今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「ウルフ・オブ・ウオール・ストリート」と日経450円高(713回) | トップページ | 映画「家路」と私の金価格強気転換の理由(第715回) »

2014年2月22日 (土)

映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI]と真央ちゃん(第714回)

映画「モグラの唄 潜入捜査官REIJI」と真央ちゃん(第714回)

 450万部売った極道漫画の映画化で三池崇史監督、工藤官九郎脚本で只今大ヒット中。映画館では7割が若い女性。やはり主演の生田斗真の魅力か。私は準主役の堤真一が好きなので観に行ったが。

 映画そのものは何ともハチャメチャな、マンガそのもの。しかし男同士の友情やら童貞男のセックスシーンやら、面白いシーンは結構ある。面白いが悪ノリ。

 ストーリーは正義感あふれる巡査がやくざ組織に潜入し麻薬の密売ルートを暴く。

 クレイジーパピヨンというあだ名のヤクザ幹部(堤真一)が言うセリフに「俺もずいぶんいいタネも悪いタネもまいたが、まいたタネは刈らなくっちゃ」。浅田真央ちゃんの今回のフリー演技に似ている。

 

 前の晩のショートプログラムであのスッテンコロリで何と16位。その前の団体戦と合わせて2回失敗。それが3度目の正直でフリーでは完璧な演技で、3回転を含めジャンプは8回も成功、自己ベストを更新した。ああ真央ちゃんはこんな演技を目指していたのか。メダルはダメだったが、そんなことははっきり言ってどうでもいい。何年もかかって猛練習して目指してきた理想のフリーが出来たことを、恐らく日本人総てが喜んだはずだ。

 

 真央ちゃんの挑戦を日本人の999%(残りはよほどのヘソ曲がり)が共感するのは、日本人の本質を表現したからだ、と思う。

 

 日本製品は品質重視、性能重視で、完璧な製品を目指してつくられる。ところが消費者には受けず、ついメーカー側の満足感が優先してしまう。今回もSPで失敗した後の最後の最後のフリーで、もうメダルに関係ないのに大健闘した真央ちゃん。終わって涙した真央ちゃんが皆の心を打ったのは、やはり日本人なんだなあ。儲けるためには、もっと安くと言われてもやらない。日本人だから。日本人が日本人の心の中にまいた「いいタネ」だ。

 

 双日総研の吉崎達彦さんの言葉を借りると「マーケットインでなく、プロダクトアウト」が日本製品。私がこのコラムでしつこく安倍首相の靖国参拝を問題視し、ヘッジファンドの投資方針転換、株安を懸念し続けているのは、同じ見方からだ。

 安倍首相の取り巻きは、日本人同士の自分たちに都合のいいロジックで参拝をすすめたのだろう。あの参拝が大失敗だったことはもうみんながわかっている。

 

 しかし、まだヘッジファンドの売り玉が相当残っていて①戻り高値には先物売りと現物売りが併用されて大幅安②5月末のヘッジファンドの決算前にその株価暴落は必ず発生する、という見方は少数だ。

 

 ヘッジファンドは「売るために買う」。このことをワカっていないと、前記した①②の結論は出ない。だから私は、何遍でも警告する。当分、買いは外国人が手を出していないで、しかも材料が残っているもの、たとえば海洋資源開発関連がいい。銘柄数が少ないのが難だが。

 

 参考資料 「溜池通信」VOL1537

« 映画「ウルフ・オブ・ウオール・ストリート」と日経450円高(713回) | トップページ | 映画「家路」と私の金価格強気転換の理由(第715回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ウルフ・オブ・ウオール・ストリート」と日経450円高(713回) | トップページ | 映画「家路」と私の金価格強気転換の理由(第715回) »