今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

アドセンス

  • 広告

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月27日 (日)

私が待っていた二つの日経記事ーーこれは実は大材料です。 (第873回)

Photo_2

 

私が待っていた二つの日経記事――これは実は大材料です。第873回(2017.8.27)

 実は本日、私は82歳になりました。幸い元気で自前の歯は27本、週に3回は近くのプールにいって運動しています。やはりマーケットという捕捉しがたい怪物に日々取り組んでいますから

「流水不濁、忙人不老」なのかも知れません。

 

 今回はいつもの書き方と違います。近着の映画を紹介し、そこから経済、市場に入り、シメは「映画のセリフから」。しかし実は妻が体調を壊してせっかくの試写会の招待状をずい分ムダにしました。妻がお医者さんに会うのに同行しなくてはならないし、私の顧問契約先には顔を出し、情報は人に会って取らなくてはならないし―。(ただ、妻はその後おかげさまで元気になりました。念のため)

 

 なによりも私がこの秋、来年に来る激震の前兆としての震があると予想していることが、この夏、書きにくくなっている最大の理由です。

 

 そこに8月17日、日経が元日銀審議委員の中原伸之さんの「金融政策・財政出動の融合を」というインタビュー記事を出しました。かいつまんで述べると―。

 「現在の4~6月期4・0%(年率)は長続きしない。景気循環のピークだ。

 「大局的にはグローバリゼィションの最終局面。この先、バブル崩壊などの非常事態が起きた場合、いまの金融政策の枠組みでは対処できない。日銀の国債保有残高は約500兆円、飽和点に達しつつある。

 ――日銀は何をすべきか。(ここからが重要です)。

 「来年、総裁が変わるタイミングで政府と新たなアコード(政策協定)を結ぶのがよい。財政出動と金融政策の融合が必要だ。日銀保有国債の一部、例えば50兆円を無利子の永久国債に転換すべきだ。

 「償還の必要がなくなる分、政府が新たな建設国債を発行する余地ができる。政府が防災対策などに10年間で100兆円のインフラ投資をする。そのために期間60年の建設国債を発行して、日銀が市中で購入すればよい。

 

 これです!

 

 日本はバブル崩壊とデフレ、少子化老齢化の先進国です。しかし、プライマリーバランス目標という菅直人政権時に決められた「毒矢」(藤井聡内閣官房参与)で、予算の緊縮化が続いて物価目標2%と成長がなかなか、ままならない。これを打破するには、何か新しい政策がなければ、と思うのは私だけではないと思います。

 

 日経は7月20日に「上がらぬ物価、日銀どう動く リフレ派三氏に聞く」の中で第一生命経済研究所永浜利広首席エコノミストの「日銀保有国債の永久債化も選択肢」という見解を紹介しています。要旨は中原さんと同じですが、「日銀と政府の新しいアコードを結ぶ」となんと政策協定の必要性まで同じ言葉で論じています。この二つの日経記事は、実は昨年までの「永久債否定」のトーンから百八十度転換しているものです。

 

 実は永久債を望む提言は昨年までは、産経新聞田村秀男特別記者、バーナンキ前FRB議長、シムズ教授、ナディア・ターナー前英国金融庁長官、それにジョージ・ソロス氏ぐらい。財務省お声がかりのエコノミストたちは全員反対でした。

 

 私はその中で前衆議院議員・東京大学大学院客員教授の松田学さん独自の「財政再建を一挙に達成しつつ、10年間に100兆円の新規財政出動」というアィデアに注目しました。

 

 松田さんは「赤字国債発行残高558兆円のうち300兆円を10年かけて消し去る。具体的には日銀保有国債が満期を迎える都度、永久国債に乗り換えてゆく」として―

 2017年度44兆円、2018年度45兆円、2019年度33兆円…と計算。毎年度10兆円の財政支出増と30~40兆円の国債発行残高純減が同時達成可能。ただしこれは10年間に限る。と提案しています。

 

 松田さんは日銀当座預金の準備率を変えたり、普通預金の性格の見直し、日銀当座預金への附利などなど。いろんな提案を行っています。また消費税を引き上げたい財務省対策には、社会保障及び教育のための「無期限バウチャー」を国民配布し景気の落ち込みを防ぐ一方、消費税増加で介護などの老齢化対策費とする一石二鳥のアイデアも。

 

 私は景気対策のためだけでなく①防衛②教育③インフラ老朽化対策のためにも財投は必要と考えます。安倍首相はこのプランを含めて、新しい財源としての永久債を本気で検討してほしい。それが日本のためです。なお、今週は田原総一朗さんが安倍首相に「政治生命を賭けて冒険をしてみないか」と勧めた政治的アクションの期限の8月末日が来ます。キーワードは北朝鮮、ミサイル、中国,さらに核兵器問題です。今週はスマホでニュースをよく見ておかれることをお勧めします。外国人投資家とくにヘッジファンドは大いに注目している材料です。

2017年8月20日 (日)

映画「ベイビードライバー」と私が恐れるある材料(第872回)

映画「ベイビードライバー」と私が恐れるある材料(第872回)2017820

 こんな映画は始めてだ。カーチェイス映画でしかもミュージカル。音楽に合わせて役者もクルマも動く。銃撃戦がノリのいいラテンの名曲「テキーラ」に合わせていたのには笑った。ギヤチャンジ、ヘアピンターン、排気音からワイパーの動きまで、主人公が聞く30曲と一体化している。

 主人公ベィビーの名は仕事の名前で、抜群のテクニックを持つ若い天才ドライバー。幼いころの交通事故の後遺症で耳鳴りがやまず、ipodで音楽を聴きながらゲッタウエイドライバー、つまり強盗団を逃がす運転手として大物犯罪者にやとわれている。借金を返済するために仕方なく仕事をしていたが、ようやく完済。しかし大物は「あと1回」。付き合っている美人をいわば人質として強制される。そこで最後のドライブが始まる。

 ともかく音楽がいい。ディブ・ブルーベックのジャズからサイモン&ガーファンクルやローリング・ストーンズも出てくる。米国の映画評で「これはカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』だ」というのも当然だろう。主人公にとっては音楽は怖い外界からの逃避だ。日本人として嬉しいのはスバルWRXや三菱ギャランが選ばれていること。

 この2,3週。私はイヤーな記憶の再現に悩まされている。証券会社に聞いても顧客の守秘義務で分からないが、どうもオイルマネーが日本株の売りを始めたのではないか、と思える動きが見えている。まだ萌芽だが。

 2016年、3月と8月、9月、10月と主としてサウジとUAEの国営ファンドから世界主要市場に最大で月間9兆円、少ないときで4兆円の売りが出た。10月はイスラム暦の年度末で、財政赤字の補填のためだった。市場全体では大きな影響はNYも日本もあったといえないが、日本の場合「シャリア150」の主要組み入れ銘柄が急落するから、分かりやすい。

 シャリアとはイスラム教に基づいた法体系のこと。酒類、利子の発生する銀行・証券など金融、ホテル、豚肉を扱う食品、タバコ、それに女性の水着姿を放映するメディアは除かれる。組み入れの比重が高いのはファナック(6954)ヤクルト本社(2267)味の素(3802)。サウジだけで80兆円、半分売る可能性がある。

 ファナックは7月28日の2万3670円が8月14日は2万1300円。ヤクルト本社は7月28日の8080円が8月14日7450、そして味の素は6月21日2543円から8月18日2200円。この間日経平均は6%程度の下げ。

 前述したイスラム暦の年度末にかけて今の原油価格では、サウジの大赤字は確実だ。アラムコのIPOに賭けているのだろうが、米ゴールドマンサックスが幹事から降りたのは何んとも不安だ。ロンドンと香港、東京(恐らく)で20兆ものIPOが出来るかどうか。となると昨年並みの売りがありうる。

 ちなみにIMFそのほかの調査では、国家予算の収支均衡のため必要なバレル当たり原油価格は次の通り。

 サウジアラビア106、ロシア90、UAE73、イラン72、カタール56、クウェート49ドル。現在の油価はWITでバレル47ドル。

 一方米国のシェールガス生産者コストはいまや40ドル以下。

7月にサウジのファリハ鉱物資源相は大手ヘッジファンドの担当者と非公式に会い、原油収入の安定化のため「売りヘッジ」を行う可能性について意見交換したと伝えられている。

 できるだけ原油を高く売りたい。しかし市場の前途はなかなか上昇の図は描けない。サウジアラムコのIPOを控えてサウジ政府の苦悩が垣間見える。

 しかも、この10年間の原油需要を支えてきた中国経済が、ジョージ・ソロス氏が予言している通り、いよいよハードランディングが近い。

 中国国内では「秋の党大会後、不動産バブルが崩壊する」との見方が多い。再選で予定されている習近平主席の経済ブレーンが肉を斬らせて骨を切る」ハードランディング派で固められ、李克強首相に責任を押し付けて、習近平体制をますます盤石化する作戦。7月中旬の第5回全国金融工作会議では李首相が招集せず習主席が招集。しかも地方の軍事委員会のトップ、武装治安警察の長、最高裁長官,検事総長にあたる人物を呼んだ。

 党大会後に大ナタが振るわれること確実。

 中国の住宅金融の不良資産が488兆円と日本のGDP並みという分析もある。大騒ぎになるだろう。(ついでに言っておくが習近平は「北」を抑え込むどころじゃない。党大会でナンバー2,3,4,5,7位の人間を追い出さなければならないからだ)

 映画のラスト。ベイビーは警察に追われ、黒人の老女の車を奪う。その時ハンドバッグを忘れたのをわざわざ返してやる。これが捕まって裁判になった時、情状を酌んでの人情判決につながる。老女の証言の「この人は絶対に自分から悪いことしていません。悪い人たちがやらせたんです」世界の情勢が恐慌化しかけている時代。私は日本ひとり勝ちを主張しているが、その主張が実現しそうな発言が、意外な人から今週、発表された。どんな?だって、来週をお楽しみに。

 

 ついでに。9月10日の私の講演会です。

場所は芝パークホテル。

第一部 私 第二部 大井幸子さん 第三部 大谷長靖さん

私は70分、1時からお話しします。その後質疑応答。定員200人ですがもう早くも多くの方が申し込んでくださいました。深謝、8月末まで。早期申し込みは3万9800円と1万円通常価格から差し引きます。

 セミナー全体での本題は「緊急未来予測!大暴落Xデー宣告」少しオーバーですが、私はほかでも「2017秋に迫った株価大幅下落」という題で講演をお受けしています。

2017年8月13日 (日)

映画「冒険者たち」と安倍政権の今後(第871回)

映画「冒険者たち」と安倍政権の今後(第870回)2017・8・13

 5月に引退を発表したアラン・ドロンの出演作をBSでずっとやっている。彼と私は1935年生まれの同い年。だからどうってことないが、オーデコロンは彼がデザインしたSAMURAIを使っているし、今回は「太陽がいっぱい」に並ぶ代表作を。

 この「冒険者たち」は先週の「突然炎のごとく」や「明日に向かって撃て!」と同じく男二人と女一人の物語。リノ・ヴァンチュラとアラン・ドロン、ジョアンナ・シムカスの三人がいい。

実にいい。

 元カーレーサーで現在新型エンジンの開発中の中年男と若い飛行機乗り、これに前衛彫刻家の卵の娘。それぞれに夢がかなわず、小耳にはさんだ今後で富豪と一緒に沈んだ金貨とダイヤを探しに旅立つ。

 フランソワ・ド・ルーベの口笛を中心とした音楽の楽しさ。宝探しが成功したが、ギャングに襲われ、娘レテイシアは死に、海の中に葬るシーンの映像美。私は映画の半分はひげ面のアラン・ドロンが誠にかっこよく、3人で船上で海水のカケっこして遊ぶシーンの楽しさも忘れられない。

 

 2015年の安保関連法案の時、安倍内閣の支持率は38%に下がった。しかしあの折に議論が足りないとか時期尚早とか言っていたマスコミは自分たちの不明を恥じたらいい。いまの日本存立の危機にあの法律がなかったらと、考えるだけでも寒気がする。その後支持率は60%近くに回復した。

 

 今回、7月に毎日新聞調べで26%に下落した安倍内閣支持率は、8月に内閣改造を受けて同紙35%、支持率の高い共同通信では7月の35・8%が8月44・4%に上昇した。

 

 問題は「経済最優先」をうたう経済政策の中身だ。経済再生大臣の茂木敏充大臣に策を命じたとか。大臣が事務方に試案の提示を迫ったといったとかの報を聞かない。恐らく国民に受けるサプライズが通常国会前にあるのだろう。これで支持率50%台に乗せ、再び安倍一興を目指す意図に違いない。それは何かって?私が知っているわけないでしょ。

 

 株価の方は、ヘッジファンドの円買い日本株売りのいつもの手法で、かねてからの予想した通りリスクオフ相場に転じた。8月下旬までは夏休みだろう。

 

 忘れていた。7月に中国で容易でない異例の会議があった。第5回金融工作会議で、従来は李克強首相が招集したが今回は習近平主席。そこに日本でいうと最高裁長官、最高検察庁長官、地方軍事委員会委員長、武装治安警察長官が集められている。どう見ても現在の中国の金融状況の深刻さを物語っている。現在の中国は表面で観る以上に緊迫した緊張状態にある。だからトランプ大統領が「北」への仲介を迫っても、出来るわけがない。

 

 映画のセリフから。最後にギャングの弾丸を受けて瀕死のアラン・ドロンにリノ・ヴェンチュラが慰めようと思って「レティシアは実はオマエと暮らしたいと言っていたんだぞ」と。これに対しアラン・ドロンは「この大ウソつきめ」とニヤリと笑って死ぬ。実は娘を口説いて振られていた。

 おまけです。トランプ大統領は「北朝鮮が浅はかな行動をとるなら、米国は軍事解決の準備は十分に整っている」とし「Locked and loaded」と述べた。これは1949年の映画「硫黄島の砂」でジョン・ウエインが言ったセリフ。トランプさん、戦争もの映画がお好きらしい。

最後に。私の講演会を9月10日(日)芝パークホテルで開催します。予定に入れておいてください。

  

2017年8月 4日 (金)

映画「突然炎のごとく」と内閣改造と今後の政局(第870回)

映画「突然炎のごとく」と内閣改造と今後の政局(第870回)2017・8・6

 7月31日89歳で亡くなったジャンヌ・モローさんを偲んで、フランソワ・トリュフォ監督の1962年の名作をDVDで観た。

 オーストリアの青年ジユールはモンパルナスでフランス人のジムと知り合い、文学という共通の趣味を通じて無二の親友になる。二人はカトリーヌという女性と知り合い、同時に恋に落ちてしまう。「美人でも聡明でも誠実でもないが、すべての男が欲しがる真の女だ」とジュールはカトリーヌに求婚、パリのアパートで同棲を始める。ジムは作家に。

 やがて第一次世界大戦。ともに祖国の軍人として戦い終戦で帰国。ジュールとカトリーヌは自分たちの住むライン川の上流の山小屋にジムを招待する。夫婦の間には6歳の娘がいたが、二人の間は冷え切っていた。ジュールは「もう駄目だ。手に負えない。でも彼女を失いたくない。君がカトリーヌと結婚して、僕にも会わせてくれないか」。こうして三人の奇妙な共同生活が始まる。

 この三角関係はカトリーヌがほかの愛人を作って崩れてしまう。そして数か月後映画館で再開した三人に、全く意外な結末が―。

 見直してみるとジャンヌ・モローはメチャ魅力的だ。その後、名監督がこぞって彼女を主役に起用したのもうなずける。

 いまの日本の大新聞は、安倍政権をめぐって引きずり落そうとする改憲反対派と、いまカケだのモリだのと言っている場合ではない。前川氏自身が岩盤規制を守りたくて反乱を起こした、とする良識派とに二分されている。いうまでもなく前者は朝日、毎日とその系統テレビで、後者は読売、産経だ。この二派が政権の今後と絡めて三角関係にある。

 いまのところ、改憲反対派のクーデターは稲田防衛相のクビをとって一部成功し、手遅れになるまで引っ張った首相の評価にも打撃を与えた。

 支持率もテレ朝ニュースステーション調べでは内閣支持率は5月46%が6月38%。7月には29%まで下がり、危険水域と評価されている。

 ただ内閣支持率と政党支持率を合わせた「青木レシオ」は65%で、50%の危険ラインより、まだだいぶ上にある。この青木レシオは参院のドンだった青木幹雄さんの創案した数字で総選挙時の予測には必ず的中してきた。まだ、このレベルならば、大丈夫。

 ただ、今回の防衛省の文書リークにみられるように、官僚の一部が安倍おろしに加担している気配がある。

 先日お会いした堺屋太一さんは昔のある実例を挙げて「当時の大蔵省の課長が、いち総理ごときが、つて言ったんですよ」と。官僚のプライドと既得権益を守る意欲の強さを言っておられた。

 今回の内閣改造だけでは、安倍首相の狙う支持率回復には至るまい。改憲反対マスコミは必ず新大臣から問題発言をほじくりだし、地方事務所のアラを見つけて政権の弱体化を狙う。安倍昭恵夫人も当然狙われており、何か「第2のアッキード事件」が蒸し返される危険がある。

 要するに首相が嫌気を起こして政権を放り出すように仕向ける作戦だ。当然世論調査でも質問のやり方次第だから、現実より下の数字が公表されるかも。何でもおあり、だろう。

 じゃあ安倍首相が本気で長期政権を狙うのか、それとも守旧派、改憲反対派の力に屈して政権を放り出してしまうのか。これを一番注目しているのが外国人投資家特にヘッジファンドだ。毎月の支持率に一番目を光らせているのは、実は彼らである。長期安定政権を好感して買っていた日本株の運用担当者がクビにならなければいいが。

 

 映画の中で、ジャンヌ・モローが自分のために作曲してもらった「つむじ風」という歌を口ずさむ。「ひとりひとりが、人生のつむじ風の中で散り散りになってゆく」。クーデターはうまくいったが日本という国が散り散りバラバラになってしまったら、と改憲反対派は考えないのだろうか。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »