今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月28日 (日)

映画{ニュースの真相}と情報コントロール(第841回)

Wntkgizv_3

映画「ニュースの真相」と情報コントロール(第841回) 2016・8・28

 2004年、CBSの報道番組「60ミニッツⅡ」のスタッフに再選を目指すジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑の情報タレ込みがあった。

 プロデューサーのメアリー(ケイト・ブランシェット)は他局にさきがけ報道したく、完全なウラ裏付けが取れぬまま放映する。

 ところが採用した証拠のコピーをブロガーが偽造と断じ、同業他局も激しく批判報道を続ける。アンカーを務めるダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)はメアリーをかばうが、CBS首脳は内部調査委を設置。肝心の軍歴問題はどこかに飛んでしまい、証拠の確認不正を責められる。出来レースの委員会の結論でメアリーと部下二人は解雇、ダンも契約更改してもらえなかった。米国ではラザーゲートとして知られる事件だ。

 

 今回の映画は原作がメアリーの手記だから不当解雇を糾弾する姿勢だが、やはり情報の正確度には問題があった、とは認めている。

 

 現代の日本の報道番組は、ある調査では7~8%は、例えば情報を与える記者会見とか官庁ごとにある記者クラブを情報源にしている。TV局が独自に取材して番組を作るケースは少ない。だから週刊文春のスクープ連発が光る。

 

 私はヘリマネに対する批判報道は明らかに歪曲化されまた不勉強と、思う。高橋洋一さんが怒るのも当然だろう。必ず「歯止めがきかずハイパーインフレに至る(または可能性大)とオドカす。国際会計基準では「3年間で累積100%(年率3割)の物価」という定義なのも知らない。

 また戦後日本のハイパーインフレを「日銀の国債引き受けが招いた」と耳学問でカンタンに片付けているのがほとんどだ。

 戦前の高橋財政は1932年11月に始められた。これで物価は4,5年で15%下がっていたものが卸売物価指数でみると32年から44年で9%上昇。円の対ドルレートは高橋財政前の1ドル2円が一時5円に切り下がり、のちに3円50銭まで円安になった。つれて産業は目覚ましく拡大し、高橋前比で鉄鋼2・4倍、石炭1・3倍、電力1・75倍になった。

 これが戦後に悪性インフレ化し、45年は41・1%、46年には378・5%とひどいものだった。戦時中の戦費調達、戦後のモノ不足が引き起こしたインフレである。高橋財政が引き起こしたものではない。

 実はヘリマネはベン・バーナンキ氏はむしろ反対で「財政ファイナンス」に減税を主張していることはこのコラムでも述べている。これがわざと曲解されているのは、財務省の儒報管理のせいだろう。

 ヘリマネ反対論者は日銀が量的緩和を開始したときもハイパーインフレになると述べていた。前回も間違え、史実にも疎い外れ屋を私は信用しない。ましてや曲解やツマミ食いしているヤカラを、どうして信じられようか。

 

 財政ファイナンスが好ましい理由は次の通り。

 GDOギャップがマイナスの時期じゃ需要より供給力が大きい。モノ余り人員過剰時代、10兆円の需要不足だろう。このギャップを埋める投資は景気対策として望ましいことだ。

 国債はいま品不足である。2016年度の発行計画では162・2兆円。市場に出回る分は147兆円。ここから買いオペの対象にならない短期国債25兆円を除くと122兆円。

 これに対し日銀は年120兆円の買い入れだ。だから、マスコミの言う「マイナス金利は“禁じ手”とか“量的金融緩和の手詰まり”という批判はとんでもない間違いだ。

 マイナス金利は銀行の400兆を超える預貯金(うち日銀当座預金250兆円)を運用難に陥れさせ、民間企業などへの貸し出し増加、経済活動の活発化につながる。私はあるエコノミストの会合で「マイナス金利は私は正しいと思う」と発言した。問題は1月29日の発表後18日でスタートしたこと。(ヨーロッパは半年近くかけている)。この単金Cっ口に不勉強なマスコミは否定キャンペーンをして、世の中に沈滞ムード、警戒心を起こすに違いない。個人の預貯金がマイナスになるとか、俗論がヤマのように出る。

 

私は「ニュースの真相」を見ていて、軍歴詐称が見当違いな誤認で押しつぶされたように、いま安倍政権がやるべき政策が押さえ込まれたのを恐れる。私は少数派だが、財政ファイナンスは推進されるべきだという考えを変えない。

 

 ところでFRBイエレン議長のジャクソンホール講演で利上げが近いという観測が高まり、9月2日の8月の雇用統計に焦点が定まった。円の対ドルレートは下落に転じた。投機筋の円買い玉は7月26日の3万5000枚が8月23日には6万枚に増加している。これが売りに転じたら1ドル103円から105円に。1円は日経平均220円だから1000円高の材料が出た。そのあたりで年内の高値が付き、秋の「大魔王」のの来襲で下落というシナリオだ。大魔王が何かは、わからないが、ドイツ銀行か中国か。サウジ王家のトラブルか。保険のロイズか。何もないことを願うが。

 

 映画のセリフから。ダン・ラザーが若いスタッフに言う。「疑問を持ち質問することは重要だ。やめろとか偏向だといわれても、質問をしなくなったらこの国は終わりだ」。財務省の日本危ない、借金返済のため増税必要というネガティブ・キャンペーンへは疑問が多い。

 

 オマケに。ロバート・レッドフォードの美男ぶりを覚えているから変わったのにビックリ。79だから私と二つちがう。今日私は81歳になったが、死ぬまで頑張るつもりだ。お祝いのメールには「ますます頑張ってピンピンコロリを目指してます」と書いている。

2016年8月20日 (土)

映画「シン・ゴジラ」とリオ五輪閉幕と円・株(第840回)

Yjimage

映画「シン・ゴジラ」とリオ五輪閉会と株・円(第840回) 2016・8・21

 「ゴジラ」ものは1950年以来、10年に1回ぐらいでシリーズ化されてきた。次第に子供だましのつくりになり休止―が繰り返されてきている。今回の復活作は世評通りの傑作で、私は2回観た。庵野秀明総監督。

 東京湾の羽田沖でアクアトンネル崩落が起き官邸スタッフが事態の収拾にあたるが、実は途方もない危機の始まりで、次から次へとー。

 主役は内閣官房副長官の矢口(長谷川博巳)だが、300人を超える役者が次から次へと出演し、官邸内のあわただしさをせいぜい何秒かのショットで速いテンポを写す。すごい数の官僚、政治家の名前と肩書きが出るのだが、要するに「日本の強さとは『個』ではないことをこの映画は伝えている。

 その通りの展開で、首相や主要閣僚はゴジラの起こした破壊と大混乱で行方不明になってしまうが、すぐ次期首相が引き継いで何とかやってゆく。主人公のセリフ「次のリーダーがすぐ決まるところがこの国の強みだなあ。」この映画の大きなテーマは「有事の時の危機管理」で大人の鑑賞に耐える。

 ゴジラは結局ある奇策で押さえ込まれ、米国の原爆投入は回避される。放射能がまきちらされるが半減期は短く、被害は大きいものの東京再建は何とかやれる見通しで終わる。主人公のセリフ「この国は立ち直る。スクラップ・アンド・ビルトは得意だし、やるしかないんだ」。

 リオ・オリンピックが終わるが、治安面では一部で問題があったが、まあ無事に終了で良かった。もう関心は4年後の東京。あと1500日だ。特需も含め日本経済の沈滞を救う妙薬だろう。

 ただ私は少し先のことでまだ心配するには早いが、五輪が閉幕した後に開催国経済で大問題を起こしてきた。

 2004年のアテネ五輪はその後債務危機だし、その4年後の北京五輪は中国経済ハードランディング危機とリーマン。そして前回のロンドンはBREXIT。

 今回のブラジルは経済悪化と治安悪化、政治危機がワンセットになった複合不況が深刻化している中のオリンピックだった。どんな「危機」になるかはわからないが。

 まるでゴジラが始めの騒動を起こしてすぐどこかに隠れ、その後2倍に巨大化して東京に現われたように。

 

 私はこの何週間か、ブログである主張を繰り返してきた。尖閣諸島への中国の脅威を主に警戒論を述べた。秋には大型台風が相当な確率である。しかしその後長期上昇相場が開始され日経平均3万円への途を辿るというシナリオである。

 

 私の主張の前半の部分が本になった。テクニカルアナリストとして著名な伊東秀広さんの「世界同時超暴落(フォレスト出版)」で近く本屋さんに出る。1600円+税はやすいし、よみやすい。

 帯のセリフをみると「2016年10月~2017年3月、日経平均1万2000円~8000円」(!)

 内容はネタバレになるから書かないが、伊東さんらしいいろんな分析を書いた本。

 

 私はいまの株式市場は板挟み、と思う。上限は円高恐怖の天井、下限は日銀のETFの買いで、売り手も買い手も手が出せない。8月15日には歴史的薄商いとなった。

 尖閣問題は9月のG20に、米オバマ大統領が訪中して習近平主席と会談、恐らくここでクギを刺すから、不安はまあ一応減少したとみていい。もっともロシアが国際会議の直後ウクライナ侵攻した例があるから、あてにはならない。まだまだ楽観は禁物だ。

 これに加えてドイツ銀行などの金融不安問題か、サウジなど産油国のSWFの売りか、それとも想定外の何か、か。注意深く、しかし強気でいたい。

 

 映画のセリフから。ある作戦を遂行するため、ネタバレになるからくわしく書けないが、ある国に交渉。これが別の大国に知れる。「日本が外交でこんなこすからいことをやるなんて驚きだ。危機というものはその国を成長させるんだなあ」。日本を巡るリスクはヤマほどある。しかし私は強気だ。


2016年8月13日 (土)

映画「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」とトランプと尖閣839回

Ginko_large_2

映画「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」とトランプと尖閣(第839回)2016・8・14

 映画好きにはたまらなく面白いドキュメンタリー。主人公はフランズ・アフマンというオランダ人の銀行マン。8,90年代のハリウッドを資金面から支えを功労者で「プラトーン」「ランボー」「ターミネーター」などこの人がいなかったら陽の目を見なかっただろう、と言われている。

 なぜさほど大きくない銀行の部長クラスの男が沢山の名作にかかわり、監督や製作者から感謝されているのか。この映画の監督は主人公の娘ローゼマイン・アフマン。愛情あふれる作り方が微笑ましい。

 撮影中に資金がなくなって電話したら翌朝、大金が振り込まれていたとか、脚本のアイデアの紙一枚に何百万ドルも貸し出したとかー。しかも大監督や大スターがその証言(?)をする。楽しそうに。

 主人公が発明したのは「プリセールス」という資金調達システムで、このおかげで独立系の製作会社が大手ならボツになる大胆な企画を作品にできた。

 

 一人の人間が時代をマックラにしてしまうことは歴史上ヤマのようにある。レーニン、毛沢東、ヒトラー。現在ではトランプと習近平の二人だろう。そしてこの二人と尖閣を組み合わせせるとイヤーなことになる。

 

 米国の権威あるシンクタンクのランド研究所の専門家が協力したシミュレーションを5月30日付産経新聞「野口裕之の軍事情勢」で紹介している。「日本は5日間で負ける」という分析で、米外交誌フオーリン・ポリシー1月15日号に掲載された。要旨は次の通り。

 

〈第一日〉日本の活動家が尖閣諸島の魚釣島に上陸」、日の丸を掲揚。中国は海警を急派、全員逮捕する。

 〈第二日〉日本政府は海上自衛隊の護衛艦や戦闘機。中国側も海軍艦艇を派遣し一触即発の状況に。米国は安保条約を守るべく要請され日本海に駆逐艦、尖閣とは原潜を派遣する。

 〈第三日前半〉中国海警の巡視船が日本漁船を体当たりで沈没させ、中国海軍のフリゲートが日本の自衛隊機を撃墜、海上自衛隊の艦艇も2隻沈められ500人が死ぬ。

 〈第三日後半〉日本からの追加支援要請を受けるが、ここで米国政府は腰が引けはじめる。本格的な戦争への拡大は望まないので、短期で日中領国の顔を立てる。米原潜は中国海軍の駆逐艦2隻を撃沈し数百人を殺す。

〈第四日目〉中国側は本格的な対米戦争を回避しながら米国に打撃を与える。送電網を破壊して大都市で停電、ウオール街では証券の取引システムを操作して損失。米国国債の売却もチラつかせ、日本にこれ以上の援護を行わないよう圧力をかける。米国は何とこれに屈し、日本側の要望(米空母派遣、中国基地へのミサイル攻撃他)に応じない。

〈第五日〉中国は海自の艦艇にミサイル攻撃、日本側は24時間で五分の一を失う。米国は原潜と航空機を増派し、海自の撤退を支援する。

 

 こうして、中国は尖閣諸島を手に入れる。日本は送電システムを破壊され、ジェット燃料の精製施設も失う。

 野口裕之氏はこのシナリオの学習不足をいくつも指摘するが同時に「トランプが大統領になれば、第三日後半の対日援助すらなしで、同盟国間の不信・離間を招いても意に介しないだろう」としている。中国がカネをばらまいて、日本お荷物説を信じさせてきた「成果」だ、とも。

 

 以上、書いてきただけでも胸クソが悪くなるようなシナリオだが、一応夏の夜の悪夢としてご紹介しておく。

 

 9月5日のG2O。終わって26日にはトランプ=クリントンのTV討論第1回目。このあたりの米国の権力空白期はかなり危ない。

 救いは第一にトランプの支持率が予想通り急減し始めたこと。第二は中国漁船、海警、中国海軍の日本領海侵入急増に対し米国からの強い警告が、繰り返し発せられていること。それに前回も述べた横須賀と佐世保の乾ドック。

 イマイさん、株の話しは?

 ETFが材料になっている需給相場なんだから、コワーい話さえなければ、やはり堅調でしょう。

 

映画のセリフから。1986年のアカデミー賞の作品。監督など4部門を獲得した「プラトーン」の製作者が授賞式の場でオスカーを手にして興奮して叫ぶ。「この賞はクレディ・リヨネ銀行とミスター・アフマンのおかげです!」。アカデミー賞史上、融資してくれた人物の名が言われた唯一の例だとか。うらやましい。

 ひとりの力でもこれだけのことができる。大国の権力者は世界をも変えられる。まあ指導者としての能力がないのに権力だけ欲しがる人物がトップになると大きな災厄が起きるのだが。

 

 今回はオマケ。小池都知事は相当にうまくやる。

陛下のおことば。あれは皇太子への父としての思いやり。


2016年8月 6日 (土)

映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(第838回)

映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」と新内閣(第838回)2016・8・7

 先週から今週、忙しい合間によく観た。「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」「ある天文学者の恋文」「ダーク・プレイス」ほかに今回の「ダルトン・トランボ」を書くためにBSでトランボの半生を画いた記録映画も観た。

 私もサラリーマン生活の永い人生の間に、いわれのない誹ぼうや自分の功績を他人がさらうというような理不尽ないじめをヤマ程経験してきた。ダルトン・トランボほどではないが。

米国の第二次大戦後のマッカーシー上院議員などが起こした「赤狩り」で、仕事も名誉も奪われ投獄もされる。それでもいい脚本を書きつづけたダルトン・トランボは、私の英雄だ。

 ずいぶん傑作を書いている。有名なのは「ローマの休日」だがスティーブ・マックイーンの「パピヨン」オット-・プレミンジャーとポール・ニユーマンの「栄光への脱出」。何といってもひとりの奴隷の反抗の物語「スパルタカス」。カーク・ダグラス、ローレンス・オリヴィエ、ジーン・シモンズ皆良かった。監督はスタン・キューブリックを起用。私は4,5回観ている。大傑作になった。

 トランボは自分の名前を出して書くことは許されない。そこで他人名義で安い脚本料で二流の映画会社の他人に持ち込まれた他人のシナリオを書き直す。自分だけでなく、他のハリウッドから追放された仲間の分も働く。何とバスタブの中にタイプを持ち込む。時間がないからだ。その中で書いた「黒い牡牛」はアカデミー賞をとったが他人の名を借りたので、授賞式に出られない。

名が出せないとか、知られないというのは、ヘリマネと共通点がある。今回のバーナンキ来日がヘリマネだろう、と解釈され、財務省ポチのエコノミストたちが猛反対している。皆やれ歯止めがないとかアベノミクスの失敗とか言いたい放題だ。

 ご本人が聞いたら、曲解も甚だしいと思うだろう。ここではバーナンキ本人のブログでの論文「FEBに残された手段は何か」とCBNCに出演した4,5月の発言を基に再構成してみよう。

バーナンキ氏はフリードマン式のヘリマネは極端な手段としてやや否定的だ。フリードマン式は中央銀行に直接国債を引き受けさせるいわゆる「財政ファイナンス」というものだ。「債務による財政プログラム」とバーナンキ氏は言っている。

 バーナンキ氏は別のやり方、つまり政府が中央銀行に保有する政府口座に中央銀行が資金を直接振り込むというもの。「マネーによる財政プログラム(MFPPS)という名までつけている。

 金融政策が脱デフレの観点から手詰まり状況。そこでMFPPSは財源ねん出を、財政法第5条を改正せずに同じような効果を持つ、とバーナンキ氏は云う。

同氏は①先行きの長期需要を引き起こす公共投資②個人消費に結びつく減税の併用を主張している。財務省はこのバーナンキ氏の主張を曲解し、ヘリマネ即大愚案として大宣伝しているのだろう。

さて、現実にこのマネーによる財政プログラムつまりバーナンキ案の効果はどうか。

 マネーによる財政プログラムつまりバーナンキ案は次のメリットがある。(この部分は三井アセットマネジメント市川雅裕氏の資料による)

              図表1:財政プログラムの効果比較

 

期待される効果        マネーによる           債務による

                  財政プログラム          財政プログラム

 公共投資による需要増   効果あり              効果あり

税金還付による所得増   効果あり              効果あり

期待インフレ率の上昇に  債務財政プログラムより  マネー財政プログラムより                                                  

よる実質賃金の押し下げ  効果は大きい             効果は小さい

 将来的な課税負担増    効果あり              国債発行を伴うため

 回避                                     効果なし

 

 さあ、効果はわかった。実現性は。

財務省のヘリマネ悪宣伝。公共事業へのアレルギーを除かなくてはならない。そこでデフレ脱却の目標ための財政プログラムの採用をテーマにして、安倍首相は総選挙で国民の信を問い、その勝利で反対を押し切る。

 私がそう見るのは今回の内閣改造と党幹部の改組。その中で幹事長に二階俊博氏が就任したこと。同氏は国土強靭化計画を主張、財政拡張を推進して来た人物。谷垣前幹事長や岸田外相は宏池会で財務省出身の首相を多く輩出し、緊縮財政賛成派が多い。

私は前から申しあげて来たが、本格的な脱デフレ政策は、秋の総選挙を免罪符にして「国策」となる。株?そうなりゃ「買い」に決まってるじゃないの。ETTF6兆円もあるし。建設株中心のポートフォリオは3,4年間で株価倍増も少しも夢じゃない。

夏から秋にブラックスワンが出て来ることは覚悟の前。下押し幅が大きければ大きいほど、大買いチャンスと考えること。私は慎重な積極派だ。

 映画のセリフから。ワシントンでの非米活動委員会の赤狩りに呼び出されたトランボ。「君は共産主義者か」と一方的にいわれて言う。「“はい“か”いいえ“で答えるのはバカか奴隷だ」。言論と思想の自由を訴えたのだが、議会侮辱罪で国家転覆を図る危険分子というレッテルを貼られる。いま財政プログラムでの脱デフレに賛成するひとはトランボと同じような目に会うかもしれないが。でも私は意見を変えない。私はガンコな猪年生まれのジイサンで、もうあと20日で81歳になる。アホと言われても、私は強気だ。

Yjimage

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »