今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

映画「アイ アム ア ヒーロー」と大逆転(第824回)

映画「アイ アム ア ヒーロー」と大逆転(第824回) 2016・4・30

 600万部を売った花沢健吾の原作コミックの映画化だが、ベルギー、スペイン、ポルトガル、米国で受賞。話題を集めている。佐藤信介監督、主演大泉洋、ヒロインは有村架純と長沢まさみ。テンポの早い波乱万丈の快作で面白い。

 35歳の鈴木英雄は漫画家アシスタントで全くメが出ず彼女とは破局寸前。ところがある日突然、アパートに戻ったら彼女は謎の感染でバケモノ「ゾキュン」に変わっていた!国中が感染パニック。そこからタクシーの暴走あり、標高の高い所ではうつらないという情報が頼りの逃走ありで急展開してゆく。

 

 平凡で頼りない主人公が、道中で出会った女子高生と元看護士とともに極限のサバイバルを開始。私はこの展開が、私の5,6月の相場シナリオに似ていると感じた。

 この原稿を書いている4月30日現在、相場はひどい状況で円買い株先物売りのヘッジファンドの作戦の完勝。1週間で1万7000円台半ばから、28日には1万6666円に下げ、円レートは1ドル111円台から106円台に円高が進んだ。

 具合の悪いことに来週は2日(月)と6日(金)の取引しかない。この間ヘッジファンドの仕掛け放題だろう。株価は悪魔のシンボルの6666。いいことはないのでは。

 恐らく為替市場では円高。1ドル105円で止るか、どうか。

 8月26日現在の投機玉は19日比で9144枚減少。112~3円で仕掛けた投機筋は、利食いに入った形跡があるので、せいぜい、あと少しと思うが。ミセス・ワタナベのドル弱気姿勢をエサにしている。

 円高と先物売りで、二日間しかない取引日で急騰する可能性は極めて少ない。普通の上げ相場ならその逆で上げが拡大するのだが、円高→企業収益ダウン→株売りのストーリー。日本勢はお休みのところが多いし、投機筋は日本のホリデーは関係ない。仕事をしたくてウズウズしている。5月20日がヘッジファンドの決算だし、解約が多かったここ何ヵ月なので、運用成績を少しでも良くしたいはずだ。

 しかし、来週の安値は買いだろう。理由は次の通り。

 まず第一に5月26,27日の伊勢志摩サミット終了後の記者会見。安倍首相は財政出動で景気刺激を発表する。熊本の不幸な大地震への対策もあり、大型予算だろう。

 第二には日銀。今回は弾丸を温存したが、政府との協力もあり、早晩追加緩和が発表される。6月15、16日の日銀政策決定会合でサムスィング・ビッグがあるだろうという期待で5月は、高い。

 市場環境の変化も見逃せない。一番目立つのは原油価格でバレル46ドル台まで戻し、鉄鉱石、銅まで資源価格は上昇。中国経済がひところ騒がれた即死説が消えた。まあメチャメチャな景気対策だが、ともかく破局先延ばし政策は効いている。私が以前から主張している通り、中国は将来はともかく、ここ1,2年はハードランディングしない。

 サウジのアラムコ公開でJPモルガンをアドバイザーにするなど、準備は進行中。これもSWFの大量売りの悪夢を少なくとも軽減する。

 東京市場に対する外国人売りはこれまでで3兆円を超えた。サウジは昨年700億ドルの株売り、今年は専門家の予想は4000億ドル。その通りと考え、日本株の比重8%にすると4兆円。ヤマをこえた、と断言していいだろう。

 以上が私の来週の安値は押し目買いのチャンスと考える理由だ。

 では底値がいくらか。高値はいくらか。正直言ってそこまではわからない。その場になってみなくては。しかし2月12日の時に大底説と申し上げたのを思い出していただきたい。幸いこのブログの読者は引用して頂いているものを含め月間ウン十万もの方が読者だ。予想が外れて申し訳ない思いをしたことは何べんもあるが、読者数は減るどころじゃない。ありがとうございます。

 結論。私は強気だ。

 映画のセリフから。主人公は連発銃の免許を持ち、これが支えになって難局を切り抜ける。そこで女子高生が「英雄はヒデオじゃなくてヒーローだね」。それ以前はダメ人間で女性を助けようとしても不安で隠れているロッカーからなかなか飛び出せなかったのに。相場も同じで、ある日突然、流れは変わる。





2016年4月22日 (金)

映画「スポットライト世紀のスクープ」と永久債(第823回)



映画「スポットライト世紀のスクープ」と永久債(第823回)2016・4・22

 今年のアカデミー賞で作品賞と脚本賞を獲得した秀作。ボストン・グローブ紙がカトリックの神父による児童への性的虐待を暴いた事実を画いた。スポットライトとは新聞の特集ページのことで敏腕の記者四人が、苦悩と怒りを抱えた被害者たちに話を聞き、隠蔽工作を行う教会側と渡り合う。

 ジャーナリストとしての使命感がすごい。映画の中で主力の記者が判事に、決定的な証拠で秘密にされている文書の公開を求める。「君の探している文書は、かなり機密性が高いね。これを記事にした場合、責任はだれがとる?」

 「では、記事にしない場合の責任は?」いいセリフで、私はしびれた。

 

 今回、私が書こうとしているテーマは誰も言っていないから、スクープだろう。

 私はヒトさまが見つける前に株価や経済に影響を与える事柄を「発見」して来た。ドイツ銀行問題にしてもベンガジゲート、Eメールゲートも、古くはシェールガスなどだ。

 「永久債」はちがう。私にいつもヤマのように情報を送ってくれている富国生命の株式部参与の市岡繁男君が最近送ってきてくれたものだ。これは、と思って複数のヘッジファンドのマネジャーに聞いたら、実はウラが取れた。そうとうにこの情報の信者がいた、ということだ。

 その情報とは次の通り。

 「日銀は保有する国債の償還期限を無期限としたうえで、ゼロ金利に固定するのではないか。

 理由だ。日銀が購入可能な国債が限られており、今年末か明年初めには国債購入額の縮小(テイパリング)を発表せざるを得なくなる。

 実は先ごろのマイナス金利導入は、国債の金利をマイナス領域に落とす必要があったからだ。これならゼロ金利の永久債を発行しうる。」

 ヘッジファンドは例によって4月27,8日の政策決定会合で発表される、と性急だが、そんなに早いのか、どうか。

 私は財政再建策の一助に永久債は役立つと思う。借換債が金利ゼロになれば政府にとり600兆円の国債の支払う金利11兆円は(6年はかかるだろうが)ゼロになる。

 また30兆円とも40兆円ともいわれるタンス預金の吸収策にもなるだろう。相続税も贈与税もない、というのは相当魅力的だ。

 市岡君は、4月12日の、オバマ、バイデン、イエレンの三者会談に注目している。前日11日にFRBは特別緊急会合を開き、翌日に正副大統領同席でFRB議長と会談した。これは2914年11月以来で、副大統領の同席は異例だ。安全上の問題があるから、だ。日銀から永久債について打診があったのでは、と市岡君は見ている。

 私は2009年ごろ麻生内閣時代に永久債が真剣に検討され、その推進役が菅玄官房長官であったことを思い出した。役者は揃っている。また安倍総理も先般の米クルーグマン教授との会談でマイナス金利の時代の国債発行について前向きの発言をしている。

 ここ2週間、外国人は買い続け4月18日(月)の大幅下落は翌日からモーレツ買い。円レートも大きくはないが緩やかな円安。少なくとも、もう円高、株安の悪循環は見られない。永久債の情報は、やはり洩れているのではないか。

 このブログは金曜夜に期待されているから、22日に送信するつもりだが、23日の土曜日にはシカゴ通貨市場での動向に変化があれば書き足すつもりだ。リスク・オンへの転換がより明確になるから。

 結論。私の4,5月に1万8000円台の上の方、というシナリオは確度が高くなった。

 不安材料のひとつだった産油国の売りも、原油高で一安心。加えてサウジがアラムコの株式公開のためアドバイザーとしてJPモルガンとマイケル・クラインを指名し準備に入ったことで不安感は減少した。

 中国の方も予想通り、「突然死」というかハードランディング説は消えつつある。代わりに英国のEU離脱が懸念材料だが、米国株高はそこらをヨコに見ながら上がっている。ここらが大きく崩れなければ大丈夫だろう。

 

 映画のセリフから。スクープ発表直前の上司を含めた会議で、これまでこの神父の問題を取り上げずに来たことを反省する部下にトップが言う。「オレ達はふつう暗い道に立っていて見通しがつけられない。しかし時に光がやってきて行くべき方向がわかる。その時には行かねばならない。やろう。」

最後になりましたが、熊本の災害の被害者の方々、不幸にしてお亡くなりになったかたがたに。お見舞いとご冥福を心よりお祈りします。


2016年4月15日 (金)

映画{ボーダーライン}とリスク・オンの開始(第822回)



映画「ボーダーライン」とリスク・オンの開始(第822回)2016・4・16

 映画「ボーダーライン」の原題は「シャリオ」で暗殺者を意味する。監督は「複製された男」のドウニ・ヴィルヌーヴ。注目の新鋭だ。

 テーマは麻薬戦争。若い女性F日捜査官のケイトの目を通して、この戦いの政治的・道義的な複雑性を生々しく描いている。

 導入部がまずすごい。アリゾナの荒野の一軒家にケイトが部下を率いて突入すると、壁の中に何十人もの腐乱死体。すぐ近くの物置が捜査中に爆発、部下二人が死亡しケイトも負傷する。

 FBIの上司からその日のうちにケイトは麻薬カルテルの壊滅と首領追跡の専門チームへの出向を要請され、「志願します」。リーダーとともにメキシコのファレス市に向かうが、元コロンビアの検察官がコンサルタントとして参加。次から次へと作戦にかかるが、不可解な展開にケイトは悩む。米国で一部の映画館で上映されていたが、評判がよく全米で。アカデミー賞3部門でノミネートされた。たしかに面白く、観てよかった。主人公ケイトを演じたエミリー・ブラントもかっこよかったし。

 

 先週産油国SWFの売りについて書いたら実は世界最大の資産運用会社ブラックロックのアベノミクス見切り売り、とか。本当ならば、参ったなあと思った。同社は2014年4月以降対日投資を本格化し、5%以上保有の大株主になっている銘柄は62ある。時価総額4兆7900億円。

 CEOのローレス・フインク氏が「マイナス金利は銀行の収益に大きな打撃を与える」と3月下旬に発言、日本株への投資判断を引き下げた。

 銀行株は三大メガバンク、あおぞら、ふくおか、横浜。証券は野村、大和。日経225での有力株だとファナック、BS、ニトリ、JR東日本、ホンダ、スズキ、日立、NEC-。まあ、やまほど、ある。

 ただ同社は日本株を割安と言っていたし、日経225のPBR1倍は1万5100円だから下値は知れている。売っているはずのファナック、メガバンクも日によっては5~6%も上げている。産油国のSWFと違ってブラックロックは手持ちの減らしだから、まあ量は知れている。

 だから円高一服で、急に楽観的なムードが拡がっているのだろう。材料は原油高と円高のブレーキ。

 もちろん、何といっても資産運用のリーダー格のブラックロックの(恐らく手持ちのごく一部だろうが)売り姿勢は、他の外国人投資家に影響力が大きい。

 私はアベノミクスはこれから岩盤規制をブッこわして、1,2年するとアレレということになると確信している。目先は、あるヘッジファンドのマネジャーは「日銀の発言が変わった」として、リスク・オンで先物から買いに入っていると私に話した。意外なことが起きる、とも。

 映画でケイトがバーで息抜きをした後、メキシコの警官と自分の部屋にいったらこれがカルテルの手下で、危うく殺されそうになる。今の市場はたしかに先週述べた通り、想定外のリスクは数多い。しかし当分株価は高いだろう。

 

 先週も書いたが、捨てる神あれば拾う神ありで、新しい流れが見えて来た。

 主要7通貨に対するドル先物買いが、昨年11月の市場空前の40万枚に達していたが、今やほとんどゼロ。このドル買いが減少する過程でドル安(円高)が演出されたのだが。そろそろ転機が近そう。円買いの限界とか、ドン詰まり、という表現がいいと思う。

 原油に加えて鉄鉱石や銅まで上昇基調。リスク・オンへの転換はもう始まっていると確信する。

政策期待が大きな材料だ。

 となると建設株の一部の動意があるのは当然だし、個々の材料が出ると大きく反応する。だから勢いがいい。

 小野薬品(4528)のオプジーポの売り上げ予想の変更はサブプライズだった。2016年3月期の従来予想175億円の212億円への変更は、まあそうだろうな、だったが2017年3月期予想が何と1260億円!6倍だ。

 抗悪性腫瘍剤だが、他のガンにも広く利用され、世界の市場は1兆円を超えるとの予想が、アメリカ側から出されている。新薬の利益率は途方もなく高いから、PERは割高と思わない。推奨ではないがどうぞご研究を。

 次に。近く発表される前三月期決算はあまり良くないが、日本セラミック(6929)は自動運転用の超音波センサーで国内で90%、世界でも50%を占めるトップ。このセンサーは過去5年で市場規模は倍増し、2020年にはさらに倍。夢のある会社だ。

 投資アイデァとしては大和の木野内君が言っているリチウム電池の関連銘柄。電気自動車の急成長が材料。明年発売の米国の2018年が他社からカリフォルニア州は厳しい排ガス規制をおこない同業他社はたとえばテスラ・モーターから排出権を購入しなくてはならない。一方ドイツではEV車に今年7月から5000ユーロの補助金を出す。日本も追随しよう。テスラの新しい「モデル3」3万5000ドルの予約注文が30万台を超えた。十分に研究に値するが、もうすこし「これだ!」というには私の勉強不足だ。

 

 映画のセリフから。コロンビア人の元検事の謎の男(ベニシオ・デル・トロ、好演)が主人公に言う。「よく、聞け。アメリカ人には私のやることがすべて疑いを持つだろう。だが最後に君にもすべてわかる」。私には何年か先の日経平均3万円以上」の目標値達成で終わることが、はっきりと見える。

 

 最後にお礼を。私が入院したことをブログに書いたら、びっくりする位多くの方々からお見舞いと励ましのお言葉をいただきました。お礼申し上げます。もう本復し、従前と同じに活動しています。ただ8月に81歳ですから、十分に健康には注意します。皆様有難うございます。

2016年4月 9日 (土)

映画「雪之丞変化」と想定外の悪材料(第821回)

映画「雪之丞変化」と想定外の悪材料(第821回)

 退院後、ドクターからは「自重しなさい」と云われているので人の集まる映画館は厳禁、ちょうどCSの日本映画チャンネルで「雪之丞変化」をやっていたので。

1963年のこの映画は「死ぬまでに観たい映画1001本」に入っているし、市川昆の傑作。長谷川一夫主演300本記念映画で、山本富士子、若尾文子、市川雷蔵、勝新太郎などスター総出演。長谷川一夫は殺された両親の復讐を誓う女形とそれを助ける怪盗闇太郎の二人を演じた。当時55歳。

原作は三上於兎吉の小説、元ネタは英国らしいが、復讐のテーマのほかに歌舞伎の舞台を巧みに使った演出。美しい画面が、まだ、一見に値する。良かったなあ。

 今週は第一に例のパナマ文書がとんでもないショックを引き起こす可能性。第二には産油国のSWFの売りを市場は心配しているが、私がある専門家に取材したところでは有力産油国の王政そのものの変革にまで懸念していた。

 ともに現在市場ではほとんど誰も悪材料として認識されていない。

 私は5月の遅くとも中旬からヘッジファンドの「円買い日本株売り」との逆転が発生、1万8000円台の上の方まで日経平均は上昇し円レートは113~115円という投資シナリオを崩していない。しかしあまり人が言う前に早目に注目するのが私のクセ。まず二つを簡単に―。

 第一のパナマ文書。アイルランドの首相が辞めたって、アルゼンチンの大統領がどうなったって、こちとら日本人にはカンケイない。ただ英国の首相はBREXITとの関係で大ごとになるかも知れないが。

 私が懸念するのは習近平に対する江沢民一派の攻撃である。もう1年も前の医療スキャンダルが蒸し返されるなど、チャンスとばかり騒ぎを大きくしようとしている。いくら姉の夫だとか2年間休眠していた口座だとか言い訳しても、聞く耳もたぬ、だろう。

 最悪の場合、失脚か。ともかく中国の権力闘争の凄さは常軌を逸しているから、習近平の側近失脚でもかなりな混乱が起きるだろう。北朝鮮にも韓国にも大きな影響が発生する。

 第二の安い原油が引き起こす産油国の苦境。財政赤字はIMFの試算でも(バレル50ドル前提)2016年1595億ドル。現実には年平均バレル30ドルとすると2446億ドルの大赤字で、特に盟主サウジは1600億ドル近辺、GDPの28%もの財政赤字になる。

 305億ドルの国債発行やサウジ政府は対策を打っている。しかし1986年以来維持されてきた1ドル3・75リアルの固定制が維持できなくなる―と投機筋はにらんでいる。まあ、ことし、来年の問題ではあるまいが。

 日本人として気になるのは、産油国SWFの日本株売り、だろう。

 前記したある専門家の見方ではバレル50ドルで926億ドルの資金の引き上げと推定されている。バレル30ドルなら1200億ドルの在外資産の売却になるのではないか。

 ただ、繰り返すが産油国は不動産やホテル、せいぜい米国債、米国株が中心で日本株の比重は大したことはない。まだ売る株は残っているかもしれないが、私は知れていると思う。

 それでもちっとも上がらないじゃないか。そうです。円高が重石になって歯がゆいくらい、上がらない。4月一杯、こんな感じだろう。

 ここは森を見ないで、木をみましょう。

 私は次の2本のファンドが3月末で前年比それぞれ28・2%、18・0%の価格上昇になっていることを注目する。組み入れベストテンは次の通り。

 DAIWA新興市場日本株ファンド①ペプチドリーム②セプティーニHD③FPG④ベクトル⑤セリア⑥クルーズ⑦アルファポリス⑧シュッピン⑨ミクシィ⑩CYBYERDYNE

 SBI中小型割安成長株ファンド①ダブル・スコープ②ピーシーデボ③日進工具④東京個別指導学院⑤前田工繊⑥セリア⑦プレステイジィンターナショナル⑧アィティメディア⑨日精エーエスピー機械⑩エン・ジャパン

 他の高い実績を上げているファンドで目立って一致しているのはダブル・スコープ(6619)とセルア(2782)。どうぞご研究を。推奨ではありません。

 

 映画のセリフから。主人公が女形雪之丞と二役の義賊闇太郎が言う。「か弱くたった一人で大商人に仇討。助けてやりたくなるのが江戸っ子の人情というものじゃあないか。オレはあの女役者を助けるぜ」。捨てる神あれば拾う神あり、で、救いはどこかにあるものです。

 

2016年4月 5日 (火)

映画「インサイダー/内部者たち」とHFの作戦変更(第820回)




映画「インサイダーズ/内部者たち」とHFの作戦変更(第820回)

 私は嫌韓も嫌韓、大嫌韓。前任大統領李明博が天皇陛下に謝罪に来いというバカ発言して以来、食卓にはキムチはないし韓ドラも韓映も観ていない。しかし今回「インサイダー」を観たのは、私のソウルにいるソースから、社会派映画でいまの韓国社会を画いて歴代ナンバーワンのヒット、と勧められたからだ。

 ストーリーはドンデン返しが多いが大手自動車会社の会長の与党の大統領候補への贈賄、その仲立ちは大手新聞の編集主幹という支配族グループ。主幹は汚れ仕事を命じていたゴロツキに裏金ファイルの回収を命じる。一方検事でコネも学閥もない、しかし出世の意欲が高い男がいて―。

 高い階層だけが楽しめる性的接待(これはスゴい!)権力を利用した世論操作。学歴もなく親族に権力者もいない人間の絶望感と不満。原作はウエブ漫画で韓国社会の現実のうっぷんを晴らしたのだろう。

韓国の失業率は全体では4・9%(前年同月比0・3%悪化)だが、15~29歳の青年層は深刻で12・5%(同1・4%悪化)。

 しかもびっくりさせられるのは韓国の多くの大手企業は「雇用世襲」労働協約を結んでいる。これじゃあ不満が出るのは当たり前だろう。

私は日本語版の韓国の有力紙を四つ読んでいるが、面白いのは安倍内閣に好ましくないことが起きると必ず嬉しそうな記事を書く。日銀短観とか株価の大幅下げも入っている。自分の国はヒト様のことを言えるような経済じゃないのに。

 4月1日の日経平均600円安。これは産油国のSWFの売りだろう。1月、2月にこの手の月初めの大量売りが出た。機関にして2週間ぐらい下落、1月は1800円、2月は3000円近く下げた。良は2月の方が多かったらしいが、今回は日本勢のクジラは日銀のETF365億をのぞいて大きな買いの手を出していない。ちょうど首相訪米の時期でもあったし、PKOだのPLOだという一部の批判に気をつかったのかな。

私は4月1日に米国雇用統計が出てもNY株高、円レートも大きな動きがなかったのにホッとした。ヘッジファンドのドル売り(円買い)、日本株売りが少なかったのだろう。

 CFTCの円買いの玉は3月3日に比べて29日には1万枚の減少。しかも大切なことは、投機筋のリスクオンへの転換がのぞけることだ。

 ユーロ、ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフランを加えた6通貨のドル、先物買いは昨年11月下旬に40万3000枚と空前の残高。これが3月下旬に5万3000枚に縮小した。この買い残の縮小がドル安、リスクオフになった。

しかしドル売り圧力は減り、ヘッジファンドは次のリスク・オンに備え始めている。これは重要な作戦転換だ。このブログのポイントは、いつ外人が買いに転じるか、それは案外近い、ということだ。

そこにこの株安に恐らく危機感を高めた安倍政権が恐らく5月には景気対策を出すのだから、株価には効くだろう。1万8000円台の上の方までゆくのでは。

もちろん産油国SWFの株売りかもうないか、といわれれば、あるかも、になる。しかし私は×ってサウジやUAEに何回も売り込みに行った経験から、もう日本株の手持ちはほとんどないと考えている。少なくともヤマは超えた、といえると思う。

もうひとつ。日経平均の年初来12%の下げをよそにマザーズ指数が15%上昇。好調なことも注目している。また長期投資の欧米ファンドが動いた。介護サービス、N・フィールド(6077、インベスコ8%取得)やラジアルタイヤ向け不溶性硫黄の四国化成(4099、シニローダー5%取得)などで株価も軟調な中でしっかりだ。

 ではイマイさん。5,6月に1万8000円台の上の方に言ったらどうなるの?まあ、その時はその時。だが私はみんなが想定している悪材料でなく想定外の何か、があると思う。別の機会に申し上げる。

映画のラストのセリフ。ゴロツキが検事と友人になって、かつてゴロツキの愛人が「もうヤバい事は止めて海外に行こうよ。浜がきれいなモルディブで、モヒート(カクテル))を飲もうよ」といったセリフを思い出す。ところが間違えて「モヒートに行ってモルディブを飲もうぜ」検事も下級生まれだから「おい、モヒートって日本にあるのか?」。となりに座っていた在日と思われる夫婦連れが笑っていたのを思い出す。

 それにしてもー。本当に韓国経済は大丈夫なんだろうか?日本?大丈夫に決まってるよ。

実は3月31日夜に高熱を出して急性肺炎と診断され入院しておりましたが、先ほど退院。元気でおります。周りの方々にご迷惑を、おかけしてしまいました。お詫び申し上げます。4月5日記。

2016年4月 1日 (金)

今週のブログ掲載についてのお知らせ

事情により、今週のブログの掲載は2~3日程遅らせていただきます。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »