今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月26日 (日)

映画「パッセンジャー」と森友とFBI(第851回)

映画「パッセンジャー」と森友とFBI(第851回)2017・3・26

 主演のジェニファー・ローレンスがお好みなので観た。予告編で「乗客5000人、目的地まで120年、90年も早く、二人だけが目覚めた」というのが面白そうだったし。ただこの予告は違っている。エンジニアのジムが装置の不具合で90年早く目覚め、孤独の1年後に一目ぼれした美人作家のオーロラを起こしたのだ。

巨大な宇宙船で若い美人と二人きり、なんて男の夢だ。この映画のジムは労働者階級、女性の方は大卒の作家で裕福。まるで「タイタニック」だが、あれと同じく見せ場は多く、無重力下のプールなどビジュアルも新鮮で退屈させない趣向もたっぷり。

破られるはずのない宇宙船の外壁がいん石で穴が開き、二人で必死になって修理するシーンがある。船外に放出されたジムをオーロラが救う。そこがヤマ場になっている。

米国の方はトランプ政権に第二のウォーターゲートと目される疑惑が出たし、日本の方は森友だ。4年は固いはずの長期政権に不安が出た。

 まったく、3月21日のNYのダウの急落はまいった。FBIコミー長官の下院情報委員会での議会証言がその前日にあり、ここで爆弾発言が二つもあった。我が国のマスコミは殆ど報道されなかったが、第一がトランプがツイッターで批難していたオバマによる盗聴は全くなかったーと大統領のカオをツブした。

 そして第二が大統領側近の対露接近が大統領選挙の運動最中から行われ、結果に影響を与えた可能性を捜査している。コミー長官は議員の質問に答え「今後重大な事態が明らかになろう」と述べた。翌日この発言を嫌気して238ドルもダウ平均が下げている。トランプ政権支持率は37%に下落し、不支持率は59%。

 そうでなくともトランプ政権の動きが遅くなかなか選挙公約通りに物事が進行していない。通常1月下旬の一般教書も発表は2月28日になったし、予算教書も2月上旬の通例が3月16日になった。しかも予算全体の三分の一に当たる分だけで全体の予算発表は5月になる。

2月9日にトランプ大統領は薬品業界首脳との夕食会で「2,3週間のうちびっくりするような税制案が発表される」と述べたが、現実には3月24日現在でも発表されていない。このほか機能不全の証拠はヤマほどある。

 私のワシントンの情報源は「トランプの選挙公約は口から出まかせの思いつきなので、具体的な政策のカタチになかなかならない」。だからオバマケアの代替案も共和党議会の41%しか賛成していない。今回取り下げたが仕方あるまい。

 NYタイムスはこの3週間連日7ページものトランプ批判の特集記事を掲載しており、共和党議員の中にも「このままで行ったら明年の中間選挙で大敗北必至。今のうちにペンス副大統領がホワイトハウスを仕切るような体制にすべき」との声があるという。

 NYダウは3月1日には一般教書を好感して275ドル高の2万1000ドル台を付けたが、当面これが歴史的高値で、基調は下げになりそう。

 

一方安倍政権の方。籠池森友学園理事長の証言がウソで固められていることは明らかだ。利用できるものなら天皇陛下ご夫妻や安倍首相の名も宣伝や募金の材料にし、三通りの工事契約書を出す。安倍夫人の100万円寄付もあり得ない。重大なのは理財局の隠ぺい工作だろう。内閣支持率は下落したといえ高いし、民進党の支持はメチャメチャに低い。ただ、まだ先週述べた「高転び」のリスクは残る。2月9日に「絡んでいるなら衆議院議員を辞める」と言ってしまっている

 私の描くシナリオは次の通り。秋口に総選挙をやるときに、①消費税を無期延期にする②おそらくキムチ・ショック(韓半島からの難民)への出費③防衛費増加④国土強靭化計画などの支出増(何兆円にものぼる)などの資金需要を賄うためには「伝統的出口戦略」ではムリ。これらは①財政黒字で債務返済②デフレ脱却で実質債務を削減③日銀が保有する国債を金融機関に売却、というもの。とてもムリなことは説明不要だろう。

そこで「非伝統的出口戦略」になる。①政府と日銀が既存の国債の一部を償却(保有国債を無利子永久債に転換)②財政スタンスにインフレ率に応じた弾力的対応③規律ある枠組みが不可欠(みずほ総研リサーチTODAY1月27日付)。つまり疑似ヘリコプターマネーが必要になる。

チーフエコノミスト高田創さんは「年後半に予定される衆院解散総選挙に伴う選挙対策になる可能性も」としている。

では、この疑似ヘリマネをしたらどうなるのか結論からすると日本経済は一挙に元気になり、株価は2,3年でものすごく上がる。倍は固い。このあたりは稿を改めて。

 

映画のセリフから。オーロラが言う。「会うはずのなかった人と会い、人生が始まったと感じているの。不運なはずなのに幸せよ」。この国は、思い切った政策をとれば、必ず幸せになります。

2017年3月20日 (月)

映画「知りすぎていた男」と想定外のリスク(第850回)

映画「知りすぎていた男」と想定外のリスク(第850回)2017・3・20

先々週ヒッチコックの名作を書いたら、何の因縁かBSで56年の「知りすぎていた男」を放映したので。この作品は英国時代の「暗殺者の家」の再映画化、ヒッチコックが自作をリメークしたのはこれだけ。主演はジェームス・スチュアートとドリス・ディで、主題歌の「ケ・セラ・セラ」はこの映画のためのオリジナル。この歌が映画の中で決定的な役割を果たす。

 ドリス・ディはもともと歌手だが主演映画は好きで、ずいぶん観た。「二人でお茶を」「夜を楽しく」「ミンクの手ざわり」、それに私のお気に入りでは「先生のお気に入り」でクラーク・ゲーブルと組んだ。

 医師夫婦が息子を連れてモロッコにバカンス旅行するがバスでフランス人の男と知り合う。翌日マラケシュの市場で瀕死のその男に医師は「政治家がロンドンで暗殺される。アンブローズ・チャペル」と耳元でささやかれる。暗殺犯行のグループは「何も話すな。息子を誘拐した」と脅され、舞台はロンドンへ―。

 首相を暗殺から救い、お礼に大使館に招待され、有名歌手の妻はまず大声で「ケ・セラ・セラ」を歌い、息子の口笛で軟禁されていることを知った医師が救いにゆく。

 「ケ・セラ・セラ」の歌詞がいい。

 私が小さい女の子だった時、ママに聞いた。私は何になるの?きれいになる?お金持ちになれる?そしたらママはこう答えた。

 ケ・セラ・セラ なるようになるのよ。

 先のことなど わからない。

 ケ・セラ・セラ なるようになるのよ

 私は「先のことなどわからない」のに、何とか先を読んで、このショウバイを何十年も続けてきた。幸い証券と銀行の業務がわかり、英語もそこそこできた。またオカルトじみて聞こえたら笑ってほしいが「予知能力」もあったので、市場の曲がり角でヒト様よりうまく立ち回ることができた。間違いはヤマのようにあったが、びっくりするようなファンの方々に支えられ、おかげさまで81歳と半年、この好きな仕事を続けてこられた。

 私はこのブログやほかの著作で、毎週ひとさまの余り気づいていない事件や物の見方、始まりかけている芽をご紹介してきた。①シェールガス革命を「21世紀最大のエネルギー革命」として2011年に紹介②アベノミクス第一の矢で「円高とデフレ」の悪循環が「円安と株高」に変わる、とHFが180度投資方針を転換したニュース③いわゆる「中国リスク」をNY大学ヌリエル・ルービニ教授の指摘より早く2012年に指摘。

 とくに第二次安倍政権の成立直前、当時のゴールドマン・サックス・マネジメントの会長のジム・オニール氏が「円売り日本株買いが投資家の唯一の作戦」として「早く安倍さん当選してくれ!」をメールで述べたと紹介したのは、日本中で私だけだったと思う。

 すぐにジョージ・ソロス氏がこの作戦で3か月で90億ドルももうけた。しかし日本人はバカなことに、売り向かった!

 当時小池百合子さんに口惜しさをブチまけたことを思い出す。

 私はこれまで絶対にこのブログで書かなかった自慢話をしなかった。年寄りの過去のヒットの話は読者に退屈に決まっているから。しかし、今回だけですから。

 私はかつて安国寺恵が毛利家に送った情報で「信長公はここ3、5年は勢威が高まる一方だが、その後あおのけざまに高転びに転ばれるだろう」と述べた。(手紙は「藤吉郎さりとはの者に候」という言が入っており「中国大返し」の時にこれがひびく)。

 実はわたくしはここ2,3週間森友学園問題をしてきた。内閣支持率は高いし、経済指標は良好、外国とも(どうにもならない中・韓国は除いて)対トランプを含めてもうエクセレント。でも危機対応への緊張感が欠けていると、飛んでもないことになってしまう。今がそうだ。

 私は16日の参院予算委の与野党議員にあの学園理事長が「100万円首相夫人から建設寄付金として“安倍晋三からです”として手渡された」としたことが心配のひとつ。(これはそのご否定される証言は籠池側から出ていなかったと思う)。

 首相側は全面否定だが、23日の証人喚問で新たな爆弾証言が飛び出すかもー。心配は尽きない。これで鎮静化がうまくいけば4月から株価急騰に一挙に変わるのだが。

 もともと昭恵夫人が森友学園の名誉校長になっていたのは、何ともワキが甘かったというしかない。稲田防衛大臣も、観ていられない。

 幸い民進党の支持率は低い。しかし「何かあったら自分は衆議院議員を辞める」と言ってしまっている。私の心配はつきない。悪材料出尽くしを待つことを待つことにしよう。

 トリビアをひとつ。「ケ・セラ・セラ」は実はフランス語でもイタリア語でもない。作曲したジェイ・リビングストンが「裸足の伯爵夫人」でエヴァ・ガードナーと結婚する伯爵家の古い城を見たときに書いてあった家訓をメモして題にした、とか。この作曲家は「ボタンとリボン」の主題歌(あのバッテンボーです)「モナ・リザ」(ナット・キング・コール)が大ヒット。この「ケ・セラ・セラ」と合わせて三回アカデミー賞をとっている。

 なるようになる。気を病んでも仕方がない。「ケ・セラ・セラ」だ。


2017年3月12日 (日)

映画「お嬢さん」と防衛と難民の財源(第849回)

映画「お嬢さん」と防衛と難民の財源(第849回) 2017・3・12 

 面白いよ、とすすめる知人がいて私としては珍しく韓国映画を観た。原作がサラ・ウォーターズの「「荊(いばら)の城」(「これミス」の一位をとった)だし、監督パク・チャヌクも「オールド・ボーイ」が面白かったので。

 原作は19世紀のロンドンだが、映画は1930年代の日本統治下の朝鮮に置き換え、セリフも日本語が六割。しかし演技もセリフも違和感はない。R18+にランクされ、官能的な同性愛シーンはドキドキする位美しい。

 この映画の面白さはエロスだけではない。不意打ちのドンデン返しが何回も起き、女性の男性支配からの逃亡が主題で明確だ。

 登場人物は四人。金鉱の持ち主の金持ち。その姪で莫大な財産を相続した日本の華族令嬢。その財産を狙う詐欺師の自称伯爵とその指令で侍女に送り込まれた女スリ。伯爵が令嬢をたぶらかして結婚するのを侍女に手伝わせ、結婚したら令嬢を精神病院に入れ、財産処分益を山分けに―。ところが侍女は令嬢に仕えるうちに愛し合うようになる。

 私の三週間前のブログ。私は①日米首脳会談のツケ回しで防衛費がいまのGDP1%が、すぐとは言わないが2%へ上昇②消費税増税は米国側からみると日本の輸入防止策なので恐らく不可能の二つの理由で巨額の財源が必要、とこのブログで述べた。

 その内容を2回延期したら、ある敏腕編集者から「なぜですか」とお問い合わせがあった。本当は来週かなり有力な情報源の方にお話を伺うのでもう一週、書くのは延ばしたかったのだが、もう七分は確信があるし、本にも書いた。ま、いいか。

 何兆円もの財源をひねり出すには、増税じゃムリ。とくにルビコンを渡るように思い切った政策転換がないと、なおムリ。後で書くが難民にカネがかかるから。

 幸い米国のムニユーシン財務長官が「100年もの国債」発行をブチ上げた。これにならって「100年もの」を出すか「永久債」にすればいい。

それだけ?これだけです。

 一生県命財務省のイキのかかった記者や学者がヘリマネの弊害(実際はないのだが)つまり歯止めのかからない場合の怖さを書きまくっていた。しかし最近になって有力シンクタンクのチーフエコノミストが「転向」している。恐らく年末(トランプ来日以降)の総選挙で安倍内閣2021年までの超長期政権のための「人気取り」で、ヘリマネをやるという説だ。いちいち名前は言わない。財務省の委員会に絡んでいる人もいる。

 ヘリマネをやると円安。物価上昇で明年4月には黒田総裁は満足して退任、後任は大体もう決まっている。来年度の予算に関連法案を通し、2018年後半からの国土強靭化計画、防衛費増を支える。これでも「北」や「南」の情勢を考えたら遅すぎるかも。

 3月10日。朴大統領は罷免され、これで2か月の間に大統領選があり、現在の支持率からみると文在寅(ムン・ジョイン)の「共に民主党」前代表が最有力。この男はメチャ左派だった盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で大統領秘書長を務めていて、「北」の意を受けて動く男だ。

 

 当選後もちろん国連決議などは無視して、「北」は「北」、「南」もそのままで「高麗」という統一連邦国家を創立する。日本の慰安婦像でも竹島でも推進し、15年末の日韓合意も無効宣言する。いまは欧州のこととして他人事と思っているが、ワザとスパイを含めた難民を大量に日本に送りこむ。またはあからさまかどうか、分からないが核兵器を日本にブチ込むゾと脅して、「北」再建の予算を我が国から持ってゆく。沖縄にはすでに左翼の中国か「北」のイキのかかった暴力的な反米、反政府勢力が「沖縄独立」と称して激しい暴力活動を行っている。難民はここに流れ込むだろう。翁長知事がとり続けている反米姿勢は、この悪意を持つ外部勢力に利用されるだけなのだが、ご本人は気づいているか、どうか。

 映画のトリビアから。原作「荊の城」の原題「フィンガースミス(Fingersmith)」とはスリの俗語で、レズの巧みな指先を連想させる。男にはとてもできない深い快感。令嬢は広い屋敷に閉じ込められており、教えてくれる侍女に「凄くうまいけど、どこで習ったの?生まれ持っての才能なの?」令嬢は侍女がダマそうとしていると百も承知で知らないふりをしている。

 何ごとでも本当のことは、知らない顔をしているうちに進行しているものです。

2017年3月 5日 (日)

映画「北北西に進路をとれ」とトランプ演説(第848回)

映画「北北西に進路をとれ」とトランプ演説(第848回)2017・3・5


 アカデミー賞が決まった。私は作品賞、監督賞を一生取れなかったヒッチコックのことをいつも思い出す。ハリウッドって、どうもヘンだ。伝記を読むと、やれ外国人監督だとかサンフランシスコに住んでいてロスに友人が少なかったからとか。バカじゃなかろか。「サイコ」「裏窓」「鳥」この傑作が賞をとれなかったなんてー。

 今回「北々西に―」したのは、この題が実は「ハムレット」のセリフに由来していると聞いたから。「(ハムレットの)狂気は北北西の風のときに限るのだ。南風になればけっこう物のけじめはつく」。なるほど、この傑作が次から次への予想がつかない展開が続いたわけだ。

 そこでトランプ大統領の議会演説。事前には「ツイッターと同じで、この男は何を言い出すかわからない」と不安がられていた。風は北を西に吹いていたのだが、フタを明けてみたら、実は南の風だった。

 「けじめ」がついていた理由は次の通り、まず歴代の大統領の演説のカタチを踏襲。例えば殉職した警官の妻などを呼び、上階両院の両党議員の拍手を得たり、大統領“らしく”話したり、リンカーン、アイゼンハワーの業績を引用したり(二人とも共和党)。1時間ちょっとのスピーチは丸暗記だったし最後のシメは神への祈り。カタチはちゃんと、作った。NYダウが快調にブッ飛ばしたのも「減税」「インフラ」「雇用増加」が効いている。

 一方、東京株式市場は「円について“不規則発言があるのでは”と懸念していた。これに先週書いた①「北」の「南」実質支配②森友学園問題③東芝があって、相場がモタモタしていた。まだ完全にすべてが解決しているわけではないから快調に飛ばすわけにはゆくかどうか。

 論より証拠。3月1日のNYダウは303ドル 1・5%も上がったが、日経の方は171円で0・9%(3月2日)。やはり差はある。

 ただ「北」と「南」の方はトランプ政権は本気でしかも強気の対策を準備していることを公表。金正恩も、北の手先の野党候補も当分手が出まい。

 森友学園の件。私が調べたところでは、安倍首相の政治関与はない。高橋洋一嘉悦大学教授によると「万一この問題に関与していれば、財務省が安倍政権の弱みを握ったら、とっくにリークして内閣はツブれているはずだ」と述べている。この問題は「近畿財務局の事務ミスということになり、大山鳴動してネズミ一匹に終わる公算大」と高橋さん。

 東芝。これはもうホンハイの会長発言でもう上げ始めた。

 以上、三つの日本株の足を引っ張っている材料は、重荷から解放されつつある。1万9600円台をはっきりと上回るのは時間の問題だと思う。日経平均の目標値は4~6月の2万1000~2000円は全く変える意志はない。

 NY?トランプ・ラリーの第2発目が始まっていると考える超強気、例えば2009年からのエリオット波動のV波(つまり最終上昇波で一番大きい波)もある。またシラー教授の株価判断水準ではメチャ割高とみる弱気も。

 私は少なくとも今年夏ぐらいまではNYダウは上昇し長期金利10年国債がFRB利上げの影響で3%(現在は2.4%近辺)の大台に乗ったら、1987年10月のブラックマンデーの再現が心配である。私なりの名をつければ「ブラックマンデー2」の不安だ。長期金利が上がれば債券価格が下落、3%を超えれば過去10年間の債券保有分はすべて赤字になる。先物売りでヘッジしても全保有分をカバーできない。だからこそ、債券売り株買いのグレートローテーションが起こり、これがトランプ・ラリーの理論的(?)背景になっている。しかし債券金利が上がると、利回りと株の益回りとのスプレッドで株価が割高になり、これがある程度続いてから、ある日突然、NY株の暴落、それも大幅な暴落が起こる。このあまり起こってほしくないシナリオが「ブラックマンデー2」である。ただ今年中に起きない―とは思うが。

 ヒッチコックの得意のサスペンスもの分類のひとつに「巻き込まれ」型である。普通のなんでもない人物がひょんなきっかけから、大事件に巻き込まれ、冒険、冒険また冒険。ヒッチコックのこのジャンルでは「バルカン超特急」「知りすぎていた男」そしてこの「型」の集大成が「北北西に進路をとれ」だと思う。

 いまの世界。トランプという従来になかったタイプの最高権力者の一挙手一投足に振り回されている。まあ「巻き込まれ世界」である。

 私は今回もまたお約束した「財源」についての私の見方を書き損ねた。必ず、書きます。

 それにしても、安倍総理がトランプ大統領とウマが合うのは、大きい。大変に大きいと思う。

 映画では主人公ケイリー・グラントはNYの広告代理店の社員で、スパイたちにFRBの人物と間違えられ殺されそうになる。そのスパイ組織に入り込んで首脳の情婦になっている女がエヴァ・マリー・セイントでまあなんとも魅力的だったが、汽車の中でケィリー・グラントに言う。「あなたはいらないものを売りつけるだけじゃなくって、まだろくに知らない女に恋をさせるのね」。オバマとは合わなくて苦労したらしいが。まあ良かった。良かった。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »