今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 映画「紙の月」とヘッジファンドの仕掛けと金価格(第750回) | トップページ | 歌舞伎「勧進帳」とヘッジファンドの仕掛けと円安(第752回) »

2014年11月30日 (日)

映画「インターステラー」と選挙と大相場の確信(第751回)

映画「インターステラー」と選挙と大相場の確信(第751回)

 クリストファー・ノーラン監督の最新作で米国では興行収入1位のヒット作。「インセプション」

「ダークナイトライジング」のような傑作ではないが、精密に作られた物語世界は十分に面白い。

 地球がダメになり新天地を探すお話しというとSFの定番。結末がメチャ面白いが、ネタバレになるので、ここでは遠慮しよう。ただ、宇宙のブラックホールを通過するという奇策がとられたのが成功のカギになったことぐらいはいいだろう。

 私は誰も分からないブラックホールに宇宙船が突入するシーンを見て、今回の総選挙を思い出した。

 先週の25日の毎日新聞夕刊は5人の選挙のプロの予測をまとめた。

 自民党の現有295議席は最高で272、最低231。公明は31がほとんど不変で与党計は303が最高で最低261。

 一方民主党は現在の55が回復し最高119、最低93。

 ということは、与党の優勢は続く。やはり安倍チルドレンの一回生119議員は知名度も実績も乏しいので、ある程度の議席数減はあり得るだろう。しかし自民単独で各委員会の委員長を占める安定多数265以上と思う。

 考えてみたらいい。「みんな」は解党。生活の党は分裂、次世代、社民は減少確実。それに野党側は選挙区調整が全くできていない。

 

 「大義がない」というが、官僚側は明年10月からの2%再増税を前提で、もう11月現在来年度の予算案が相当に進行している。これを止めたくないから官僚側は閣僚の選挙法違反をリークして再増税を決断しろと脅しをかけた。決め打ちはバズーカ2の黒田日銀総裁の「再増税を前提にしている」という発言。財務省のプレッシャーはもう方々で報じられているからご存じだろう。

 このままで行くと再増税を決めた後、ハイそれまでよ、とポイされるのは目に見えている。安倍さんとしてはまだ政治家として自分の政策を成功させたい。野党は明らかに準備不足だし。

 私のある内閣ウォッチャーが、自民党は300以上と見ているのに注目している。ケンカは先手を取って仕掛けたほうが勝ち、と思うからだ。それなら、安いところは、やはり買いだ。「今でしょ」に違いない。

 

 まず日経平均予想。一株当たり利益は2015年3月期で①会社予想1051円②コンセンサス予想1080円そして2016年3月期のコンセンサス予想は1211円。金融庁緩和で業績向上中とすれば、株価収益率17~18倍が妥当だろう。となると2015年の前半に17倍で1万8360円、18倍で2万円近辺。これだと現在の1万7500円近辺から20%も上昇しない。

 そこで1万2800円のJPX400のETFが一番上がる。日経平均2万円のときには1万8000円にはなっている。なぜ?GPIFが買うから。ROEを企業の良い悪いの判断基準にするんだから、ブレは少なく値がさ3銘柄に左右される日経平均225種より、現に日経平均が下がっている日でもJPXの方は上げるケースが多い。

それでも投信より個別銘柄の方が、と言われるセミプロには、次の視点を。

安倍第三次内閣。公約を見ると①整備新幹線やリニアなど鉄道がらみ②三世代同居でリハウスなどリニューアル③農業改革がらみつまり岩盤規制までやってのけるという期待。

 ほとんど報道されていないが、行政改革という「官僚の敵」を安倍内閣は成功させつつある。①5月30日、中央省庁幹部を内閣府人事局で一元管理することがスタート②特別会計を18から14に削減③独立行政法人を100から87に削減。みな民主党政権ではやるといいながら手が付けられなかった「聖域」である。党内からの援護もあって官僚側が防ぎたい岩盤規制も、相当、安倍さんはやるんじゃないか。

 株式市場ではもう公約の一つの三世代同居リハウス関連が新高値圏内。勝利、それも大勝を見込み始めたらしい。

映画のセリフから。ある科学者の父が言う。「星と星との間、つまりインターステラーの現実と戦わなくてはならない。個人としてではなく、人類の為を考えなくてはならない。穏やかな夜に身を任せてはいけないのだよ」。安倍さんは勝利のあとも穏やかな夜にいないだろう。でも、やってもらわなくては。

« 映画「紙の月」とヘッジファンドの仕掛けと金価格(第750回) | トップページ | 歌舞伎「勧進帳」とヘッジファンドの仕掛けと円安(第752回) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「紙の月」とヘッジファンドの仕掛けと金価格(第750回) | トップページ | 歌舞伎「勧進帳」とヘッジファンドの仕掛けと円安(第752回) »