今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

映画「関ヶ原」とペンス副大統領の意外な行動(第869回)

映画「関ヶ原」とペンス副大統領の意外な行動(第869回)2017・7・30

 司馬遼太郎さんの大作のひとつで、590万部を売った国民的ベストセラーの映画化。岡田准一が石田三成、役所広司が徳川家康という配役も面白い。三成を、正義を信じ純粋すぎる武将、家康を天下取りの野望に燃える武将、という対極に置いて司馬史観で物語が展開する。つまり太閤秀吉が天下を取った術を「利害を持って説くだけで正邪ではなかった」。秀吉が統一して13年、世の秩序は利害で固まったもの。三成は秀吉死後、家康が次々と自分の政権を作ってゆくのが許せない。監督で脚本も書いた原田真人さんは「私の中にも60%の三成と40%の家康が共存しています」。

 

 この映画のテーマを「正義とは一言でいえば、人間の価値です」とも。

 

 1600年9月15日の関ケ原の戦いの戦闘シーンのスペクタクルや、豊臣政権内部の武断派と文治派の争闘、それにつけこむ家康のタヌキオヤジぶり、まあ一見の価値ある力作だ。

 

 関ケ原の合戦が小早川中納言隊1万5千の裏切りで、東軍が逆転勝ちしたことは、ご存知の通り。また司馬さんの小説でも東軍7万5000、西軍10万とあり、裏切りが勝負のカギを握ったというのが通説だ。

 

 しかし広く利用されている「日本戦史」によると東軍は10万近くに対し西軍は8万。これに裏切りや寝返り、傍観者を加えると西軍の現実に戦った戦力は3万程度、小早川中納言の行動は確かに契機になったが、東軍はもともと優勢だった。

 

 トランプ政権がニッチもサッチもいかなくなっているのはご存知の通り。100日以内に実行するとしていた公約は殆どパー。ロシアンゲートや弾劾が言われるが、現実には公約の90%以上が共和党内部の「フリーダム・フォーカス」の反乱にとって阻止されていることはあまり知られていない。

 

 フロリダ出身のたたき上げの保守派メドウズ氏に率いられた32人の議員たちは、トランプ大統領のオバマケア代替え案についての進め方に怒っている。

 

 7月18日訪米した自民党二階幹事長は、ハッチ上院仮議長から「米国との通商交渉で、いまのTPP11から米国を含むTPP12の枠組みを主張してほしい」と依頼された。さらに来年末には「米国政府そのものがTPPに回帰する可能性」を示唆されて仰天した、とか。これじゃ小早川秀秋、かな?それとも吉川広家かな?

 また私のよく知っている米国通のある社長は「イマイ先生、あと2,3か月でトランプはやめるよ」といった。

 

 さらに「5月からペンス副大統領が政治活動委員会(PAC)を発足させている。現職の副大統領がPACを設定した例はかつてない」。という情報も飛んできた。

 PACとはPOOLITIICAL ACTION COMMITEE。米国では企業、団体、労働組合などからの政党への献金は禁止されている。このため個人(企業役員、富裕層など)が中心となり献金窓口としてつくられる委員会で、政治活動家つまりロビイストや政治コンサルタントも参加する。まるで自分が大統領になるための準備工作じゃないか。

 

 また4月のトランプ・ジュニアの疑惑発覚当時、すぐに「副大統領は問題のロシアとの面談を知らなかった。これは副大統領候補として選挙に参加する以前の話で全く関知していない」と副大統領報道官を通じて声明を出した。トランプ氏からバトンを受け取らなければならない事態に備えを出した、とみてよさそうだ。

 

 ではトランプ辞任となった場合、株は、また円レートはどうなるか。

 「トランプラリー」はNYダウで見ると1万4000ドル台から1万8000ドルくらいまで急伸した。4000ドルのうちまず半分ぐらいは下がるんじゃなあいかと思う。いや、ペンスになれば法案は次々に通るんじゃないか、という強気の見方もあろう。まあカネ余りの時代から、大して押すはずがない、とも。

 

 ただドルが買われる材料じゃないことは明々白々で、1ドル100円割れが瞬間あるんじゃないか。円高、だろう。とりあえず、米国の政治混乱で中国、ロシア、イランなどが大きな顔をしだすだろうし、「北」がここぞとばかり「レッドライン」を超える実験をする可能性が大、だ。直感的にヘッジファンドの「円買い、日本株売り」戦略がとられると予想する。まあ日経平均は上がるわけがない。そのあと円売り、だろうが。

 

 

 石田三成が旗印に使っていた「大一大万大吉」の意味は「万民が一人のため、一人が万民のために尽くせば太平の世が訪れる」というココロだ。政治家は万民のために尽くせば世は安泰なのだがー。

2017年7月22日 (土)

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」と安倍政権の今後(第868回)


「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」と安倍政権の今後(第868回)2017・7・22

 創業者といえばすぐ井深=盛田とか本田宗一郎の尊敬できる偉人たちを想いだす。ところが世界最強のマクドナルドの「ファウンダー」は実は著名なレイ・クロックではなく、実はマックとディックという兄弟だった。レイはそのノウハウを盗んで、全世界にフランチャイズ化し、当初の契約は骨抜きにし売り上げの1%を払うという約束も守らなかった。

 

なるほどこの内容じゃあマクドナルド社が協力しなかったわけだ。しかし映画の出来は実に面白い。私は試写会で観たが(コッソリ言うが)マックの店に余りゆく気がしなくなった。

 

うだつの上がらなかった52歳のセールスマンのレイは異常な大口のミキサーを注文した発注元に会いに行く。カリフォルニア州サンバーディーノのレストランで、オーナーのマクドナルド兄弟の経営するハンバーガー専門店の超繁盛ぶりを目に見張る。

 

メニューは単一、皿も不要、ケチャップは4か所、ピクルスは2枚、調理場は動きにムダがないよう設計、食べるところは店外のベンチで袋と紙で包んでサービス。

 

まったく無駄のない経営ぶりをお人よしの兄弟は何から何までレイに話してしまう。

 

 全米にフランチャイズ展開して、もっと儲けたらーとレイは提案。はじめは渋っていた兄弟は説得に負けて最後にOK。怒涛の勢いで店は拡大。然し契約に縛られて収益が思ったように上がらない。品質を落とそうとしたり、ついには店舗用の土地買収会社を設立したり、レイと兄弟との対立はどんどん深まってゆく。つれてレイは次第に怪物化してゆく。

 

この号が皆さんのお目にかかる24,25日は安倍首相の国会招致で大騒ぎしていることだろう。そして次の組閣も閣僚の失言や、選挙法違反などの不祥事が相次いで、政権の体力を消耗してゆくー。

「ちょっと待って、今の言葉 Play Back Play Back」

 山口百恵ちゃんの「プレイ バック Part2」の歌詞だ。

 

今から10年前、第一次阿部内閣は既得権益の受益者側からの猛反撃を食らっていた。

たとえば「消えた年金」。社会保険庁(現日本年金機構)の民営化に危機感を持った公務員労組が自らの不祥事をリークした自爆テロだったらしい。また農業にも手を付けようとした農相は一人自殺、もう一人は公職選挙法違反で辞職。ウラにお役人の動きがあったことも明白だ。

 その結果「自民のオゴリにお灸を据えよう」という自民批判票が野党に流れて、あのハトヤマ、カンの日本の最悪の時代に入ってしまう。

 

今回はどうか。前川前文科省事務次官が「行政がゆがめられた」と告発したのが始まりだが、これも既得権益を守りたい官僚の抵抗だろう。内部文書をマスコミ(特に朝日、毎日系)にリークして、許認可権を守ろうとした。(これは昨年11月のトランプタワーでのやり取りで、NYタイムスと朝日に対し“勝利者”と安倍首相が発言したのが、カチンと来た、これは前にこのブログで書いた)。

 

ここで安倍首相が頑張らないと、レイ・クロックに振り回されたマクドナルド兄弟のようになってしまう。前回で痛い思いをした首相は、柳の下にドジョウは2匹いないことをはっきりと示してほしい。また新聞の「支持率急落、危険水域に」との見出しもこのブログの読者は信じないでいただきたい。

 

一方、アメリカの方も同じ。ABCテレビとワシントンポスト紙の調査では支持率は4月比6%下降し36%で、不支持率は5%上昇の58%。

 では三大ネットワークと大手新聞社の調査はどの程度信用されているのか。ある大手調査会社の「誰がより信用できるか」(6月25日)によると、議会、メディア、トランプ政権の三つのうちトランプ37%、メディア30%、議会29%でメディアを信用していない。

 

一方ギャラップの「どのメディアを信用していますか」に対しては三大ネットワークはランキング15位以下。つまりトランプの方も安倍さんと同じく政権に批判的なメディアが窮状を伝えているもので、余り、どころかほとんど信用できない。

 

 トランプの方は、ペンス副大統領が少しおかしな動きをしているので、(これは別の機会を見つけて)、アレレという事態が全くないとは言えない。しかし安倍さんの方は、まだ国政選挙はだいぶ先なので、十分にリカバリーする時間はある。これ以上の支持率下落は(ないと思うが)あっても、無視。構造特区とコンセッションの二つのドリルで既得権益に穴をあけてゆけば勝機は十分にある。

 

 

 映画のセリフから。レイは言う。「きれいごとだけでは、夢は絶対に叶わない!」「一番大切なのは、“持続”です!」長期政権でなければできないことがヤマのようにある。頑張れ安倍さん!

2017年7月17日 (月)

名作「NINAGAWAマクベス」と安倍政権の今後(第867回)

名作「NINAGAWAマクベス」と安倍政権の今後(第867回)2017・7・17

 1935年、わたくしと同年生まれの名演出家蜷川幸雄さんが亡くなって一周忌の追悼公演が、彩の国さいたま芸術劇場で。楽しく観た。8月には佐賀の鳥栖、本場の英国では10月にロンドンとプリマス、次がシンガポールで追悼だそうだ。私はそんな公演が世界的に行われたのを聞いたことがない。仏壇を使った舞台、バーナムの森の美しい桜、日本人の誇りだ。

 

 私は1980年の日生劇場での初演、87年の帝劇、2015年のシアターコクーンと3回観た。マクベスは平幹二朗、津嘉山正種で今回は市村正親。マクベス夫人はずっと栗原小巻だったが今回は田中裕子、演出はすこしづつ変わっているし、役者の味も違う。私には初演の時のショックが忘れられないが。

 もうすぐ82歳になる私にはマクベスが言う「思えば長いこと生きてきたものだ。おれの人生は黄ばんだ葉となって風に散るのを待っている。」は心にしみる。繰り返し登場する魔女のセリフ「言いは悪いで悪いはいい」も。

 

 今朝日、毎日が懸命になって安倍政権を叩いている。首相は内閣改造で支持率を回復していくつもりらしいが、どんな組閣をしても、少なくともこの二紙と系列TV局はやれ新味がないとかお友達内閣とか、批判をつづけるだろう。印象操作、だ。新大臣のアラ探しもあるだろう。

 

 いい例が加計学園。10日の閉会中審査で朝日、毎日は前愛媛県知事の「ゆがめられた行政が正された。岩盤規制にドリルで穴をあけていただいた」という発言をまったく報じず「疑念消えず」という見出しで印象操作が明確になった。これでは文科省が獣医学部誘致を阻止してきたことが読者には知らされない。

 

 国家戦略特区は規制改革について総理主導を制度化した仕組み。改革手法のイノベーションだった。

 

総理の利害関係があったのかどうかを「疑惑」とすること自体が「いいことを悪く」操作している。

 

 あるエコノミストは「安倍さんがどう強弁しようと優越的地位を利用した特定の利害関係者への便宜供与」とレターで述べた。この方には国家戦略特区に関する法案に目を通すことをお勧めしたい。不勉強だ。同じような人はいくらでもいる。

 

 たとえば共謀罪。パレルモ条約にようやく188番目の締結国になったが、2016年6月に成立した国際的送金システム(FATF)から追放される危険性があった。これも朝日、毎日をはじめ共謀罪反対を声高に主張していたが、その背後にいたある勢力があったことを指摘する報道はついになかった。

 

 幸い、近い将来国政選挙に予定されていないし、自民党内に安倍首相に代わる人材は見当たらない。小池新党という向きもあるが、小池百合子さんは2020東京五輪まで都知事をやる気だと確信する。そんなに無責任な人じゃない。安倍さんは結局、支持率を回復するだろう。

 

 材料は?北朝鮮が相変わらずICBMの実験を続け、中国が南沙諸島や尖閣に脅威を与える。韓国は文在寅大統領が親北政策を露骨にし、反日、反米を行動として示す。強力なリーダーシップが必要になる。

 

 私がある情報通から聞いたのだが、ある大企業の社長が「あと2か月でトランプは退陣、ペンス副大統領に地位を譲る」といっているとか。憲法修正第25条4項を利用するのだろうが、そんなに早いのかどうか。確かにトランプ・ジュニアが「I LOVE IT」とやったのはマズいが、なかなか辞任しないのではないか。

 

 私はトランプ大統領がすでにマティス国防長官に「完全な承認権」を与えているので、北朝鮮への先制攻撃を選択する公算の方がずっと大きいと考える。あのニクソンは政権末期とは外交はキッシンジャー国務長官に任せていた。

 

 トランプ支持率は低下しているものの水準は意外に高い。各月末で見ると1月51、2月50、3月43,4月47,5月43,6月46各%で7月は14日現在43%(ラスムッセン調べ)。何が起こってもトランプ支持層は「あれはマスコミのフェイクだ」と思っているのだろう。

 

 それでも、と私は思う。いくら正しい政治をやっているとご本人は確信していても、反対勢力が捻じ曲げることがある。シェイクスピアはマクベスの三人の魔女に「Fair is foul、andfoul is fair」。そのまま読めば「フェアはファウルでファウルはフェア」まあ野球の審判なら困ってしまうが。ふつう「きれは汚い、汚いはきれい」と訳される。人間のフェアは魔女の世界ではファウル。意図して印象操作するマスコミには注意しなくちゃ。

 

 マクベスの名セリフ。「明日、また明日、また明日と、時は小刻みな足取りで一日一日を歩み、ついには歴史の最後の一瞬に辿り着く。消えろ、消えろ、つかの間の燈火。人生は歩き回る影法師、哀れな役者だ!舞台の上では見得を切っても出番が終われば消えてしまう」。私はこの年になってマーケットという捕捉しがたい現実を把握しようと努めてきたことを誇りに思う。あとは最後のカーテンが閉まるのを待つだけだ。しかし、そう簡単に終わりにはしませんよ。安倍首相、へこたれないでくださいね。

 

 

蜷川幸雄さんは日ごろ「勝つには判定じゃあだめ。ノックアウトしなくちゃあ」といっていたとか。そのファイトを持ち続けたい。

2017年7月 9日 (日)

映画「ハクソー・リッジ」と政局と北のICBM(第868回)

映画「ハクソー・リッジ」と政局と北のICBM(第868回)2017・7・9

「ハクソー・リッジ」はノコギリ崖、の意味。沖縄の激戦地で一人の米衛生兵が75人もの兵士の命を救った実話をもとに、メル・ギブソン監督が戦争映画の傑作にした。ただいま大ヒット中。

 バージニア州の若者デズモンド・ドスは敬虔なキリスト教信者。父は、第一次大戦の帰還兵で酒に溺れ家族を殴る。そのとき父に銃を向けてしまった主人公は、二度と銃を手にしないと神に誓う。

第二次世界大戦がはじまり、主人公は良心的兵役拒否の資格があったが、あえて志願した。射撃訓練なしの特例が許され、衛生兵で戦線に加わる。

日本名で前田高地という150メートルの絶壁の上に、陣地が構えられている。米軍は6回も攻撃したがその都度撃退された。主人公の所属する連隊はまた退却し、負傷兵は崖の上に取り残される。主人公は戦場を駆け巡って応急措置をし「オレが家に帰してやるぞ」と元気づけ、ロープに括り付けて下に吊りおろしてやる。神への祈りは「どうかあと一人、助けさせてください」。こうして75人の重傷者を救う。その中には主人公を臆病者とさげすみ、いじめていた上官も入っていた。日本兵も救われたうちに。

 都議選での自民党の惨敗を受けて、メディアのストーリーが出来上がっている。

 まず敗北の理由は「THIS」(豊田、羽生田、稲田、下村)だが、基本的に「安倍政権の傲慢、不誠実」。次に今後だが「首相の求心力が低下し、憲法改正のメドは立たず、都民ファーストの国政参入もあって、政局の流動化」を予想する。「ハクソー・リッジ」で主人公の兵役拒否を、臆病、とののしった上官に似ている。

これは認識不足ではあるまいか。都議選前ではあるが、NHKの政治意識月例調査では安倍内閣支持率は4月52%→5月51%、6月48%。自民党支持は38・1%→37・5%→36・4%。7月が出てみなければ分からないが民進党は6・7%→7・3%→7・9%。前述の予測ストーリーは地方選と国政とゴッチャにしているとしか考えられない。8月の内閣改造後に支持率が下降を続ければ別だが、それまでに北朝鮮クライシスの展開があることはだれの目にも明らか。(7月1,2日調べのTBS調査はあるが、この系統は前から偏見があるので、あえて無視します。)

加計問題にしても民進党岡山出身議員が獣医学部設置を認めよ、と国会で質問していたのは知る人ぞ知る事実。逆ねじを加えられるだろう。

 

株価の方は7月6日に2万円の大台を割り込み、7日も大幅続落。これはやはり7月4日に行われた「北」のICBM発射で「レッドライン」を超えたという認識だろう。G20や4月の米中首脳会談での「100日」ウエィテングの満期待ちで、トランプ政権は今のところ手が出せない。34月のころはカール・ビンソン一隻だった空母を今秋には三隻に増やしたら、本物と見たらいい。ヘッジファンドは日本の地政学リスクへ懸念を示し始めている。だからこそ、2万円大台割れ後、外国人売りが先物中心に継続している。

 

ただ、いつも述べている通り、私は慎重な楽観論者だ。円レートがどう見ても円安の方向だから、トランプ口撃がなければ(ないとは思うが)1ドル120円は相当な確率でありうる。株高だ。

近い将来、NY市場安につれて日経平均も大幅安があるだろうが、相対的にNYダウより日経平均の差が幅の方が小幅、立ち直りも早いだろう。ま、それまで①バイオ②AI③ロボットなどの小型成長株のご勉強を。防衛関連もジワジワ高い。

 

 

映画のセリフから。主人公デズモンド(アンドリュウ・ガーフィールド)は恋人ドロシーに「銃に触れないのはプライドに邪魔されているのでは」と聞かれて「信念を曲げたら生きていけない」。ドロシーは「何があろうとあなたを愛し続けるわ」と励ます。私の、日本が再び活気を取り戻す、という信念は、絶対に曲げない。

2017年7月 2日 (日)

映画「ジーサンズ 初めての強盗」と都議選とHFの作戦

映画「ジーサンズ 初めての強盗」と都議選とHFの作戦(第865回)2017・7・2

 原題は「GOING IN STYLE」でカッコよく颯爽と物事を進めようという意味だろう。邦題の「ジーサンズ」は少しひどい。しかし主役の三人、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンすべて80代だ。仕方ないか。

年金を会社が都合で打ち切られた三人の老人が「せめて好きな時にパイを食べたい」「孫に会いにゆきたい」というささやかな希望を踏みにじられ、住宅ローンが支払えなくて家を追い出されかける。

「最悪、捕まったにしてもムショは一日三食付。ここより良い医療だ」と開き直って銀行強盗を計画する。“予行練習”のスーパー万引きのおかしさ。強盗の後のFBI捜査官とのやり取り。それに三人の主人公のうちアラン・アーキンがメチャもてもて(相手役は七十六歳のアン=マーグレット!)でその結婚式で終わるハッピーエンド。クライム・サスペンスには違いないが面白いエンタティメントだ。

 この原稿を書いている7月2日現在、都議選は終わっていない。小池百合子さんの人気で新党プラス公明党が勝利しそうだ。マスコミ特に朝日と毎日が無理仕掛でスキャンダル扱いにした加計は別にしても①豊田真由子議員の暴言②稲田防衛相の失言③週刊文春の下村都連会長への(恐らくムリ仕掛けの)献金などなど。自民党に逆風が吹いていることは間違いない

 私のところへヘッジファンドから「安倍内閣の長期安定政権をオマエは主張してきたが、大丈夫か?」と質問が来ている。

そのココロは、米国株は①割高②過度のITハイテク株への依存、欧州株は①テイパリング開始②欧銀破綻不安、がある。今週都議選の自民敗北で株価を先物売りで下げさせ、その後に日本株買いでもうけるというストーリー。ヘッジファンド得意中の得意ワザだ。もちろん、とりあえず円高に持って行き、政治と共に「北」攻撃の地政学リスクを大いに騒ぐー。

 私は「支持率を見てごらん。野党は最大の民進党でもひとケタ。みんなハトヤマとかカンの時代のひどさを覚えている。政権交代は政権改悪でもあり、何も決まらない政治だった。

だからNHKの世論調査(6月24日)で、都民ファースト48、自民39、公明23、共産9、民進3。それでもまあ来週はショック安、だろうなあ。

私が聞いた話では8月上旬の内閣改造説が今主流だが、7月中旬にこれを切り上げて首相の戦闘体制を強調する、とか。ヒトの噂も75日。いくらマスコミがこだわっても人は忘れる。「次」がある。例えば韓国と「北」だ。

 6月29,30日文在寅大統領は訪米した。トランプ大統領が4秒握手したとか自分の寝室を見せたとか。韓国マスコミは合意を強調しているが、対日本でも言っていることと行動は違う男だからどうなるやら。ティラーソン国務長官訪韓の時には夕食会も開かれなかった。

それよりも、この何か月で続々と欧米の銀行、資産運用会社が韓国から逃げ出しているのをご存じだろうか。

 6月には米ゴールドマン・サックス、スペインのビルバオ・ビスカヤ、英ロイヤル・バンク・オブスコットランドが撤退した。昨年スペイン最大の銀行サンタンデール、香港HSBC、ゴールドマン資産運用部門、米フィディティ、スイスUBS、英バークレイズー、きりがない。

 

ゴールドマンといえば2009年9月に「韓国と北朝鮮が経済面で統合すれば、40年後に一人当たりGDPはドイツ、日本を抜き世界第2位になる」というレポートを出した銀行だ。

当時のオバマ政権は露骨に日本叩き、韓国支持。G20入りとソウルでの2010年G20会議を押し込み、国連事務総長にも韓国人を選んだ。ヒラリー・クリントン国務長官が推進役だ。米国の「日本叩き」につけこんで、李明博大統領が竹島上陸や陛下への不敬発言など対日強硬策に転じたのは記憶に新しい。

文在寅大統領が親北、親中国、反日、反米なことはこのブログで何回も述べた。何しろ日本統治時代に得た土地などの資産は国有化するとか、釜山の少女像建立を推進した男だし、官房長官に当たる秘書室長として慮泰愚政権当時、親北政策を行った当事者だ。THAAS配備の延期を、就任早々決めている。

外国投資家が韓国から逃げ出しているのは、もちろん米軍2万8500の撤退を読んでいるのだろう。日本としては対馬海峡まで「北」又は中国の勢力が及んでくるのは何ともイヤなことに違いない。防衛予算がGDP1%でいいのか。もりとか、かけとか、、ソバやさんにうつつをぬかしている場合か。

 

 映画のセリフから。モーガン・フリーマンが幕切れにマイケル・ケインに言う。「オレは今後20年生きることにする」「そんなに長生きして大丈夫か?」「まあ10年ということに」。アメリカでも長寿リスクはあるんだな。


« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »