今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「それでも夜は明ける」と株価PKO作戦(第721回) | トップページ | 歌劇「蝶々夫人」と私が聞いた安倍政権への大打撃(第723回 »

2014年4月27日 (日)

映画「テルマエ・ロマエⅡ」と私がびっくりしたある指摘(第722回

映画「テルマエ・ロマエⅡ」と私がびっくりした、ある指摘(第722回)

 ローマ時代の浴場設計技師がなんと日本にワープするという奇想天外なアイデアで大ヒットした映画の続編。ヤマザキマリの漫画が原作。大いに笑えるので気楽にどうぞ。女性には阿部寛の裸が、男性には上戸彩のバストが魅力だろう。

銭湯、温泉、指圧、ウオッシュレット、お相撲を含めて日本独特の文化が案外グローバルな内容を持っているのでは―という視点がこの映画のキモだろう。

私が最も信頼している嶋中雄二、三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所長の4月24日付レポートに注目したい。

「観光立国化が日本経済を救う」という題。私はびっくりした。

2014年3月の訪日外国人数は105万1000人で前年同月比22・2%増、単月として過去最高。

昨2013年の訪日は1036万4000人で20%増だったのに続いての記録だ。私は全国を講演して歩いているからわかるが、どこの駅でも外国人が多い。ホテルでも同じだ。

嶋中さんは「旅行業、宿泊業、旅行運送、道路施設提供、自動車レンタル、公園・遊園地等」を観光業として括る。その規模は2012年度と古いが、15兆6000億円。

驚いたことにはこの数字は自動車の16兆5000億円、電機・電子の15兆8000億円に並ぶ。恐らく2013年度か14年度でこれら製造業の主力を抜くだろう。

訪日観光客の政府目標は2030年で3000万人で、一人当たりの旅行中支出は11万2000円。円安メリットもあるし、昨年夏のビザの発給条件緩和も効いている。やはり観光立国に違いない。

大和証券の観光客関連銘柄リストを見ると、デパート株やオリエンタルランド(コード4661)、JR3社、それにホテルの一流どころが入っている。これにカジノ関連でセガサミーHD(6460)、コナミなど。また統合型リゾートの運営に欠かせないショッピングモールの開発・運営で三井不動産(8801)、三菱地所(8802)なども。ご参考までに。どうぞご研究を。

 

オバマ来日で銀座すきやばし次郎で安倍首相が20貫、オバマ大統領が14貫で少なかったとニュースになったら、実はホテルオークラ内の支店でその前に出前をとっていた、とか。なるほど。抹茶アイスと合わせて、日本のおいしいものは、やはりおいしい。

 

TPPの交渉が前進しなかった。もともと妥結しても世界の投資資金が大挙して日本に来るとは思えない。

ただ、靖国参拝以来ギクシャクしていた日米関係は多少は改善したような印象を与えた。円安=株高の流れがピタリと止まったのはあれが原因だったのだから、この方がむしろ大きいプラス材料かも知れない。どちらにしてもこのブログで再三申し上げている通り、今年少なくともあと何か月間かは大したことにならない。個別銘柄に注目したらいい。それも①3年位の長期投資②注文は2回に分けてリスク分散③2倍になって始めて売りを考える、の三原則を守る。

映画のセリフから。主人公が次の仕事を引き受けると事故で死ぬとの予言を聞いて言う。「命を惜しむよりも、すべき仕事に命を賭ける。それがローマ人の誇りだ。」私はマーケットの予測に50年近くをささげてきた。まだまだやる気十分。ヤルゾォー。

 

来週から米国に出張します。4日にはヒューストンにいますが、現地での調査のまとめのため、このブログはお休みします。あしからず。

 

« 映画「それでも夜は明ける」と株価PKO作戦(第721回) | トップページ | 歌劇「蝶々夫人」と私が聞いた安倍政権への大打撃(第723回 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「それでも夜は明ける」と株価PKO作戦(第721回) | トップページ | 歌劇「蝶々夫人」と私が聞いた安倍政権への大打撃(第723回 »