今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「とらわれて夏」とNYと東京の株安(第724回) | トップページ | 映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」とEUとNYと東京第726回) »

2014年5月25日 (日)

映画「プリズナーズ」とNYダウとシェール革命(第725回)

映画「プリナーズ」とNYダウとシェール革命(第725回)

 近く公開される「複製された男」が飛行機の中で観てよかったし、前作「灼熱の魂」もすごく良かったので。カナダ出身の監督ドウニ・ヤヴィルヌーグは腕がいい。それにここで書く予定だった「ブルー・ジャスミン」がイマイチだったので。

 6歳の娘が友達と一緒に突然姿をくらます。工務店を営むケラー(ヒュー・ジャックマン)は近くに停車していたキャンピングカーを思い出し、その運転者は警察に逮捕される。しかし10歳くらいの知能しかないし返事もおぼつかないし、釈放するほかない。

 ここから先は全く予想のつかない展開が続くのでとても簡単にまとめられないが、娘の友達が事件発生から7日目に路上で発見され、さしもの難事件も急展開。そこから先も意外や意外、まあミステリー好きの方はご覧ください。ただし長い、2時間半。あきないけど。

 

 この映画の冒頭主人公が長男に言いうセリフ「お前のおじいちゃんが教えてくれた教訓はハリケーンや洪水が起きたり食料品やガソリンが店から消えても、どんなことがあっても『常に備えておけ』ということだ。」

 何でもそうだろうが、異常な事態への備えは重要だ。今年は世界的な不安要因がご存じの通り多いから、どうしてもコトが起きた時どうしたらいいか、心の中に備えが必要になる。

 

 中国とかウクライナとかならもうさんざん聞かされたぜ、という向きにNYダウの新値更新中の高値からの大幅下落、ならどうか。

 中間選挙の年、年央に高値がついた年の年末値との比較は、1930年以来21回、一つの例外もなく下落して平均19%もある。3000ドルは下がる計算だ。

 また2009年3月から始まり三倍になった長期上昇のあと、長期の下げも覚悟しておく必要がある。

 今回の上昇を別にしてS&P500が1年以上上昇した回数は1932年以来18回、上昇期間平均は155週、上昇幅は108%。まあ3年で二倍だ。ところが下落の期間は68週で33%下がる。

 まあこの統計はDr.ドゥーム(恐怖の博士)と呼ばれるマーク・ファーバー氏の最近のレターからの引用だから弱気の見方だが。

 とは言え、ごく目先のNYダウは、最上限1万8000ドル台へゆくかもしれないと考える。警戒論が多いうちはバブル的上昇は続く。皆が2万ドル説を言い出し、弱気論者が黙った時が大天井。その手前で上昇相場は、終わる。

 

 といってもやはりシェール革命の米国経済への効果は大きい。実感した。

 今回出張して採掘現場を見て、技術進歩で供給量が拡大していることがよく分かった。

 簡単なたとえで云うと、タテ堀のガス井から真横に一本、つまりLの字型採掘が初期。いまはたて7一本に対しタコのように何本も地価の頁岩層に採取のためのヨコノの採掘井が動く。深さも3000から7000米まで。

 だからガス採掘りグの減少で、革命は終わりなどという記事があったが、あれはとんだ早トチリ。

 すでにエネルギー関係の貿易収支赤字の比重は、2005年の40%から20%台に半減し、ガス中心にパイプライン建設業労働者数は2005年比二倍になった。失業率低下に貢献している。

 シェール革命の効果は現地で聞いた話では、時給130ドル(有給休暇を含めると年間1000万円以上)のトラック運転手(!)もいる、とか。賃金上昇だ。

 現場で聞いたガス井運営の技術者は二週間ヒル,二週間ヨル勤務(それも1日12時間も勤務)、そして4週間休みの勤務体制。はっきりと言わなかったが年2500万円以上、らしい。しかも相当大きいガス井で、技術者はたった二人。パイプを地下に送り込む作業員は三人。つまり5人。ずいぶんと効率がいい。ま、このほかずいぶんと現地で聞いたけど、別の機会に。ご退屈さま。

 

 映画のラストシーン。刑事が家宅捜査の夜、かすかに助けを求めるホイッスルの音を聞く。その刑事の顔のクローズアップで終わる。恐らく「第三の男」以来の名ラストだろう。今回は自分で読み返してもシマらない不出来のブログだが、警戒ムードと長期見通しがいいことはお分かりだろう。

 

なお、先週の予測為替で100円、日経平均1万4000円のラインは明確に割り込まなかったが、

先週の毎日新聞5月16日夕刊の私の意見は変わらない。時間の問題だろう。もう一度、クリックしてご覧ください。字が大きく読みやすくなっているから。

« 映画「とらわれて夏」とNYと東京の株安(第724回) | トップページ | 映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」とEUとNYと東京第726回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「とらわれて夏」とNYと東京の株安(第724回) | トップページ | 映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」とEUとNYと東京第726回) »