今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 映画「複製された男」と中国とNY株暴落説(第732回) | トップページ | 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と米政局((第734回) »

2014年7月26日 (土)

映画「郵便配達ハベルを二度鳴らす」とベンガジゲート事件733

映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす」とベンガジゲート事件(第733回)

 ジェームス・ケインの傑作小説で1930年代から四回も映画化されている。一番印象に残っているのが1981年のジャック・ニコルソン主演作品。46年のラナ・ターナーのも衛星放送で見たが、とてもよかった。

 

 たまには、と思い、古い名作、それもフィルム・ノワールを取り上げた。内容よりも実は題の方に惹かれて。二度、というところがミソです。

 ある風来坊がハイウエイ沿いのレストランに雇われる。主人は初老のオペラ好きで妻は若いお色気たっぷりの美人。二人は主人殺しをたくらみ、最後に成功する。ところが悪徳弁護士の策略で無罪。二人は結婚し万事めでたしと見えたがー。

 

 私のワシントンの情報ソースから「恐らく8月下旬か9月に容易でないことが起き、第二のウオーターゲート事件になる」と。別のソースから、安倍首相が訪朝して拉致被害者を連れて帰る日が8月28日と聞いていたが、これは日本。今回はオバマ政権の方の話。

 

 このところオバマ大統領の評判が特にひどい。それはいろんな理由があるが、ひそかに「ベンガジゲート」と呼ばれる事実隠蔽工作がある。

 展開次第ではあるが大統領弾劾と、退陣につながったウオーターゲート事件の再現と言われている。

 

 ベンガジとはリビアの都市で、2012年9月11日。アルカイダが重武装してリビア大使館を襲い、大使を含む米国人四人が殺害された。また二日後にもCIA職員がベンガジで殺害された。この攻撃の18時間前にアルカイダ指導者が「2012年5月にパキスタンで無人機によって殺害された幹部の報復をリビアで行う」と宣言していた。事件発生前にホワイトハウスはこの情報を知っていたが対応が遅れてしまっていた。具合が悪いので事件発生後、クリントン国務長官に対し、オバマ大統領は直ちに偽りの発表を命じた。「事件は予言者マホメットを中傷するインターネットのビデオへの抗議活動だった」。

 

 オバマ大統領は当時再選を狙っており、政権のミスはどうしても回避したかった。そこで虚偽の発表をクリントン長官に命じた。

 

 これが2013年4月にある情報ネットが情報公開法に基づく資料公開を行った。これで特別委員会の設置が決まり2014年5月末に発足した。

 そのタイミングを狙ったように6月下旬に「血の確執(BLOOD FEUD)という本が刊行された。すぐベストセラーに。

 著者はライターで、取材はヒラリー・クリントンのチーフスタッフだったシェリル・ミルズという人。そこで特別委員会はこの二人を証人として査問する。私のソースによれば恐らく8月になるだろう。偽証罪もあるので、ウソは言えない。どうしてもオバマ大統領による事実隠蔽は明るみに出るとみられる。

 

 クリントン陣営がなぜ暴露作戦に出たのか。2012年の再選時にオバマ大統領は2016年の大統領選ではヒラリー・クリントンを応援するという約束を与えたが、最近これが反故にされた(キャノングローバル戦略研究所主幹小手川大助氏)。

 

 たしかにこれは1972年6月のニクソン再選時に起きた「ウオーターゲート事件」に酷似している。民主党本部で起きた盗聴侵入事件、もみ消し、司法妨害、録音テープ、政権トップの深い関与。

 2年2か月にわたるこの事件の間中、NY株はほとんど横這いで、74年8月8日に辞任した後、30%の株価下落になる。つれて日経平均も6月の高値4787円が10月3355に下落した。折しも石油危機()第一次)のショックも重なった。

 

 前記した小手川氏は現在上院に提案されている銀証分離法案が場合によっては採決されるかも、と激震を予想している。今回はウオーターゲートと違い、米国人が6人も死んでいる。たしかに容易ではない。NY株暴落説の人にはニンマリとする情報だ。

 もっとも、ニクソンとオバマは違う。うまく言い逃れするかも。

 

 私は前回も書いたが、ファンドマネジャー調査でも、株式をオーバーウエイトつまり強気の人は多いが、同時に株価を「高すぎる」としている人も2000年以降最大。こんな時にはNYダウの大暴落は起きない。みんなが「2万ドル」の大合唱の時、1万8900とか1万9300とかで大天井―。私の経験則だ。1万7000ドル台じゃあ早すぎる。しかし、このベンガジゲート事件ではすくなくとも、騒ぎになっている期間は株価は上がるまい。

 

 それにしても、日米で片や上げ、片や下げの材料が同時期に―。インネンというほかあるまい。

 

 それにしても、とまた思う。ヒラリー・クリントン氏は、オバマ氏の墓穴と一緒に、自分の穴も掘っているのを百も承知なのか、どうか。いっぺん、聞いてみたい。恐らく今年中か来年にはオバマ辞任、バイデン副大統領の昇格、と読んでいるのだろう。それなら2016年には自分は民主党の大統領候補になれる。まあそんな作戦だろう。バイデンは人気がヒラリーに比べてぐっと落ちる。

« 映画「複製された男」と中国とNY株暴落説(第732回) | トップページ | 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と米政局((第734回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「複製された男」と中国とNY株暴落説(第732回) | トップページ | 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と米政局((第734回) »