今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「LIFE!」とリート投資への注目点(第710回) | トップページ | 飯島勲「政治の急所」とビル・エモットと円高・株安(第712回) »

2014年1月27日 (月)

映画「小さいおうち」と円高株安への巻き戻し(第711回)

映画「小さいおうち」と円高・株安の巻き戻し(第711回)

 山田洋次監督の直木賞受賞作の映画化で82本目の作品。初めてのラブストーリーをテーマにした映画だ、私は涙を何回も出した。

 舞台は昭和初期の東京郊外の中流家庭。女中として奉公するタキが見た、時代が許さなかった恋愛事件の主人公時子の運命を、平成になってのタキの回想で画く。

 綿密な作劇法で、セリフひとつ、帯の結び方一つに意味がある。そして時代の動きも。

 主演の松たか子の演技の巧さにうなった。上品でしかも女学生っぽい幼さとかわいさを、それに色気をちょっとした表情で見事に示す。それにタキ役を演じる黒木華(老齢になってから賠償千恵子)がからむ。

 まあ山田作品らしくいい映画で、特に年配の方にお勧めしたい。

 

 時代が戦争に突入する前の昭和モダンの時期。次の恐ろしい戦いと混乱の足音におびえながら超す、楽しもうとする人々を画く。

 

 私が恐れていた円安・株高の流れが、明瞭にアンワインドされ始めた。

 

 材料は①アルゼンチン・ペソの急落②中国の「理財商品」のデフォルト懸念、それにこのブログで何回も申し上げた靖国参拝のツケが、為替市場を握るヘッジファンドの投資姿勢に変化をもたらしている。

 具合の悪いことにシカゴ・マーカンタイル取引所の投機筋の円売り玉が、2007年以来の高水準。買い戻しに、もともと入るタイミングだった。

 105円台から102円に円高が進んだが、12万枚を超えた円売り玉が、9月頃の6万~8万枚に戻るだけで100円を割る可能性があろう。

 円レートのタイドル100円と日経平均1万5000円。と思に11月までなかなか抜けなかったカベだった。100円を割れば1万5000円も割れてもおかしくない。外国人は5か月ぶりに2週続けて売り越しになった。下値はまだ読みにくい。

 

 1月31日が償還予定日の中国の高利回り商品のデフォルトがどうなるか。ひとまず北京政府のお手並み拝見というところだが、連鎖反応がおこることは間違いない。また世界中が何かそろそろ出るはずと思っているから、リスクオフへ。このブログの読者は年初来の靖国参拝がらみの私の弱気をよく知っておられるだろう。ちょうど映画で小さな家の持ち主が勤めているおもちゃの企業が、戦争の動きとともに存立の危機に追い込まれたように。

 

 映画のセリフから。年老いたタキがわかいオイっ子が自分の手記を読んでくれるのが嬉しくていう。「年寄りの前でトシヨリトシヨリっていうんじゃないよ。デリカシーがないね」。為替も株式も、外国人特に米系ヘッジファンドが握っている。その現実を忘れないで。

« 映画「LIFE!」とリート投資への注目点(第710回) | トップページ | 飯島勲「政治の急所」とビル・エモットと円高・株安(第712回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「LIFE!」とリート投資への注目点(第710回) | トップページ | 飯島勲「政治の急所」とビル・エモットと円高・株安(第712回) »