抜く可能性がある。

 

 ただし、五輪問題関連の株価は年初から40%以上も上昇している。ここから買い上げるのはディトレ感覚でしかあるまい。

 

 私は二つの観点から銘柄を選びたい。第一はカジノ関連で第二は有力な外国人機関投資家が最近発行済み株式の5%以上を購入したか、大幅に買い増した銘柄だ。

 カジノ推進議連(IR議連)の最高顧問は安倍首相だし、オリンピックの観光客を増やすには、やっぱりやらなくっちゃあ。セガサミー(6460)。

 ついでにパチンコの換金も合法化されそうなのでSANKYO(6417)。パチンコの釘調整は違法となり変更ができない封入機に切り替わると300万台が1台100万円だから、3兆円。独占は出来なくても同社には特許料が入る。

 

 キャピタル、フィデリティ、JPモルガンなどなどがアベノミクスの成長戦略に絡んだものを中心として買ったもの。一(はじめ)建設(3268)、楽天(4755)、イオンフィナンシャルサービス(8570)、サイバーエージェント(4751)。2,3年の中期投資に適している。

 

 映画のセリフから。ファーストシーンに主人公がナレーション。「オレが17の時、親父が死んだ。昭和63年だった」。昭和39年の東京五輪が平成に再び開催されようとしている。あの高度成長期のひとヤマが終わりかけて(昭和40年には山一證券の日銀特融があった)いた時代を思い出す。オリンピック前までは経済は活況、終わるとガックリ。逆に言うと2019年まで潮流は上向き、か。

 

 

2013年9月 1日 (日)

映画「謎解きはディナーのあとで」と増税不況対策の提案(691)

映画「謎解きはディナーのあとで」と増税対策の提案(第691回)

 「NAZO-D」ナゾディーの略称で知られる東川篤哉原作の映画化。シリーズ三作で335万部を突破し、連ドラもヒット。エンターテイメントに徹した気楽で愉快な一作だ。

 主人公は世界有数の財閥宝生家の執事景山(桜井翔)。お仕えするのは宝生家の一人娘麗子(北川景子)で、麗子はその身分を隠しながら国立署刑事課強行犯係の刑事―という設定だ。

 景山は麗子刑事が帰宅してから事件の概要を聞いて、あっという間に解決してしまう。その時に「お嬢様の眼はフシ穴でございますか?」などと毒舌をふるうのが見せ場だ。

 今回は豪華客船によるクルーズでの休暇という設定。早速殺人事件が起こるが、今回は景山も「今回の事件の真相、皆目、見当もつきません」。

 しかもそのあと、第二、第三の事件が続発。お話しはこんがらがってゆく。

 

 映画では超人的な推理力を持つ景山でも、消費税増税による景気押し下げ効果への名案はなかなか思い付かないだろう。

 皆が言う消費税率の引き上げに合わせて補正予算で公共投資の拡大を行う案は、本来の財政再建という趣旨から見ると、本末転倒だ。

 まあ60人の有識者会議でもやるべしというのが多数意見だった。44人が賛成、とか。

 

 私は韓国が最近大嫌いでキムチも食べないくらいだから、本当は嫌なのだが、少し前に伺った林野宏クレディセゾン社長の案がいいと思う。

 それは1999年に行われた「クレジットカード利用促進」である。

 韓国は1997年にアジア通貨危機に巻き込まれ、98年に実質マイナス6・9%成長という大不況。

 そこで①クレジットカード使用額を勤労所得から控除②売上高一枚で一回抽選の機会を得て宝くじ③公共機関や法人の経費支払いで一部にカード利用を義務付け、を決めた。

 控除は300万ウオンを限度として年間カード利用額マイナス年間給与の10%の10%という算出方式。

 

 これで韓国経済は立ち直る。

 カード取扱高は98年31兆ウオンが99年43兆、2000年880兆、2010年には493兆ウオンに16倍。12年間で16倍ですぞ。

 つれて民間最終消費支出は98年から12年間で2・0倍、GDPも1・8倍になった。

 カードによる決済比率は98年度9・6%。12年後に57・0%に急伸した。

 

 前記の林野宏社長は、導入により韓国社会で確かに弊害があった。カード借金による自己破産とか、カード会社の経営悪化など。

 しかし韓国ではカード決済促進と同時にキャッシング規制を撤廃したため、所得証明不要の貸し付けや高利(現在でも上限40%)であったため。与信管理が徹底している日本ではありえない。

 

 野村総研が昨年7月に試算した「ライフ・アシスト・ポイント制度」がある。

 この制度は家電のエコポイント制度をそのまま使う。クレジットカードの利用に対しポイントを付与するがその方法は小売業・カード業による協議会で決める。またカード未取扱店への端末設備を補助する。

 

 その効果は大きい。

 カード利用増加額が50%、18・5兆円に達した場合を想定する。うち6・8兆円は現金からのシフト分で個人消費増加は11・7兆円。

 

 となると①景気押し上げ効果はプラス1・9%(民間最終消費はプラス4・3%)②税収増加は1・3兆円。そしてポイント付与額は1兆円。十分にソロバンが合う。

 これは本気で検討する値打ちがあると考える。決まれば大手銀行株、楽天などが「買い」だが、もちろん投資にはまだ時期尚早だろう。安倍さんにこのブログを読んでもらいたいがー。

 映画のセリフから。景山は言う。「お嬢様は失礼ながらアホでございますね」。ちょっとモノの見方を変えればいいのに。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »