今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「喰女(クイメ)」と”複合下落”のわけ(第745回) | トップページ | 映画「ゴッドフアーザーPARTⅡ」と黒田バズーカ2(第747回) »

2014年10月26日 (日)

映画「イコライザー」とボラタイルな市場対応策(第746回)

映画「イコライザー」とボラタイルな市場対応策(第746回)

 80年代のTVシリーズ「ザ・シークレット・ハンター」の映画化でデンゼル・ワシントン主演。世の不正を完全に抹消する闇の仕事請負人の物語だ。相手はロシアン・マフィア。

 主人公は元CIA。まだ幼い娼婦がヒモに痛めつけられたのをきっかけに、静かな生活から殺人マシーンに変わってゆく。その殺し方は勤め先のホームセンターに置いている金槌とか机の上のコルクスクリュー。ショットグラスなど。

 読書が好きだ。ヘミングウエイの「老人と海」がきっかけで少女の娼婦が好意を抱く。主人公は言う。「老人は老人 魚は魚 自分以外にはなれない しょせんね。」

 

 このブログで何遍も予告した通り、NY株式市場は高値から10%下げた。その最後ミニ・セリング・クライマックスが10月15日にあり、その後下げ幅の7割戻した。

 小型株中心のラッセル2000が三尊天井で暴落を予見させる。がNYダウの戻り方はかなり強いし、10年もの国債金利は2・3%に。これはリスク・オフ完了を暗示している。

 

 一方東京株式市場はNYにつれ安、つれ高で全く自主性がないが、GPIFの買い出動、補正予算、日銀の追加金融など。安倍政権の株価上昇への意志には手段がある。ちょうど主人公がマーシャル・アーツを身につけているように。

 

 恐らく11月のG20当たりでドイツと日本が世界景気のカタキ役になっているのを打破するために前述の手段を使う旨、公表しなくてはなるまい。株価材料。

 米中間選挙で共和党が上下両院でのマジョリティをとるのも。TPP決着につながり、株高の材料になる。

 

 つまり、NYは三週下げた後先週戻し陽線、今週は月、火と高いあと、週末に下げて週足陰線を引くと再び下げ歩調に。逆に上げで陽線なら(その公算は30%くらいだが)9月の高値を抜くかも。

 東京株式市場はどっちに転んでも上げだが、問題は安倍内閣の安定性だ。

 二人の閣僚の辞任騒動は、私は官僚の反乱かも知れない、と思う。

 

 8月頃から内閣改造は計画されていたから、「身体検査」はしていたはず。ところが公職選挙法に明らかに違反していることは、恐らく安倍首相には報告されなかった。別のルートでマスコミに違反の事実が報じられたのだろう。

 改造前の安倍政権にはまったく閣僚の選挙法違反は出なかった。5→8%への増税までは、官僚側は見て見ぬふりをしたのだろう。

 

 そこに8→10%の再増税におよび腰になった首相に、ブラフがかけられた、のではないか。

 2006~2007年の第一次安倍内閣当時、何人もの閣僚が選挙区にある自分の事務所の違反で辞職したり自殺したり―。ご自分の健康もあり1年で内閣は瓦解し、特に農水省の改革は全く行えなかった。

 私は民主党政権時代、自民党の超大物政治家(現在はリタイアしたが)から、こうした話を聞いた。

 「日本の官僚組織は強固で、旧ソ連のクレムリンのようなもの。現在政権にいる民主党は属国だね」

 「東ドイツ?」

 「まあハンガリーかな」

 「では自民党は?」

 「ポーランドだろ?」

 

 その見方で云うと、カジノ関連株はおすすめできない。

 米国資本が後ろにいる民間資本にカジノをやらせる。なんて、天下り先をずっと維持してきた官僚たちには冗談じゃない、ということに。

 農水省は競馬、経産省は競輪、オートレース、国交省は競艇、総務省は宝くじ、文科省はサッカーくじ。それにパチンコについては出した玉の景品交換所はグレーゾーンで、だから警察の利権がある。11月末までの国会で関連法が通らない限り、オリンピックという大義名分はあっても、カジノはムリだろう。これが強行できれば安倍内閣はすごいが、できるか、どうか。

 

 NYの影響で上下動の激しい東京株式市場でどう対処するか。目先の売り買いがお好きな向きで、腕に自信のある投資家だけ。ソフトバンク、ファーストリティリング、ファナックの日経平均への影響度の大きな御三家を、売りでも買でも。ヘッジファンドが先物を使って日経平均を乱高下させているのでそれを利用する。リスクは大きいのでご投資は自己責任で。それは、という方にはシェール関連とか介護ロボット関連を長期で。

 

 映画の冒頭にマーク・トウェインの名言が引用されている。「人生で一番大切な日は、生まれた日と自分が生まれた理由が分かった日だ」。私にとってはアナリストが自分の好きな仕事で一生、死ぬまでやっていたいと分かった日。1968年だった。

 

 映画のセリフから。主人公がマフィアが送った刺客に宣戦布告して言う。「雨が降るように祈ったら、ぬかるみも覚悟しておけ」。NYが本格的に下げ始めたら、容易なことではないだろう。

 対策のもう一つは「金」。昨年6月28日のオンス1179ドルの12月31日の1179ドルのあと、10月6日に1183ドル。これで三回、このあたりが底値になって反発。ドルが安値に向かえば、やはり金は「買い」。資産の3%ぐらいは金で長期に持つべきだ。

« 映画「喰女(クイメ)」と”複合下落”のわけ(第745回) | トップページ | 映画「ゴッドフアーザーPARTⅡ」と黒田バズーカ2(第747回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「喰女(クイメ)」と”複合下落”のわけ(第745回) | トップページ | 映画「ゴッドフアーザーPARTⅡ」と黒田バズーカ2(第747回) »