今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ


« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月28日 (土)

映画「海賊とよばれた男」とトランプの栄光と転落(第842回)

 

 

 

 

 

 

 

映画「海賊とよばれた男」とトランプの栄光と転落 (第842回)2017・1・22

 百田尚樹氏の小説は出光興産の創業者・出光佐三氏の一生を描いた長編で、400万部を超えるベストセラー。「永遠のゼロ」と同じ山崎貴監督、岡田准一主演のコンビが映画化した。95年の生涯だから原作の省略がかなりあって、やはり映画は小説にかなわないのかな、というのが率直な感想。しかし「日本人はこれだけのことを成し遂げたのだ、もっと自信を持て」というテーマは、明確に打ち出されていると思う。

 

 前半は業界の閉鎖主義や官僚との戦い、中盤はセブン・シスターズと呼ばれる石油メジャーとの戦い。そしてヤマ場はイランのモサデク政権から世界でただ1社石油を買い付け、英国海軍の妨害を受けながら成功する。

 

 出光興産(映画では国岡商店)の草創期。まだ新参者なので製品を売りさばく先がない、ところが関門海峡を走る小型漁船向けに燃料油を伝馬船を漕いで売りつけた。同業者は「海賊どもが」と呼んで惜しがる。

 主演の岡田准一が35歳で60台から95歳まで特殊メークで老け役を演じたのだが、マーロン・ブランドや三船敏郎とは比べものにならない。映画としてはまずまずの出来なのだが。

 

 さて、先週は十数年ぶりに体調を崩してこのブログは休載。残念でしたが、びっくりするくらい多くの方々からお見舞いや激励の言葉をいただき、感謝感激でした。この間にトランプ・ラリーは一休みしドル高も反動安。もちろんツイッターやら大統領令やらで新大統領が指図したからだったが。

 

 でも、と私は思う。数多くの人がトランプ政策の矛盾を突き、何年か後に「破局」か「自らの誤りを認めて路線変更」を予測している。逆にいうと「このまま、少なくとも1,2年はトランプ・ラリーは、見かけはうまくゆくーと見ているのだろう。

 

 わたくしもそう思う。まず先進国も途上国もみな景気は好転中で珍しくいい環境だ。とくに米国は2018年前半ぐらいまでは相当に景気がいい。日本は日本で、短、中、長、それは超長期の景気循環がすべて上昇というゴールデンサイクルが今年から始まっている(嶋中雄二さんの研究による)。

 

 ではトランプ政策の何が米国景気のブレーキをかけるのか。

 公約のひとつの「10年間で2500万人の雇用創出」がある。米国の労働力人口は1億5~6000万人で失業者数の三倍を超える。

 労働力人口の六分の一もの雇用創出は、もちろんすぐに可能なわけではない。しかしその中途でも賃金の大幅上昇とインフレが発生するに決まっている。

 

 公約はまだある。「TPP脱退とNAFTA再交渉」「4%成長」「減税」「インフラ投資」。

 要するに保護主義+財政拡張+経済成長は望ましいことではあるが、可能ではない。大切なのは米国産業界に国際競争力も強化を促すことだが、トランプ氏にその気配はなく、その代わりに気候温暖化の虫が強行されようとしている。

 

 わたくしは先日の記者会見、またその前からメディアを軽視、敵視しているツケがいずれ回ってくると思う。私がCNNの社長ならば敏腕記者を選んで「トランプ氏が失脚するような材料を探してこい、動かぬ証拠つきで」と命令するだろう。ウォーターゲート事件はニクソン再選の選挙運動中に発生し、2年後の弾劾裁判直前の辞任で幕を閉じた。マスコミをバカにしちゃあいけない。

 

 為替の方も同じ。資金を世界中から集めるにはドル高は必須の条件だが、米国産業界が嫌がるに決まっている。これもどこかで限界が来るに違いない。要するにトランプ政権は、栄枯盛衰の言葉通り。春には花は咲くかもしれないが、すぐに急転直下、秋は木枯らしが吹く冬になるだろう。それでも、日本は大丈夫。私の最近作「恐慌化する世界で日本がひとり勝ちする」をご覧ください。

 

 映画のセリフから。イランに日章丸を派遣した出光佐三社主を評して部下が言う、「のるかそるかの大バクチだが、考えてみればウチの会社は創立した時からバクチを続けてきたんだなあ」。トランプ氏は選挙という大バクチに勝ったが、勝ち続けられるか、どうか。

2017年1月22日 (日)

お知らせです。

私のブログをご覧いただいている皆様へ。大変申し訳ございませんが、わたくしが少し体調を崩しましたので、今週のブログはお休みにさせていただきます。どうぞ悪しからず。今井澂

2017年1月16日 (月)

映画「沈黙―サイレンス」とトランプ会見とお年玉(第841回)

映画「沈黙―サイレンス」とトランプ会見とお年玉(第841回)2017・1・8


201070108

遠藤周作の小説「沈黙」は、戦後日本文学の代表作の一つとして高く評価され、20か国語に翻訳。日本映画では篠田正浩監督が1971年に映画化、93年には松村禎三作曲でオペラにも。今回はマーチン・スコセッシ監督が28年かけて実施した映画化で、本年度アカデミー賞最有力とされている。試写会で見たが格調の高い力作だ。日米の俳優も熱演だし画面も美しい。遠藤周作の「弱者の神」「同伴者イエス」のキリスト教への解釈がメイン主題。日本の精神的土壌とキリスト教の背反がサブテーマだ。徳川政権の日本人のキリシタン、外国人神父に棄教を迫り、そのために踏み絵をさせる。そこがヤマ場となっている。

 島原の乱が終わって間もない1630年代。イエズス会の高名な神学者フェレイラが棄教した謎を追い、同時にキリスト教の灯を絶やさないため若い神父2名が日本に潜入する。

 ガイド役のキチジローの裏切りで長崎奉行所に捕われ、一人は命を落とす。主人公のロドリゴも神の栄光に満ちた殉教を求めていたが、問されている信者の命を自分の棄教で助けられると知る。またフェレイラが棄教したのも同じ理由だった。

 私はトランプ次期米大統領のツイッターによる企業攻撃は「踏み絵」だと思う。キャリア、フォード、GM、そしてトヨタに高率の関税をかけると脅した。一見自発的に見えるが何社も「棄教」した。自分はさぞいい気持ちだろうが、先行き、つまり高い人件費で販売させられる企業はたまったもんじゃない。

 11日の記者会見でもトランプ氏の「選挙モード」そのままで、1月20日の就任演説以降「統治モード」にキチンと移行できるのか怪しい。トランプ政権が大失敗に終わるか、レーガン大統領のような成功を収めるのか、まだ分からない。だからこそ投資家特にヘッジファンドは、ドル高是正とリスク・オンでトランプ銘柄(G、サックス、チェース、キャタピラー)が堅調だ。期待感は消えていない。

 日本のマスコミは自分の国の名前が2回出てきて、中国、メキシコと並べられたのに不安がっている。トランプ発言に今後も一喜一憂するに違いない。わたくしが見るところ「トランプ政権の大問題は外交・安保チーム(安全保障担当補佐官、国防長官、国務長官)の不調和だろう。フリンは事務管理能力に問題があり、マティスは国防総省内の人事でトランプ周辺と意見の不一致があるもよう、ティラーソンは議会の承認が親ロシア過ぎるとして、認められるかどうか疑問だ。戦略の一致とチームの機能開始に時間がかかるだろう。

 となると、対中戦略がどうなっても、日本としては防衛予算の増額は、やらなくてはなるまい。

 実は昨年11月から、防衛関連銘柄の株価は急上昇している。トランプ政権が①衝突するリスク②電撃的に和解して太平洋の安全保障を分担するリスク、どちらにしても防衛費が増大すること必至、とみてヘッジファンドが買い始めているためだ。

 三菱重工(7011)

 川崎重工(7012)

 新明和(7224)

 ついでに言うと防衛向けでは殆ど実績のない三井造船(7003)まで株価は上昇しており、前記三銘柄を含め40~60%もの株高だ。しかもまだ売る気配はない。

 米軍駐留費の負担増が3500億円、今後日本はGDP1%のワクを倍増させる、特に艦船(護衛艦、潜水艦)の建造が繁忙になる、という読みからだ。

 では、この安全保障の巨大な変化で財源はどうする?これも防衛予算同様、大変化をヘッジファンドは読んでいる。これはトランプ陣営の閣僚人事に絡んでいるので、来週に。お楽しみにしていてください。

 映画のセリフから。夜明けにロドリゴは踏み絵を強制され、足を擦り減った銅板に刻まれた神の顔に近づけた時、彼の足を激しい痛みが襲う。そのとき踏み絵の中のイエスが言う。「踏むがいい。お前の足の痛みは私がよく知っている。その痛みを分かつため私はこの世に生まれ、十字架を背負ったのだ。」またキチジローを通じて語りかける。「わたくしは沈黙していたのではない。お前たちとともに苦しんでいたのだ。」「弱いものが強いものより苦しまなかった、と誰が言えるのか?」私だけが感動したのではない。映画で全観衆が心を打たれたと思う。トランプは強いものとして全世界に君臨しようとしているが、弱い面も出てくるだろう。予測不可能性、暴力性はどの国も感じ警戒している。

2017年1月 8日 (日)

映画「アイ・イン・ザ・スカイ世界一安全な戦場」と一時的円高(第860回)

映画「アイ・イン・ザ・スカイ世界一安全な戦場」と一時的円高(第860回)2017・1・8


Another

 戦争映画というと戦闘シーンがつきものだ。しかし今回私が観た「アイ・イン・ザ・スカイ」はドローンによる戦争と、その戦争から生まれる倫理的問題を取り上げた。なかなかの力作だ。

 英米合同でテロリストを追う英軍大佐パウエル(ヘレン・ミレン)はドローンで得た情報からケニアのナイロビに潜む過激派の拠点を発見、自爆テロ計画がわかり、テロリスト5人の殺害を指示する。

 ネバダの米軍から遠隔操縦ミサイルを発射しようとしたその時、攻撃目標の近くにパンを売っている少女を見つける。攻撃の道徳性と合法性の議論が英米の政治家、軍人で構成される指揮チームで激しく行われる。とくに大きなテーマは巻き添え被害。

 死者を出してしまったら反欧米感情でわき上がり、大物テロリストを仕留めてもプロパガンダとしてはマイナスになる。一方パウエル大佐など現場は、6年間追ってきた大物テロリストを抹消したい。政治家は「やれ」という決断を何とか回避して責任を取りたくない。決断は米国大統領に持ち込まれ、顧問が「やれ」と。これでミサイル発射になる。

 実は「世界一安全な」という題は責任を取らない政治家を皮肉った題。政務官×無任所大臣⇒外相⇒法相⇒英首相⇒米大統領とたらい回しだ。

 決断の責任をだれも取りたくないのは日本もおんなじ。新年にあたって方々の研究所のエコノミストたちが、思い切った決断をしたがらないのに似ている。いい例が日本経済で、もう上昇軌道に乗っていると思うのだが、数字になって出てきていない。

 まだ日本経済がいい数字も続出させないと、2017年のアベノミクス成功は大方の同意を得られないのだろう。

 バイロン・ウィーン氏の10サプライズに「日本経済は実質2%成長、株式市場は他の先進国の上昇率を抜く」とした。世の中30%の確率でしか信じられていないが、ウィーン氏が70%起こりうるというのが、サプライズの理由だからだ。

 これを含めてブラックストーン副会長としては、こんなごく当たり前の見通しがサプライズ?と思わせるものが多い、多すぎる。

 トランプ大統領は過激な発言を政策面ではやわらかくする

 米国成長率は3%をこえる

 S&P500は2500を超える

 ユーロは下落し対ドルでは1対1を割り込む

 10年物米国債利回りは4%を超える

 メルケル首相は10月に選挙で敗北

 原油価格は60ドルいかな

 トランプ大統領は自分が対中戦略で誤っていたと認める

 日本

 ISは脅威でなくなる。

へええ、この中でサプライズは⑧ぐらいじゃないか。

私が注目した「決断」がある。2017年の世界経済のリスク要因は、人民元安が引き起こす円高の指摘。SMBC日興のチーフエコノミスト牧野潤一さんだ。(1月4日付マクロレビュー)

牧野さんは「2017年のリスクは二つ。中国と欧州」。欧州のほうを先にすると「選挙リスク」だがEU離脱派がオランダ総選挙とフランス大統領選挙で勝つ確率は低い。

中国は①景気リスク②元安リスクの二つ。①の方は景気対策の息切れと3,4月ごろに急減速。

②の方がすでに外貨準備の急減で表面化しているが、1月20日に就任するトランプ大統領が中国を為替操作国に認定する見込み、当然、人民銀行が行っているドル売り元買い介入は不可能になり、一気に元安が進む。これは世界市場のリスクオフ要因であり、円高リスクにつながる。

 一方日経平均は大発会からの大幅上昇は、当り屋の三菱UFJモルガンスタンレー証券の宮田直彦さんの「4-6月2万3000円」という目標値で、それゆけやれゆけになったのだろう。まあスピード違反だし、一服するのはいいことだ。年初の一時的円高株安は大歓迎。押し目を待っている投資家はゴマンといる。私の長期上昇説、カンカンの強気はご存じのはずだ。

私はマスコミも悪いと思う。強気より弱気の見方を重視し、いまだにアベノミクスによる景気上昇は認めない。

 私が最も信用しているエコノミストの嶋中雄二さんは、昨年年央から世界的に景気上昇と見せたと言っている。一方私が重視する鉄スクラップ価格は文字通り急騰している。全都道府県で求人倍率が1を超え、東京は2倍、民主党政権時代の0.47と天と地ほど違う。いずれ人手不足で賃上げから消費好転に向かうのは必至とみている。上げ相場の開始期は景気までよくなるのを織り込んでいるのが普通だ。

 「上昇相場は懐疑のうちに育つ」と私の師サー・ジョン・マークス・テンプルトンは言っている。

映画のセリフから。映画の中で、女性の英政務次官が終わりに言う。「本当に恥ずべき戦争だったわ。あなたは安全な場所から戦争したのよ。」この次官は責任を取らないで、そのくせ正義ぶる。昔の社会党の女性議員にそんなのがいたなあ。今だと某女性大学教授かしら。

なお、トヨタをトランプ氏がツィッターで叩いたとさわいでいるが、フォード、GMと来るトヨタにひと言やらなきゃあバランスがとれない。カローラのメキシコ生産は対米ではない。大騒ぎすることじゃない。

2017年1月 1日 (日)

映画「ドント・プリーズ」と新年のテン・サプライズ(第839回)

映画「ドント・プリーズ」と新年のテン・サプライズ(第839回)2017・1・1

Dontbreath00_2

「ドント・ブリーズ」は世評通り2016年公開洋画のベストスリーに入る傑作だ。ホラーでありサスペンスであり、ともかく練りに練ったシナリオで息もつかせない展開。映画館中がシーンと静まり返って手に汗握って画面に見入る。もちろん、ヒソヒソ話もポップコーンをつまむ音もない。まあコワーい話がお好きな方は必見。

大酒のみの母親に愛想を尽かし幼い妹を連れてカリフルニアに行きたい若い娘が、ボーイフレンドとその悪友と三人で強盗をたくらむ。ターゲットは盲目の老人。娘を交通事故で失い事故を起こした女性の家から、多額の賠償金をもらい家に隠している。周囲は自動車不況で空き家、警察も巡回しない。まず楽勝、と考え三人は乗り込む。猛犬は睡眠薬入りの肉を食べさせておとなしくさせ、一人が父の勤めるガードマン会社から預かっているドアのかぎを使って開けた。

 ところが簡単だったのはここまで。盲目で60代の男はマッチョで、一人が持ち込んだ拳銃は簡単に奪われ、殺される。

 そこから先はー。意外や意外まったく意外の展開でコワくて書けない。血なまぐさくないし残酷シーンも目をそむけるほどではないが、ともかく怖い。しかも映画のオチもハッピーで、これまた結構。もういっぺん見たくなった。

 例年年初に「テン・サプライズ」つまり「とんでも予想」が流行る。可能性は低いものの万一、このリスクが生じた場合の影響が大きく、重要度が高い。今井版を今回はどうぞ。怖いって?まあご覧ください。

 韓国で朴大統領が退任し、北朝鮮から送り込まれた工作員が主権を握り、韓国という国家は「北」に吸収されて消滅。朝鮮半島からの難民。いま欧州で起きている問題が日本で発生する。(後世キムチ・ショックと呼ばれる)

 中国習近平主席が米国トランプ大統領の中国いじめに猛反発。軍事的小ぜり合いがつづき、中国人民軍の空母が撃沈される。幸い全面戦争には至らないが、かつてのキューバ危機が連想され、世界的に株価急落、金価格暴騰が発生する。

 (これはみんなが言ってますが)欧州の反EU気運が拡大しメルケル首相退陣。ユーロ崩壊始まる。

 トランプノミクスは成功。グレート・ローテーションが起こり世界的な株高。資源高が中国のハードランディング回避から発生。NYダウ、日経平均ともに上伸。つれて好景気。弱気のエコノミストがノイローゼになり、アホノミクスと悪口を言っていた某女性教授は髪の色を黒に変える。

 トランプ大統領が円安をツィッターで批判。日銀は物価目標を2%から1%に引き下げて「いよいよ出口戦略開始」という思惑で長期金利急上昇。ただ米、欧の金利上昇で円高は起きない。

 401K年金 NISAなど個人投資家への投資誘導政策が大成功。80年代と同じ投資ブームの再現。井戸端会議で株のわからない主婦が疎外されるという現場が起きる。

 (バカみたいな強気ばかりじゃありません)世界の保護貿易が拡大し、日本の景気は好転せず、安倍首相は①消費税引き上げ再延期②永久債発行を決意。格付け会社は日本国債をトリプルBに格下げする。

 米国をはじめとした金利高は1987年のブラック・マンデーの再来を呼ぶ。2017年後半のトランプ政権への過度の期待への反動、それに10年に一度の「七」のジンクスも手伝ってNYダウは短期だが大幅に急落する。ブラック・マンデー2とよばれる。

 習近平の暗殺もしくは失脚。中国は大混乱し、人民元はとめどのない大暴落する。

 日本ではシェアリング・エコノミーの発達とインバウンドの急拡大。それにオリンピックへの投資も重なってホテル不足で民泊ブーム。タクシーはシェア乗車の拡大で初乗り410円が常識化する。

 

おまけです。

世界的にAI革命が進展し、自動運転、ロボット、それにフィンテックが急進展し、事務を中心としたサラリーマンの半分は失職する。最大市場が自動運転。勝利者はOSではグーグル、自動車はトヨタ自動車で市場を分け合うことになる。2017年には第5世代移動体通信システム(5G)実用化と合わせて、関連株の長期ブームが始まる。

まあ希望とオドカシとごっちゃですが、私のファンの方々には、またか、という方も多いでしょうなあ。

 いつもなら、映画のセリフから、でシメるのだが今回はありません。悲鳴ばかりでセリフらしいセリフはなかったです。ホント。

 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »