今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「突然炎のごとく」と内閣改造と今後の政局(第870回) | トップページ | 映画「ベイビードライバー」と私が恐れるある材料(第872回) »

2017年8月13日 (日)

映画「冒険者たち」と安倍政権の今後(第871回)

映画「冒険者たち」と安倍政権の今後(第870回)2017・8・13

 5月に引退を発表したアラン・ドロンの出演作をBSでずっとやっている。彼と私は1935年生まれの同い年。だからどうってことないが、オーデコロンは彼がデザインしたSAMURAIを使っているし、今回は「太陽がいっぱい」に並ぶ代表作を。

 この「冒険者たち」は先週の「突然炎のごとく」や「明日に向かって撃て!」と同じく男二人と女一人の物語。リノ・ヴァンチュラとアラン・ドロン、ジョアンナ・シムカスの三人がいい。

実にいい。

 元カーレーサーで現在新型エンジンの開発中の中年男と若い飛行機乗り、これに前衛彫刻家の卵の娘。それぞれに夢がかなわず、小耳にはさんだ今後で富豪と一緒に沈んだ金貨とダイヤを探しに旅立つ。

 フランソワ・ド・ルーベの口笛を中心とした音楽の楽しさ。宝探しが成功したが、ギャングに襲われ、娘レテイシアは死に、海の中に葬るシーンの映像美。私は映画の半分はひげ面のアラン・ドロンが誠にかっこよく、3人で船上で海水のカケっこして遊ぶシーンの楽しさも忘れられない。

 

 2015年の安保関連法案の時、安倍内閣の支持率は38%に下がった。しかしあの折に議論が足りないとか時期尚早とか言っていたマスコミは自分たちの不明を恥じたらいい。いまの日本存立の危機にあの法律がなかったらと、考えるだけでも寒気がする。その後支持率は60%近くに回復した。

 

 今回、7月に毎日新聞調べで26%に下落した安倍内閣支持率は、8月に内閣改造を受けて同紙35%、支持率の高い共同通信では7月の35・8%が8月44・4%に上昇した。

 

 問題は「経済最優先」をうたう経済政策の中身だ。経済再生大臣の茂木敏充大臣に策を命じたとか。大臣が事務方に試案の提示を迫ったといったとかの報を聞かない。恐らく国民に受けるサプライズが通常国会前にあるのだろう。これで支持率50%台に乗せ、再び安倍一興を目指す意図に違いない。それは何かって?私が知っているわけないでしょ。

 

 株価の方は、ヘッジファンドの円買い日本株売りのいつもの手法で、かねてからの予想した通りリスクオフ相場に転じた。8月下旬までは夏休みだろう。

 

 忘れていた。7月に中国で容易でない異例の会議があった。第5回金融工作会議で、従来は李克強首相が招集したが今回は習近平主席。そこに日本でいうと最高裁長官、最高検察庁長官、地方軍事委員会委員長、武装治安警察長官が集められている。どう見ても現在の中国の金融状況の深刻さを物語っている。現在の中国は表面で観る以上に緊迫した緊張状態にある。だからトランプ大統領が「北」への仲介を迫っても、出来るわけがない。

 

 映画のセリフから。最後にギャングの弾丸を受けて瀕死のアラン・ドロンにリノ・ヴェンチュラが慰めようと思って「レティシアは実はオマエと暮らしたいと言っていたんだぞ」と。これに対しアラン・ドロンは「この大ウソつきめ」とニヤリと笑って死ぬ。実は娘を口説いて振られていた。

 おまけです。トランプ大統領は「北朝鮮が浅はかな行動をとるなら、米国は軍事解決の準備は十分に整っている」とし「Locked and loaded」と述べた。これは1949年の映画「硫黄島の砂」でジョン・ウエインが言ったセリフ。トランプさん、戦争もの映画がお好きらしい。

最後に。私の講演会を9月10日(日)芝パークホテルで開催します。予定に入れておいてください。

  

« 映画「突然炎のごとく」と内閣改造と今後の政局(第870回) | トップページ | 映画「ベイビードライバー」と私が恐れるある材料(第872回) »