今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月24日 (土)

映画「マダム・フローレンス!」と日銀、FRBとトランプ(第845回




映画「マダム・フローレンス!」と日銀、FRBとトランプ(第845回) 2016・9・25

 近く開かれる東京国際映画祭のオープニング作品で、実話をもとにした心温まる佳作。公開は12月だが試写会で観ました。主役はメリル・ストリープ、その夫でマネジャーがヒュー・グラント。

 1944年10月に音楽の殿堂カーネギーホールは満員、ホールの外に入りない聴衆たちがいた。偉業は現代まで語り継がれ、今でもカーネギーホールのアーカイブ。一番人気だ。

 

 ところがリサイタルの主役、ソプラノのフローレンスは資産家未亡人で社交界の花形だが、ものすごい飛び切りオンチ。メリル・ストリープは本当は歌はうまいのだが、メチャクチャな音程はずしで笑わせる。夫のシンクレア(ヒュー・グラントはこの致命的な欠陥を気付かせないで、フローレンスが自分自身を偉大な音楽家と信じきっているところが何ともおかしい。それを気付かれまいと夫はお人好しのピアニストを雇ったり評論家を買収したり、仲間内でのリサイタルに止めていた。ところが大ホールで歌いたいと言い出したのでー。そこから騒動が始まる。ヒュー・グラントはオスカー候補と言われているが、さもありなん。巧い巧い。笑いと感動の実話だ。

 

 日銀が発表した新金融政策は正直言って評判が悪い。嶋中雄二さんは「過去5回の経験から「量」の拡大なしに為替円安と株価上昇を同時に引き起こすことが出来たためしはない」と述べている。

 嶋中さんは「安倍政権の上げる2020年度名目GDP達成のためには(1年半のタイミングを考慮すると)2019年度上期までマネタリーベースを年率92兆円20・4%増で拡大させる必要がある」とも。

 好意的な見方をしているベン・バーナンキ前FRB議長も「10年もの国債の利回りを0%に維持するのに80兆円も必要か、逆に足りない場合もあり得るのでその部分は『分からない』」。またこの0%の長期金利維持政策はヘリコプターマネーを連想(間違いなく連想だけです)させる」とブログに記している。果たせるかな、その日は別にして円高株安。

 

 ウォールストリートジャーナル9月22日付は「日米中銀が正反対な動き、投資家は板挟み」という記事を載せている。FRBヘレン・イエレン議長は利上げの年内実施を示唆した。

日銀とFRBの政策は、市場をリスクにさらしている、と同紙は指摘している。日本の方は0%長期金利の目標維持を市場が(恐らくヘッジF)が日銀の決意を試す可能性。一方FRBの方は利上げだから、世界の資金の流れが変化する恐れが起きる、と、当たり前だ。円高を押さえ込んでいた米財務省は円売りドル高の流れが発生したら止められまい。今回のFRBは発表でそれが12月とかなり暗示されたことは大きい。

 

ただ、イエレン議長の性格を考えると、またまた延期、利上げ来年は来年、の可能性もある。

ある欧州の有力紙元主筆から聞いた話。歴代FRB議長のインタビューを一面に取材して書いた経験だが、まずグリーンスパン氏は2,3語訂正する程度、バーナンキ氏は2,3行、だからFAXを送るのは1回でOKだった。

ところがイエレン現議長は何と8回も訂正を入れて来たので、新聞の締め切りに間に合わなくなり難儀した、とか。

だからこそ地区連銀の理事たちが、FOMCの前のスピーチで利上げすべし、と息巻いてイエレン議長のおしりを叩いている、というわけだ。

 

まるでマダム・フローレンスの音程の方が半音どころか一音ちがうように、米FRBの方が、これまでも利上げのチャンスは何回もあったのを繰り延べしてきた。なるほどそれならナットクがいく。決断がつかない女性は数多いから。

 

FRB利上げについては、トランプが有利そうなときには同候補は利下げを主張している候補なので、いまのうちに利上げして、イザというときの引き下げのノリシロを作る、と見られていた。

しかし、健康問題が出ても、カケ率はヒラリーは1,2倍が少し上昇した程度。一方トランプは4・7が3・8に下がったが、まだまだヒラリー絶対有利だ。七-三かな。

 

 クック社の選挙人の州ごとの調査で見るとトランプは190人、ヒラリーはすでに必要とされる270人近く。あと一つか二つの州で勝負が決まる。健康問題が26日を含め3回のTV討論会で出なければ、(つまり発作が起きるとか)ヒラリー有利だろう。日米安保の問題の懸念は少なくなる。

NYで安倍さんがヒラリーに会った。外務省も必死で情報を集めているだろうから、この際恩を売っておいた方がいい、と計算したのだろう。トランプには会っていないから。ヒラリーは当選したらお返しにTPPを通す、というのでは。

 

以前世界中にブラックスワンは多い。新手は最近急伸しているジャンクボンド。利回り、またムリな販売でサブプライムさわぎの自動車業界版がー。この二つが米国発。まあとりあえず楽観論でいこう。目配りは忘れずに。

 

映画のセリフから。夫が言う。「強気でいこう。チャーチルが弱気だったら、いまごろとっくにバッキンガム宮殿はヒトラーが占拠しているさ。現実にはそうじゃないだろう。」この明るさを忘れずにいたい。私は来年ぐらいには360兆円の法人預金が動き出して、世の中変わっちゃうと思っているから。

 

2016年9月18日 (日)

映画{怒り」とヒラリー重病説とトランプ(第844回)

映画「怒り」とヒラリー重病説とトランプ(第844回) 2016・9・19

吉田修一原作、李相日監督というと6年前のヒット「悪人」が記憶に残る。今回の方が映画としては出来が良い。八王子で発生した夫婦殺人事件が始まりで、犯人は名はわかったものの顔を整形して逃亡、行方がしれない。

 2007年の英国の若い美人リンゼイさん殺害事件の犯人市橋達也が整形して無人島に潜伏。この事件が下敷きだが、犯人探しのミステリーではない。

 殺人から1年後、三つの場所に素性の知れない三人の男が現れる。東京、千葉、沖縄で。それぞれいわくありげで周囲の人たちは、はじめは信じていたものの、次第に信じられなくなってゆく。人間の本質に迫る重厚なドラマだ。

 俳優がいい。宮崎あおい、松山ケンイチ、渡辺謙、妻夫木聡、広瀬すずー。熱演だ。坂本龍一の音楽も素晴らしい。今年のベスト・テンに入るだろう。

 

 映画の中で犯人が顔を整形して別人に成りすましたように、いまヒラリー・クリントンの病気が「肺炎」で「元気に行脚を再開する」というのはウソだ、と私は推測する。ウェブサイトではパーキンソン氏病と確信している医師が多い。私のNYの友人もこの見方を支持している。

 

 ユーチューブでみるとパーキンソン氏病症状と治療薬(レポドバ)の副作用が何回も見られる。TVの対談で大きく首を振り続けたり、不随意運動と呼ばれる不自然な動きがみられる。このほか、動作の緩慢さ、筋肉の硬直など、慌てて側近が駆け寄るシーンもユーチューブに。

 別の投稿した医師は「パーキンソン病ではなく脳疾患からくる血管型認知症だ」とも。痰を伴わない咳もヒラリーの場合は極めてしつこい。

 

 

 ヒラリーの最重要側近の黒人男性は「メディカル・医療担当」との身分証が発行されているが必ず黒い棒状の注射器を持っている。緊急事態への準備だろう。

 フェイスブックにはヒラリーが演説中に緑の球を吐き出すシーンも映されている。

 

 9月13日、ウォールストリートジャーナル紙は社説で「クリントン氏もトランプ氏も医療記録を精査して公開せよ」とし、2008年の共和党ジョン・マケイン氏の例を挙げた。マケィン氏はベトナム戦争での長期の拷問やがんで大統領職をこなせるかが疑念を持たれたが、医療専門家に1000ページ以上の医療記録を精査させた。今回はクリントン氏は2ページ、トランプ氏は1ページの「極めて良好な健康状態」と云う、まあ適当に書かれているとしか思えない発表だけ。

 

 となると、ヒラリー当選のシナリオは少々あぶない。①当選しても実際の政治はティム・ケイン副大統領が仕切る②トランプが大統領の二つ。

 ②の場合、ここ1週間の短期間に不思議なことがあった。トランプは何と①元CIA長官だったジェームス・ウールジーを安全保障問題顧問②ヘリティジ財団のアナリストのスティーブン・ムーアを経済政策顧問として雇った。

 トランプはイラク進攻を愚策として強く批判し軍産複合体を敵視しているが、軍産をバックにしたネオコンの一員のウールジーを雇った。しかもこの人は元民主党支持者だった。

 TPP反対、自由貿易否定もトランプの持論だが、ムーアは自由貿易推進論者である。

 7月にムーアがある会場でトランプ政権下の経済政策として①米政府のエネルギー省、商務省、教育者を廃止②貧困家庭への救済援助廃止③石油、ガス(シェールガス含む)すべての規制の撤廃、を主張した。

 ウラを読めば、アメリカを実質支配している軍産複合体、メジャーオイルの意を迎える人事である。ウォール街はカヤの外だが。

 

 順番は逆だが①のティム・ケイン副大統領候補を紹介しておこう。」この人はハーバード大ロースクールを出て市民権派弁護士、1994年バージニア州リッチモンド市会議員、同市長・同州知事、その後上院議員で、三職をつとめた政治家は米国史上30人しかいない(ケイン事務所)。上院では外交、軍事委員会に属している。

 

 私はネット上ではHilaryならぬillaryと呼ばれているのは気の毒と思う。NYダウは重病説がネット上に流れた9月9日の金曜日394ドル安、翌週月曜は式典の中途退場もあって292ドル安だった。私は「この秋、どこかから『大魔王』が来る」と予測してきたが、どうもNYから、となる可能性を否定できない。クワバラ、クワバラ。

 

 映画のセリフから。ゲイの藤田優馬(妻夫木聡)は同居していた大西直人(綾野剛)を一時は犯人と疑うが、実際は心臓の病で死亡していた。そのことを妹が言う。「ゲイはずっと隠れて生きていくしかないと思ってたけど、いま一緒に暮らしている優馬さんはそうじゃないって、堂々としているんだって。」ヒラリーが万一、重病だったとしても、堂々と生きてほしい。 



2016年9月10日 (土)

映画{君の名は。」と予想外の不安材料(第843回)

映画「君の名は。」と予想外の不安材料(第843回)2016・9.11

 大ヒットしている青春ものアニメで新海誠監督。あの大林信彦監督の名作「転校生」の男女入れ代わりを思わせるストーリーだが、福島、熊本などの天災に似た彗星の衝突をからませているところが、リアリティがある。大人の鑑賞に耐える美しい画面の映画だ。

 舞台は山奥の小さな町。父を町長に持つ女子高生三葉は古い風習にいや気がさし「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」と願う。

 ある夜、自分が男の子になり東京に住んでいる夢を見る。一方東京に住んでいる男子高校生は女の子として山奥の町にいる夢を見る。それも何回も何回も。入れ替わる身体と生活に戸惑いながら、お互いがメモを残し繋がりを深めてゆく。ところが、ある日突然に入れ替わりが途切れてしまってー。そこいらからドンドン奇想天外にお話しは拡がってゆく。

 

 私がこの秋以降、予想外の「大魔王」で株価は激動するが、そこは大変な買い場と主張し続けていることはご存じの通り。

 「大魔王」の可能性としては①ドイツ銀行破たん②EU脱退とユーロ不信③尖閣への中国の漁民に仮装した民兵の上陸④大手ヘッジファンドの破綻⑤トランプ大統領出現⑥何らかの天変地異⑦それに我が国での大規模テロなどなど。

 

 ほとんどは最近言われだした不安材料で意外性に乏しいが、実はもうひとつ、現われた。

 それはサウジ。イエメンに対し戦闘が行われ、4月に停戦が発動したものの和平協議は行き詰まり。この間にイエメン内部でアルカイダやISなどが勢力を伸ばしている。

 8月27日シーア派の武闘組織フーシが掌握するサバ通信は「サウジアラビアに向けて一発のミサイルが発射された」と報じた。サウジ内務省は「イエメンから発射された飛翔体で南部の送電設備で火災を生じた」ことは認めている。(JBプレス9月9日付 )。

 経済産業研究所上席研究員藤和和彦さんは、このテロ攻撃もさることながらサウジアラビアの資金不足による進行中の事業の中止を懸念している。国内の不満の高まりによるサウジの地政学的リスクの増大不安だ。

 私はイエメンとサウジの近さから、ミサイルによりサウジの産油、精製、輸送などの重要施設に支障が発生するリスクの方を重視する。オイルショックの再現、かもしれない。

 

 映画で高校生二人が身体の入れ替えるように原油安が高価格に変わったら、そりゃあ投資家はみんなビックリするでしょう。債券への過剰なシフトも変わるだろうし。

 日本株の長期上昇を確信している理由の方もずいぶんあるが、おそらく年末か来年に発生しそうな、株価に大影響を与える材料のひとつ。それは360兆円の法人による預金だ。

 日銀はマイナス金利を簡単にやめない。9月21日の黒田総裁会見でも、深堀りの可能性を言ってもおかしくない。

 理由はカンタン。マイナス金利の幅拡大のため、銀行は口座維持手数料をとる。企業はため込んだ内部留保は何とかしなくちゃならない。とりあえず研究開発(R&D)、次がM&A。恐らく三番目が地方自治体あるいは公共団体が発行するインフラ投資のため発行される債券(恐らく免税)。

 マネーフロー分析では、まあ眠っていたお金が動き出すと、株は最後に動きだし、世の中変わっちゃう。去る一月のマイナス金利開始はその準備だと私は思っているから。

 

 相場の話をしよう。6兆円に増額された日銀のETF買いは9月に入り1日しかやっていない。9月末の期末にもろ上げる作戦なのだろう。

 折も折、シカゴの通貨市場で動きがあった。日本円の大口投機玉の買い越し量は8月30日から9月6日までの1週間で9172枚減少。円買いは減り売りは増加している。経験則では1万枚の増減で63銭の円の上下がある。円は流れとして円安に動き始めている。ETFも考えると1万7250円のカベを抜くと1万7000円台の上の方。1万8000円さえ夢ではあるまい。NY株が弱いのは気になるが。

 

 冒頭のこの映画の紹介の所で忘れていたがRADWIMPSの音楽が実に画面にあっていて気に入った。どの曲も良かったが、耳に残った歌詞を―。「もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけでいいから、 もう少しだけ くっついていようか」。81歳のいま「青春時代は夢なんて、あとからほのぼの思うもの。青春時代のまん中は胸にトゲさすことばかり」(森田公一とトップギャラン)の歌を思い出す。青春映画を観るといつでもこの歌と現在の若い人のいまとの差を実感する。やはりトシなのだろうか。

 

2016年9月 3日 (土)

映画「後妻業の女」と自分年金の決心(第842回)




映画「後妻業の女」と自分年金の決心 (第842回) 2016・9・4

 黒川博之の原作が面白かったし、何といっても大竹しのぶが悪女を演ずるのが魅力で観た。予想通りほとんどが中年以上の夫婦連れで満席。殺される側の金満老人役が津川雅彦や六平直政、伊武雅刀などの芸達者だし、真相に迫る探偵役の永瀬正敏も良かった。陰惨になりやすい話だが、そこは大阪弁の柔らかさと軽快さで、面白い喜劇にしている。私は笑いっ放しだった。

 小夜子(大竹しのぶ)は7人の金持老人を色香と巧みな演技でとりこにし、後妻になってから事故や病気に見せかけて殺し、公正証書を武器に財産を巻き上げる。「成果」を小夜子と半々にしているのが結婚相談所長の柏木(豊川悦司)が葬式で云う。「功徳があったんかいな、爺さん。あんじょう成仏したってや。」実はこの二人が共謀して点滴に空気を入れてころした。全く罪悪感のないこの二人のやり取りが絶妙だ。

 

 この映画がヒトゴトと思えないのは「長生きリスク」に数多くの老人(とくに団塊の世代)が気が付き始めたからだろう。子供には頼れない、年金では足りない。手許の資産で生計費をやりくりという現状。資産が無くなる時期よりも自分の余命があったらどうしよう―。これが「長生きリスク」だ。長生きして自宅で死にたければカネがかかる。病気となればなおさらだ。

 

 具合の悪いことは日本の医療は「延命重視」。一分でも長く命を持たせるのが医療と考えられている。だから療養病床34万の大半が点滴や経管栄養で延命されている患者である。2025年には団塊の世代が75歳つまり後期高齢者が大量発生する。みなが健康と限るまい、介護、医療サービスへの依存が急増するに違いない。

 (私事で恐縮だが私は「日本尊厳死協会」の会員で延命治療を拒否する“リビングウイル”を作成した。しかし日本では法的根拠がない。) 

 

 一方診療報酬を上げたい病院側は濃厚医療を止めない。スウエーデンのように高齢の終末期患者には「緩和医療」のみ。鎮痛、解熱、精神安定の薬剤だけに止める。

 この「長生きリスク」指摘した日本経済研究センターの小島明参与は「この問題を持ち出した途端『高齢者見殺し』『医療費節減だけが狙い』といった批判が生まれる」と述べ、もっと議論が深まらなければどうならない実情を嘆いている。

 

 そんな乱暴な、と言われるのを百も承知で言うと。団塊の世代800万人の人たちは、今さらかも知れないが、預金をほどほどにし、手持ち株は自分が働いていた自社株がもう将来性がないと思ったら売却して、これからでも遅くないから「自分年金」を作りなさい。もう体の方は弱って頭と無い間の経験があるから、自分の眼があるはず。株が嫌ならリバース・モーゲージもひとつの案だ。もちろん、身体のきく限り働く。

 

 心配はつきない。年金の減額、税・社会保険負担増加、インフレによる実質購買力の減少。デフレ脱却の可能性を信じるならば、インフレヘッジは株式投資がいい。このブログをわざわざご覧の方にはそんなことは先刻承知だろうが。私の予想している秋から暮れの押し目が狙い目だ。

 円レートの方は先週予想したドル高円安が怪しくなった。金曜日に発表された米8月の雇用統計も予想を大きく下回る15万1000人。まだまだナギのような状態が続くだろう。こういうナギのあとは割とおおきな下げがあるものだ。

 

 先々は分からない。しかし中国的尖閣への公船の進入を減少させた。4,5日の中国杭州でのG2Oを控えてミエミエの自粛だが、心配材料の減少にはなる。このほかの心配材料は相変わらずヤマのようにあるが、始めるなら今年中がいいと思う。なぜかって?2014年に始めそこなった人たちには、今年が恐らくラストチャンスと思うから。理由や考え方その他、11月に刊行される私の40冊目の本をご覧ください。ことし中にあると想定している安値が狙い目だ。

 

 映画のセリフから。小夜子と柏木のやり取り。「いちいち細かいこと言うねんな。あんたネズミ(年)か?」「酉(トリ)や!」「それであちこちツツいと回るんや」。長生きリスクはどうぞ、よーく考えて。あちこちつつき回って。なかなか決心がつかなければ、2,3か月かけても。

 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »